旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

この旦那ブログの方向性を真面目に考えてみました。

f:id:nburin0529:20161202004611j:plain

皆さん、いつも、こんなブログを読んでいただいて有難うございます!

今日は、少し真面目にブログの現状をまとめてみたいと思います。 

このブログは10月22日に書き始め、二か月ほどが経過しております。

その間に、読者数も130名、ツイッターフォロワー数も800名ほどになり、こんなブログを読んでもらえて嬉しいなぁという気持ちでいっぱいです!本当に有難うございます。 

その間に書いたブログ数は今回のを含め、50ほどになり、世の妻たちの夫に対するイライラというものは限りがないと感じているところです。 

書き始めは、世の妻たちが少しでも、そのイライラが少なくなるようにと書き始めたつもりですが、なかなかその具体的なイライラ解消案を提案するのは難しいもので、妻のイライラというものは書けば書くほど奥が深いものだと痛感しております

(具体的な解消法ないのかよ~とは言わないでください・・・)

 そんなこともあり、「旦那という生き物」というこのブログを改めて分析してみると、こんな感じになりました。

ブログのテーマ

世の妻たちの夫に対するイライラをテーマに、夫側の思っていることを伝えたい。夫に限らず、男性というものは、言葉では多くは語らず思いを内に秘めるタイプの方が多いものです。

しかし女性側から見ると、内に秘められると、「夫が何を思っているのか全く分からない」となりますよね。そこに妻のイライラが発生する一つの大きな要因があるのではと考えています。 

夫というものは、口を開けば、妻の言葉に対し、「うるさい!!」 「何回も言わなくても分かってる!」 「もういい!」 など、端的に物事を終わらせようとしますが、本当はこのブログで書いているような内容を、程度の違いはあれど皆さんの旦那さんも思っているハズなんです。 

ただ、夫というものは、それらの感情を自分の妻に対して言葉で伝えることがなかなかできないものなのです。夫側もいろいろな感情を持っているんです。愛してる妻からイライラ口調で「アナタは何もできないのね!!」とか言われると、それが事実であっても辛いものなのです。 そんな言葉聞きたくはないから、だから最初から黙るのです。

 

後は妻には口では勝てないから。

だから最初から黙る。 

黙る旦那 と しゃべりすぎる妻

この構図です。 ここに夫婦のすれ違いが生じるのです。

 書く行為はやはり冷静になれる

f:id:nburin0529:20161207223255j:plain

僕も自分の妻には、ブログで書いてある内容をそっくり出来ているわけではありません。どちらかというとできていない方です。妻の話なんて、相槌をうつだけで集中して聞けてなんかいません。書くという行為だからブログ内で冷静に書けているだけです。

書くという行為は気持ちを落ち着かせる効果があるので、書くことによって妻のイライラの原因を把握しようとしているだけなんです。

そう考えるとやはり喧嘩したときなどは、少し冷静になるためにお互い時間を置き、手紙などに書いて思いを伝え合うという行為が効果的なのかもしれません。

世の夫の言葉を伝えたい

このブログで世の旦那たちの妻に対する気持ちを伝えたい。そんな気持ちでこのブログを書いています。男というものは口下手です。上手に気持ちを表現することができません。そんな僕もその一人です。

ただ、だからといって妻を愛していないわけではないんです。

表現をするのが苦手なだけなんです。

 イライラの解消策

f:id:nburin0529:20161127164110j:plain

このブログは妻のイライラをテーマに、そこに笑いを絡め、ほっこりした気持ちになれるような文章校正を心がけています。そしてブログの構成上、どうしても旦那側にはキツイブログ内容になっています。

世の旦那さん。いろいろと言い過ぎてごめんなさい。

 決して悪意はないので許してください。

「夫も知らないところで気を遣ってくれてるんだな」 「夫も言葉にはださないけど意外と辛い立場なんだな」 「夫ってかわいいとこあるんだな」 など、読んでいただいた方がそんな気持ちになり、家庭で少しでも自分の旦那さんを見直すきっかけになるようなブログ内容にしたいと考えています。

当ブログを読んで欲しい方

関係が重大に悪化している方は、このブログの内容は合わないことは分かっています。「DV ・ 浮気 ・ 働かない 」などは、そのようなテーマに笑いの要素を入れて、何かが変わるものではありません。このブログを読むと腹が立つでしょう。

そのような旦那さんをお持ちの方は、親身に話を聞いてくれる専門の方にご相談した方がいいと思います。

 逆に特に読んで欲しい方は、次の方です!

  • イライラするけど、まだどこかで旦那さんに期待している人
  • 夫とへ愛情が薄れつつあることを感じているけど、それが寂しいと思ってる人
  • 夫とは適度な関係を保ち、趣味などを思いっきり楽しみたい人

 こんな感じで今後も、「旦那」をテーマにブログを書いていきます。

拙いブログですがよかったら読んでくださいね。よろしくお願いします。