旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

旦那が話を聞かない?旦那という生き物は一度に二つのことができないのです!

f:id:nburin0529:20161106213430j:plain

旦那が話を聞かない理由を解説!そんな旦那に話を聞かせる方法を旦那目線から伝授します。旦那さんに話を聞いてほしい奥さん必読です!

妻が旦那を嫌いになる理由は、「話を聞かない、聞き流す、無視する」から?旦那さんは貴女の話を聞いてくれますか?

 妻が旦那を嫌いになる理由の一つとして「妻の話を聞かない」というのはよく耳にするところです。

 日々のちょっとした出来事や、愚痴を旦那さんに話すと、やる気のない相槌のみで話を聞かれたり、反対に説教をしたりする旦那は世の中にはよくいるものです。

 そしてそのたびに、妻は「ちゃんと話を聞いてよ!!」と、旦那へのイライラボルテージを高めていくのです。

 ひどい旦那さんでは、簡単な相槌さえ打たずに完全に無視をする旦那もいるらしい(さすがにそれはひどいでしょう。あなた、相槌も打てないほどお疲れなんですか?泣)

 そこで「この話を聞かない理由」、妻と旦那の心理面を順番に解説してみましょう。

話をしたい、聞いて欲しい妻

f:id:nburin0529:20161223181023j:plain

まず、女性というものは、本来持って生まれた気質そのものがおしゃべりなのです。

それは、おしゃべりしない女性は女子にあらず!と言われるほどです。もちろん世の妻たちも例外ではありません。妻という生き物もれっきとした女性なのです。(すいません。喧嘩売ってますよね・・汗)

近所にゴミを捨てにいった妻がなかなか帰らず、やっと帰宅した妻に何をしていたのか聞いてみると、「近所のママ友と、そこらへんで立ち話してたの」と、平然と答える妻。

 

その時間が約2時間なんてことも!

 

そんな妻に旦那たちは心の中でこう思うのです。

(お前、まぢか!オレやったら、そこらへんのパパと立ち話なんて5分しか無理!)

 女性というものは生まれながらにおしゃべりで、その理由は男性との「脳」の違いにあるようで、女性の脳の仕組み上、女性はおしゃべりをせずにはいられない作りになっているんです。(妻と喧嘩しても勝てない訳です。作りから負けているとは・・)

子育てされている方で、男の子、女の子、共に育てられてる方は、おそらく実感されていますよね。

 

女の子はよくしゃべると(うちの2歳娘もすでに一日中しゃべっています。将来有望です。)

そして、女性たちが話すその話題もとても豊富です。家庭の話から、子供の話、仕事の話、ママ友の噂、旦那の愚痴、芸能人のゴシップなど、数え上げればキリがありません。

 女性というものは、「そのおしゃべりをした時間を楽しんだこと、ママ友と時間を共有したこと」が重要なのであり、「何の話をしたか」ということがさほど重要ではないのです。

 そんな持って生まれた気質がおしゃべりである女性の妻たちに対して、「話を聞かない」なんていう旦那の対応は論外なのです。

旦那が話を聞かない理由

結論から言いますと、男性は一度に一つのことしかできない生き物です。

 これに尽きます。そうです。そうなんです。女性が持って生まれた脳がおしゃべりな脳だというならば、男性の旦那である脳は、「一度に一つのことしかできない」脳なのです。

持って生まれたものなのです。

こんなことありませんか?旦那に「今度の週末は○○に行こうね」と約束したはずなのに、それを忘れその日に違う予定を入れているなど。

 それはおそらく貴女の話を集中して聞いていない。いや、聞けていないからなんです!脳のせいなのです。

 そんな話をしたとき、旦那さんはスマホをいじったりなんかしてませんでしたか?

 そのときの旦那の心境はこうです。

 

(妻が何かしゃべりかけてきた。今、ゲームをしていて良いとこなのに。しかし妻の話も聞かなければ・・でも、もうちょっとでクリアーできるのに・・・んぬぬ)

 みたいな。なのでここでは、ゲームに集中したいので、妻の話を聞き流しながら「うん。うん。解った」と、とりあえず肯定的な相槌だけします。(決して妻の会話の否定はしません。否定したら会話が続いてゲームができなくなるから)

 どうでしょうか?旦那が話を聞かない理由を解ってもらえたでしょうか。

 やはり、男性と女性は違う生き物。

 

 同じ生き物だと思わないことです(これとっても大事!)

専業主婦は話をする機会がない

でも、それでも、やっぱり妻としては旦那に話を聞いて欲しいですよね。専業主婦の方なんかなおさらです。両親が遠いところに住んでいる、旦那の転勤で引越しして近所に知り合いがいないなど、日中仕事で人づきあいがある旦那とは違い、主婦の方は話をする機会自体がまったくありません。

 

女性はおしゃべりが仕事だというのに・・・。

旦那に話を聞いてもらう方法

f:id:nburin0529:20161106213611p:plain

そんな方は、次のあたりを注意をして旦那に話をしてみてください。ちょっとぐらいは旦那さんの話の聞き方が変わるかもしれません。 

1.タイミングを選ぶ

旦那が話を聞かない理由でご紹介した通り、男性というものは、一度に一つのことしかできません。旦那が何か他のことをやっているときは、話しかけるタイミングを図るべきです。特にそれが旦那さんが好きな趣味なことや、何かに没頭しているときなどはタイミングを見なければいけません。

タイミングを見ないで唐突に話をしだしたところで、旦那の必殺技 「適当に相槌をうつ」が発動するだけです。

 何かしていることがひと段落したタイミングで話しだすのです。

2.やっていることは終わらせる

これはタイミングを選ぶより強制的な手法です。旦那が何かやっていることを、貴女が話を始まる前に、先に終わらせることです。TVを見ているならTVを消す、スマホをいじっているなら、スマホを取り上げるなど、貴女の話に強制的に集中させるのです。

これなら大丈夫です。

旦那さんは「一つのことは一度にできますから」(当たり前です) 

まとめ

「旦那が妻の話をきかない」原因に、その旦那固有の性格であったり、いろいろな原因があるとは思いますが、大前提はやはり、

 女性である妻の持って生まれたものが「おしゃべり」であることと、男性である旦那の持って生まれたものが「一度に二つのことをできない」ということです。

 このお互いの特徴が上手く?重なり合い、「旦那は妻の話を聞かない」ということになるのです。

 これに対処するためにはやはり、旦那に話を聞かせる方法でご紹介した通り、

・待つ

・終わらせる

の、どちらかしか選択肢はありません。ということは、対処法は、

 旦那さんが立場が強いご家庭なら= 待つ

妻の方が立場が強いご家庭なら =終わらせる

 これなんです。

終わらせた貴女へ

旦那がやっていたことを強制的に終了させ、会話に集中させた貴女、どうか話が終わってから、旦那さんが自分がやっていたことを終わらせて、貴女の話を聞いてくれたということに感謝の意を示し、誉めてあげてください。

 夫婦ならば妻の話を聞くのが旦那の役目じゃないか!という気持ちも解ります。

 しかし男性である旦那という生き物は、子供なのです。

 貴女が思っている以上に子供なのです。子供と思って接してあげてください。

 感謝され誉めれば、そのことが頭に乗り、絶対に次も「よし。話を聞いてみるか」となり、話を聞いてくれます。

 それを繰り返せば、いつの間にか、旦那がしていることを強制終了させなくても、旦那さんは貴女の話を聞いてくれるようになるでしょう。そうです。旦那はいつの間にか「パブロクの犬」状態になっているのです(※パブロクの犬とは=動物は、訓練や経験によって後天的に獲得される反射条件のこと)

 話の尽きない仲の良い夫婦になりたいものですね。