旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

義実家に行きたくない理由は汚いから。こんな両親を尊敬できます?

生活

f:id:nburin0529:20170121195058j:plain

旦那の実家に行きたくない理由の一つにこれがありませんか。

「汚い」

食器・台所は油汚れが残りまくり、排水溝には大量の抜け毛、床には大量のペットの毛が。義両親の人柄は嫌いではないけど、とりあえず家が汚すぎて行きたくありません!

 僕の実家も実はそうなんですよね。超汚い。なので当然うちの妻も行きたがりません。当然です。

今回は僕の実家の汚さをご紹介しつつ、世の妻たちの「義実家は汚いから行きたくない!」という声を代弁してみましょう!

行きたくない理由の行き着くところは「尊敬できないから」ということです。

掃除をしない

f:id:nburin0529:20170121144030j:plain

僕は小さいころから母が掃除をしているところをあまり見たことがありません。

貧しい家庭に育ちましたので、父の収入だけでは暮らしが成り立たず、母は朝から晩まで働いていたとはいえどその掃除は頻度は超まれ!

父ももちろん家の中のことを進んでするタイプではありませんでした。

当然掃除をしないものですから「家の中は汚れ放題」

実家に住んでいるころは、母の働く姿ばかり見て育ってきましたので、母に対してこのような考えを以前は持っていました。

働いているんだからしょうがない。余裕がないんだろうと。

しかし23歳頃から一人暮らしを始め、自分で生活をしだすとこう思うわけです。

「働いてしんどいのはわかるけど、いくらなんでも掃除しなさすぎじゃね?」

一人で生活するようになって気づいたわけです。

「外で働いていて毎日疲れていたのはわかるがそれっていい訳になるの?」

疲れてようがなんだろうが自分の身の回りのことをきっちりとやる人はきっちりとやりますよね。

義実家が汚いから行きたくないという妻の気持ちの本質はここにあると思うんです。

汚いという実質的な環境面もあるが、そもそも自分の身の回りのことをキッチリできない、家事力、生活力のない義両親を尊敬できない。

人として尊敬できないというわけです。

もちろん大掃除なんかしない

f:id:nburin0529:20170121144120j:plain

日ごろから掃除をしない家庭ですからもちろん「年末の大掃除」なんかもやったことがありません。

この年末の大掃除って本当大切なことですよね。

「1年の汚れはその年のうちに」

これをしないと年々汚れが蓄積され頑固な汚れとなり、簡単には落ちない汚れとなるわけです。

人としての汚れも蓄積されていくような気になります。

エアコンの内部の掃除・冷蔵庫や食器棚の上や裏側など、日頃はあまり手が回らないところを重点的に掃除し家全体をメンテナンスする。

僕の実家はこれを数十年も放置しやっていないのです。

いやぁ。自分の実家ながらこんなとこ行きたくなくて当然でしょ?(笑)

ペットの抜け毛がすごい

f:id:nburin0529:20170121144249j:plain

子供が巣立ち、夫婦二人きりの生活になると夫婦二人だけの生活に耐え切れずにペットを飼いだす夫婦が最近は多いですよね。

義実家が犬や猫を飼っているケースも結構多いものです。

しかしこの犬や猫、やはり毛がたくさん抜けそこらへんに抜けた毛が落ちるのです。

こまめに掃除をする義両親ならいいのですが、そうでなければその抜けた毛がご飯の中に入っていたりするのです。汚すぎです。

そんな義実家は行きたくなくて当然!

僕の実家も猫を飼っています。今は一匹しかいませんが、僕が実家に住んでいたころは最高15匹ほどの猫を飼っていました。

これだけでうちの実家の環境が普通ではないとわかって頂けると思います。

普通の感性していたら猫15匹なんか飼わないでしょ?(笑)

家の中のどこを見ても、猫!猫!猫でしたよ。もちろん猫ちゃんたちには何の罪はないんですが。

しかし掃除をしない上に猫の毛が大量。今は一匹しかいませんので毛の量は少なくはなってますが、15匹飼っていたころはいったいどんな状態だったか想像してみてください。

そりゃ、ご飯の中に猫の毛が入っていることなんて当たり前でしたよ。

僕はどれだけの量の猫の毛を今まで食べてきたのでしょうか。

当時は何も思いませんでしたが、今思うとすごい環境で僕は育ってきたんだなと実感するのです。

少し話しがそれてきましたね。すいません。

とりあえずペットがあまり好きじゃない妻も世の中にはたくさんいらっしゃいます。好き嫌いの前にアレルギーがひどくて体質的に無理という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方にとっては、ペットを飼っている義実家は行きたくないと思って当然です。

独特なニオイがする

f:id:nburin0529:20170121144525p:plain

次にご紹介するのがこれです。

「独特なニオイがするから行きたくない」

当然ですがペットを飼っていてまともに掃除をしない家は独特なニオイを発します。

家のいたるところが汚く不愉快になるという視覚的な問題もありますが、臭覚的にも問題がありということです。

僕の実家も独特なニオイがします。そんな家にいると自分の身体にもそのニオイが染み渡るようで一刻も早く非難したくなるのです。

水周りが汚い

f:id:nburin0529:20170121144341j:plain

掃除をしないに含まれる理由かもしれませんが「水周りが汚い」というのは妻にとっては致命的です。

台所周りが油まみれ。

食器がなんかねっとりしている。

洗面所には抜け毛がいっぱい。

想像しただけでも気持ち悪いものです。僕の実家の洗面所にも抜け毛がいっぱいです。

旦那にイライラする要因の一つとして「旦那の洗面所の使い方が汚い」というのがあげられますが、義実家もこれと一緒です。

他人の抜けた毛が大量に散乱しているのを見るのは気持ち悪いですよね?

こんな義実家行きたくなくて当然ですね。

身だしなみが汚い

家の話しとは少し外れるかもしれませんが、義実家に行きたくない理由の一つに「義両親の身だしなみが汚い」というものあげられませんか?

僕の両親はこうなんですよね。

「家の身だしなみを整えることができない」だけではなく「自分自身の身だしなみも整えることができない」

ちゃんとお風呂入ってるの?

それパジャマじゃないよね?

髪ぐらいとかしたら?

こんな感じなんです。

別にその人の勝手といえば勝手です。

しかし、そんな姿で「人に会おう」と思えることが理解できません。

行きたくない理由は人として尊敬できないから

f:id:nburin0529:20170121143934j:plain

僕の実家の状態を例に「妻が義実家に行きたくない理由」をご紹介しましたがいかがでしたか。

うちの実家なかなかのレベルでしょ?

僕も20歳ぐらいまではそんな環境で育ってきましたから、一人暮らしを始めるまではその汚さが当たり前でした。

しかし自分でひとり暮らしを始め妻と出会い二人で生活を始め子供にも恵まれ、現在40歳。

実家で暮らした20年と同じだけの歳月を実家の外で生きてきたわけです。

今ならわかります。

僕の実家の汚さは普通じゃない。

妻が行きたがらなくて当然。

むしろ行きたがる方がおかしい。

しかしそんな環境でもたまには孫の顔を見せてあげたいと思うのが実息子の僕の気持ち。なので「つれていけるように家を少しぐらいは綺麗にしたら?」と母に話しをしたこともありました。

しかしそれでも改善される様子はなかったんです。

ここで僕はこう思ったんですよね。

「孫の顔はそこまで見たいわけでもないんだね」

世の妻が「義実家に行きたくない」という理由は、今回の「汚い」だけに限らず、こうだからじゃないですか。

義実家の人たちを尊敬できないから。

「汚い」の中に義両親の人柄を見るわけです。

人は向上心を持ち、自分に良い影響を与えてくれる人と関わり、自分自身を成長させていきたいと思うものです。

うちの両親は僕の反面教師です。

僕の娘が結婚するときは、その旦那さんとなる人に尊敬されるような義父にならなければと思い、自分を毎日戒める日々です。

義実家が汚なくて行きたくないときの対処法

f:id:nburin0529:20170121143754j:plain

最後に義実家が汚いから行きたくないときのその対処法をご紹介します。

僕の実家の場合はその汚さが普通ではないレベルでしたので、僕自身がそのことに気づき「家を綺麗にできないのなら遊びにはいけない」とハッキリと両親に伝えました。

まずは旦那さんに義実家が汚いということを自覚してもらことが何より大切です。

そしてそのことを旦那さんから義両親に話しをしてもらいましょう。

それでも改善しないときは遠慮する必要はありません。

次のような理由で義実家に行く回数を少なくしましょう。

  • 義実家に行くと体調が悪くなる。
  • アレルギーがでる。
  • 子供のことを考えても衛生的に良くない。
  • 子供が汚い行為を真似する。

無理して付き合うことはないということです。

たとえ義実家に顔をだしたとしても遠慮なく20~30分程度で切り上げましょう。

僕の実家がそうでしたのでわかります。

「汚いのが当たり前の人」は言い換えれば「生活にケジメがつけらない人」です。

ちなみに妻の両親はまったくの間逆です。

僕からいう義実家ね。

家自体は古い家ですがいつも小奇麗に掃除がされていて、そこから「僕がきてくれることが嬉しいよ」という気持ちが伝わってくるんです。

それが何よりも嬉しいんですよね。

嫁さんや孫たちに遊びにきてほしいなら、家を綺麗に掃除をして「人を招こう」と思うのが普通だと思うんですけどね~。

それができないのは結局そんなもんかと思ってしまいますよね?

僕の両親もそうですが、年長者なんだからちょっとぐらいは尊敬できる存在でいてほしいものです。

あなたの義両親はどんな人ですか?尊敬できる人ですか?

こちらで逆に義実家が快適な理由を紹介しています。合わせてどうぞ。

【義実家に行きたくない?いや快適でしょ!快適な理由5選!】