旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

旦那の収入が少ない!低収入で生活が苦しい!そんなときほどお互いに感謝の気持ちを忘れずにいて欲しい。

生活

f:id:nburin0529:20161223182729j:plain

旦那の収入が少なく生活が苦しい夫婦へ!そんな方はぜひ一読ください。特に旦那さん!妻のストレスは家事・育児を積極的にすることで取り除いてあげましょう!

お金がなくて旦那にイライラする!お金がないと気持ちに余裕が生まれないのでは?  

旦那さんのことが嫌いという一つの理由に、収入が少なく家計に余裕がないということは大きな一つの要因です。気持に余裕がないところに、旦那さんの生活に対する気遣いもなければ、そのネガティブな気持が次第に大きくなり、「旦那 嫌い」という感情に結びつくのでしょう。

 

「お金がなくてイライラする!毎日どうやって生活するんだー!」

f:id:nburin0529:20161022123440j:plain

もっと稼いでくれー!ってなりますよね。

そんな気持ちをもって当然です。収入が低い生活はやはり収入が多い生活より疲れが多くなる可能性が高いのです。

それはなぜなら「決断しなければいけないことを多くなるから」なんです。 

 決断することが増える

今の時代、旦那さんの稼ぎだけではで毎月の生活に余裕がないという家庭は結構多いのではないでしょうか。アベノミクス、アベノミクスと言われ、かれこれもう何年もの月日が経ちますが、株や不動産を持つ、元々お金を持っている人は潤ってるようですが、庶民の生活はまったく改善されていません。

結局、お金というものは、お金があるところにさらに集まり、元々お金がないところは何も変わらない、世の中はそのような仕組みでできているのです。

それにしても、どうして人間という生き物はお金がないと、イライラしてしまうのでしょうか?それはきっと、 お金がないことによって、 『考えること』『決断しなければいけないこと』 これが増えてしまうからだと思っています。考えること・決断することが増えてしまうことによって、脳が疲労してしまうんです。 そうです。皆さんもよくなる、 『もう何も考えたくない』 という状態です。 

『何も考えたくない』ということは、 判断能力が低下している状態ですので、物事を決めなければいけないとき、考えが堂々巡りになりがちです。 例えば、 決断がまだ簡単なはずの昼ごはんのメニューを決めるときでさえ、以下の通りになりませんか?

 「昼ごはんのメニュー考えるのめんどくさいな。外食にしよっか」

「いや。待て。今月はお金に余裕がない。外食ばっかだめだね」

「でもいいメニューが思い浮かばない・・・」

やっぱ。今月は贅沢に外食でいっか」

「いや。やっぱり待て。そういえばエアコンを直さなきゃ・・・」

こんなことを永遠と考え続ける訳です。そりゃ精神的に疲れ果ててしまいますよね。

旦那と妻の気持ちの温度差

その他「エアコンが壊れたので修理しなきゃ」 →お金がないので安易に買い替えできない。「子どもに新しい服でも買ってあげたい」 →お金がないのでお古でいいかと考える。世の妻は、Aの歯磨き粉とBの歯磨き粉のどちらを買うかといったことでも悩んでいます。

しかし、世の旦那は、自分の稼ぎは少ないことは棚にあげ、家計を少しでも安く済ませたいというそんな妻の気持ちも知らず、歯磨き粉の種類がどっちがいいかなどと妻に聞かれようなものならば、「どっちでもいい。まったく興味がない。」とバカな返答してしまうものなのです。

そしてそれに対し「アンタの稼ぎが悪いから、こんなことまで悩んでるんでしょうが!!」とキレる妻。 

あぁ。お金に余裕があれば。 

こんな不毛な夫婦喧嘩は生まれないんですが。それにしても、細々したことを含めると、日常生活の中で毎日たくさんの決断が必要です。 

旦那が嫌いの要因は収入が少ないこと??

f:id:nburin0529:20161223183438j:plain

 極端な話しですが、旦那が一生懸命働いていようが、いまいが、その稼ぎが少ないと夫婦関係が悪くなってしまう一つのキカッケになる可能性があります。さきほどの歯磨き粉のケースがいい例です。

 お金に余裕がある夫婦は、こんな夫婦喧嘩はしません。

  • お金があるから外食即決します
  • お金があるからエアコン買い替え即決します
  • お金があるから子供の新しい服即購入します

お金様万歳~~!!  という風に相対的に悩む回数が少なくて済むんです。人は決断の回数が多ければ多いほど、精神的に疲れていき「決断疲れ」が生じますが、 お金に余裕がある人は、 「お金が疲労を軽減」してくれるんです。

そして、逆にお金がない人は、エネルギーを消耗しますから「決断」することが増えれば増えるほど疲れは蓄積することになっていきます。 こうした「決断疲れ」が進んでいくと、困難な問題に立ち向かう気力はもちろん、日々行うべきことに対するモチベーションまでどんどん失われていくんです。

これがヒドくなると、何事もおっくうになっていき、より「楽」で「受動的」な選択をしがちになっていきます。

そしてあるとき、貴女はふと思うんです。「旦那の稼ぎがあればもっと楽な暮らしができるのに」「なんでこんな稼ぎが悪いのか」と。

そして、そのような気持が「収入が少ないならせめて家事ぐらい手伝ってよ!」に繋がり、行きつく果ては「何でこんなやつと結婚したのか」最後は「旦那 嫌い」という感情になるのでしょう。 

 収入が少ない旦那ができること

f:id:nburin0529:20161219233748j:plain

お金が原因で妻が「旦那が嫌い」となってしまうのは、旦那側としても、とても辛いものです。稼ぎを増やせないのであれば、旦那さんはやはり、妻にそのような感情が芽生える前に、積極的に家事・育児に励むべきでしょう。 

妻が家庭・育児のことで日々決断していることを、旦那さんが代わりに決断してあげましょう。妻の脳疲労を減らすのです。 

収入が少ないことは旦那さんも辛いことですが、それ以上に家計をやりくりする妻のストレスも半端ないのです。

決断することがとても多いはずです。

生活がやっていけるかどうかの不安ごとも多いでしょう。

そんな妻のため家事・育児を積極的に行い、いろいろなことを妻に代わって決断してあげましょう。

f:id:nburin0529:20161128213529j:plain

生活で苦労することも多いと思いますが、夫婦二人で手を合わせてやっていくしかありません。ともに差さえあって生活をしていけばそんな環境でも楽しく生活をやっていけるはずです。

妻は生活は苦しいでしょうが頑張って働いてくれる旦那さんに感謝しましょう。

旦那さんは生活が苦しい中、家事・子育てを文句言うことなくこなしてくれる妻に感謝しましょう。

こんなときほどお互いに感謝の気持ちを持つことが何よりも大切です。

特に旦那さん!仕事も大変でしょうがストレスがいっぱいの妻を支えてえげてくださいね。

www.dannadesu.com

www.dannadesu.com