旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

臭い旦那は妻に嫌いといわれる前に、その臭いに対策を。加齢臭を言い訳にしてはいけません。

性格・習慣

f:id:nburin0529:20161022121121j:plain

世の妻が旦那さんを嫌いになる一つの理由。「旦那がクサイ」。世の旦那たちは何故こんなに独特な匂いを放ち続けるのでしょうか。

 

 それは一般的に言われる「加齢臭」、それは別名「オヤジ臭」とも呼ばれ、 世の妻たちのイライラを増幅させる魔法の匂いであります。今回はこれをテーマに話しを進めたいと思います。

 

旦那の臭いの種類

さて、貴女の旦那様はどんニオイがしますか?

次のあげるようなものがよく例えのニオイとしてあげられています。

 

「ドブのようなニオイ」

「獣のようなニオイ」

 

 どれもこれも、ひどいニオイだということが簡単に想像がつきます。なんて可哀そうな生物ではありませんか。

 

クサイ臭いはイライラを増幅させる 

不快な匂いというものは、感情をマイナスにさせイライラを増幅させるそうです。ニオイというものは、その分子が鼻の奥でキャッチされ、感情をつかさどる大脳に直接刺激を与えるため、人の心に強い影響を与えます。

 

そうなんです。ということは、妻たちはいくら旦那を愛していても「クサイ夫旦那に対しては、自然と不快な気持になってしまうものなんです。

それが、そこに愛がない旦那に対してのものならば、それは不快を通り越し、生理的受け付けないというものになってしまうことは容易に想像がつきます。

 

クサイ夫に対して、強い意思をもって愛情を持ち続けることは至難の業です。そこに妻の責任はありません。。クサイ夫がただ悪いだけのことです

 

それでも妻は旦那をケアしようとします

それでも旦那を愛し続ける妻は、イライラを抑え、そこで旦那のニオイをケアしようとしますよね。口うるさく「クサイ」と連発したり、消臭しようとする行動は、むしろ愛情のあらわれなんではないでしょうか。旦那は妻の「クサイ」という言葉を聞き流してはいけません。真摯に受け止め、ニオイの除去に励むべきなのです。

 

『つまり、妻ににクサイと言われても相手にされているうちがまだマシなんです。』

 

世の旦那たちは真摯にクサイ臭いと向き合うべきです

世の旦那たちはこのことを自覚するべきです。自分のニオイが妻を不快な気持にさせていることを。このことを棚にあげ、「クサイものは仕方ないじゃないか!」と逆ギレしてはいけません。

 

このことに気づいた私は、早速自分のニオイと真摯に向き合うべく、体臭除去クリームなるものを購入しにいきました。その商品がこれです。

 

ロフトで販売していた「PROUDMEN」というボディークリーム。この商品の説明文はこのように書かれています。

 

 「無理に飾りつける必要はない。清潔な肌・髪・スーツ、そしてほのかな香り、それだけで男は清練される。さりげなくスマートに。それが男の身嗜み」

 

「クサイと言われるうちが花」という言葉を心に刻みつけ、このクリームを使用し、妻のイライラを増幅させないようニオイの除去に励んでまいります。