旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

夫婦喧嘩するほど仲が良い!?喧嘩中は、聞く耳を持つことが大切ですよね。

f:id:nburin0529:20161122222211j:plain

貴女は旦那さんとよくケンカをしますか?「喧嘩するほど仲が良い」とはよく言ったものですが、果たしてこれって本当なんでしょうか?できれば喧嘩なんかしたくない!と思う人が多いかもしれませんが、喧嘩は、ほどほどなら!!した方がよくないですか?

夫婦喧嘩はほどほどがよい

どうやら仲が良くラブラブな夫婦ほど、多少の喧嘩をすることが多いようです。しかし、この喧嘩のやり方によって、その後の夫婦の絆がより深まるのか、またはさらに関係が悪化してしまうのか、極端に分かれしまいますよね。 

絆を深める喧嘩の方法

「喧嘩するほど仲が良い」とは、本当によく言ったもので、喧嘩を通じて夫婦の関係を良好にする夫婦は、夫婦喧嘩のやり方がとても上手なのでしょう。 

喧嘩という言葉だけ聞くと何か悪いイメージを持ちそうですが、そんなことはないですよね。次の一つだけをしっかり持って喧嘩をすれば必ず、その喧嘩の時間は有意義なものになると思うんです。

その一つとは。

「聞く耳を持つこと」

これに尽きませんか。 

「聞く耳を持って、相手の意見を受け入れ、尊重すること」

でも、喧嘩してるときって、これが一番難しいんですよね。本当に難しい!!愛する人に罵られ、罵倒され、冷静な気持ちで相手の意見を聞くなんて、よほどの強い心を持っていないとできるものではありません。

しかし、逆にいえば、聞く耳を持って喧嘩することができるのならば、喧嘩の時間は、それは喧嘩ではなく、相手に普段感じていることや、思っていること、不満に思っていることなどを伝えることのできる、気持ちを共有できる有意義な時間になるんです。 

そうなんです。

「喧嘩するほど仲が良い」「夫婦喧嘩で仲良しになれる夫婦」は、この夫婦喧嘩の時間が喧嘩ではなく、コミュニケーションの時間なんです。

仲のいい夫婦は、この喧嘩でお互いの考えを理解し、夫婦円満のきっかけにしているんですよね。 

関係を悪化させる夫婦喧嘩

やはり、相手の気持ちや思いを聞くことができない喧嘩は、お互いの意見の主張の押し付け合いだけになり、関係をより悪化させるだけです。喧嘩すればするほど、関係が悪化し、 「旦那、本当に嫌い!!」と、こんな感情になってしまいます。

ここまで思わせる前に、旦那さんが妻の考え・意見を尊重してあげて、耳をかたむける喧嘩ができるのなら、きっとこんなことにはならないのでしょうが。 

まぁ。その「耳をかたむける」行為が本当に難しいんですよね・・・。

 

夫婦喧嘩はルールを決めよう

家庭それぞれいろいろな夫婦喧嘩のやり方があると思いますが、我が家の夫婦喧嘩のやり方をご紹介します!

我が家は、まずはお互いの考え・意見を存分に言い合います。一般的に言われるNGワード「相手の家族ことや、生まれ持った身体的なことなど、並大抵の努力ではどのようにもならないこと」 この辺り以外ならば、何を言っても構いません。

お互いをノックアウトする気でいきます。普段の考えてること・不満に思っていることを存分にぶつけ合っているんです。

そして、このときのルールがこれです。

言い合う時間は喧嘩を開始して1時間で終了。延長は一切なし! 

関係が良好なときに、喧嘩になったときのルールを最初から決めているんです。さすがに永遠と罵りあっては、関係が本当にダメになってしまいます。区切りをつけることによって、制限をかけています。

そしてその後は、一人がどこかに外出するなどして時間を置きます。この時間を置くって行為がとても重要ですよね。

皆さんも同じ気持ちになったことがきっとあると思いますが、喧嘩した最初は「ムカムカムカ。絶対許さない!!」と思っている気持ちも、一人になることにより、少しずつ冷静になり、「自分も悪いところがあったかな」と考える余裕がでてきますよね。 

そして、お互いが少しは冷静になれたところで、もう一度顔合わせをします。このときのルールがこれです。 

話しを聞く側は、

  • 途中で話しをさえぎらない。
  • 意見を言うのは、相手の話しが終わってから。
  • 相手の立場にたって、話しを聞くよう心掛ける。

話しをする側は、

  • 怒りに任せた話し方をしないように注意する。
  • 一方的な話し方をしない。
  • 相手の立場も考えて、考えを伝える。

一言で言うなら、これです。 

耳をかたむけ、相手の意見を尊重する。 

基本的にはこんな感じで喧嘩するようにルールを決めてやっています。昔は本当に制限なく喧嘩をしたものですが、こういう風に喧嘩のルールを取り決めてから、喧嘩をする回数が少なくなり、喧嘩をしたとしても、明らかにその喧嘩の時間が短くなりました。

 

夫婦喧嘩をする効果

「喧嘩するほど仲がいい」は、僕は本当だと思っています。理由はブログ内で述べた通り、喧嘩はルールをきっちり決めて、夫婦関係を良好なものにしようと思う根本的な気持ちがあるならば、お互いの気持ちを知るいい機会だからです。

 普段から遠慮なく相手に意見を言える方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっとしたことなら、あえて言わないでおこうってことも多々ありますよね。

 でも、そんなちょっとした不満も積み重なって・・これが取り返しのつかない大きなものになってしまう前に、夫婦喧嘩をして夫婦の関係を調整するのです。

 夫婦関係を良好にするために、夫婦喧嘩は上手くやりたいものですよね。徹夜の夫婦喧嘩なんて、もっての外というものですw。

 

※当ブログに少しでも興味を持って頂けた方は、ぜひ下の記事も一読ください!

www.dannadesu.com