旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

嫁が嫌いな理由が8つもある!結婚を後悔する旦那が増殖中です。

f:id:nburin0529:20170508194543j:plain

【2017年10月21日更新】

半数超の既婚男性が嫁との結婚を後悔!?結婚当初はかわいかった嫁も、時がたつにつれて、いつしか不満だらけの対象に。

今回は旦那の「この嫁と結婚するんじゃなかった!」というリアルな後悔の声をご紹介します。

 既婚女性の方がこれを読んで「私は全然大丈夫!」と感じるのか、それとも「え?私のことかも」と思うのか、どちらですかね?

具体的には次にような内容で話を進めていきます。

・半数の既婚男性が結婚を後悔しているという事実

・結婚を後悔する8つの理由「嫁のここが嫌いだ!」

・結婚を後悔しないためのアドバイス

・結婚を後悔しているのはお互い様だ!

・「結婚を後悔してるのはこっちだ!」嫁たちから反論の声をまとめてみました

・結婚を後悔したときは妥協することも必要です

・結婚を後悔するからって離婚して大丈夫?

・結婚を後悔しているからって簡単に離婚はしない方がいいよ

これがリアルな旦那側の声なのです。怒らないで読んでね(笑)

※記事の最後に、結婚を後悔している方向けに、結婚生活のストレスを解消する具体的な方法を追記しました。

半数の既婚男性が結婚を後悔しているという事実

f:id:nburin0529:20170204120532j:plain

とある調査会社が100名の既婚男性を対象に「この嫁と結婚するんじゃなかったと思ったことはあるか」というアンケートを取ったのです。

この回答によると何と59%もの男性が「結婚するんじゃなかったと思ったことがある」と答えたそうで。

半数以上の男性が嫁に不満を持っている。

なかなかの数字ですね。ただアンケート自体が「思ったことがあるか」というアンケートなので「一回思った」だけでも「ある」という回答になるので、このアンケート自体はだいぶ誇張している感があるのですが。

だいたいのアンケートは部分的な数字だけを見て誇張するパターンが多いですよね。みなさん世にはいろいろなアンケートがありますが騙されてはいけませんよ。

まぁ。そんな僕も今回はこの誇張された調査会社のアンケートをもとに「嫁が嫌いな理由8つ」の記事を書いていくんですけどね(笑)

結婚を後悔する8つの理由「嫁のここが嫌いだ!」

f:id:nburin0529:20170922170549j:plain

しかし、この世の中、結婚したことを後悔している男女がなんて多いことでしょうか。結婚ってもっと幸せなものだと思うんですけどね。そんなことないのかな?

今回はそんな「結婚を後悔する」旦那側の声をお届けします。

旦那は嫁のどんなところに不満を持ち、それに対してどのように対処しているでしょうか。

それではご紹介しましょう!

根拠の乏しいアンケート会社の調査結果をもとにご紹介しますw

「嫁が嫌い!結婚を後悔しています!」

はりきっていってみましょう!

外見の劣化

まずは嫁が嫌い!結婚を後悔する理由の一つ目がこれだそうです。

外見の劣化

「着ている服がヨレヨレ。まったく見た目を気にしなくなった。新婚当初が懐かしい」こんな声はまだまだかわいい方で。

「結婚して20kg太った。妊娠、出産を言い訳にしているが、うちの子はもう8歳になる。産後太りはもう言い訳にならないと思うのだが・・」

「他人に見られる危険性がないからか、冬場はムダ毛処理を一切しない」

「飲みながらこたつで寝て、翌日は顔がむくんでぱんぱん」などなど。

嫁が「女」でなくなってしまうことに不満を持つ男性がどうやら多いようなのです。

嫁にはいつまでもかわいい嫁でいて欲しい。そんな男性の気持ちがわかる理由です。

悲しい話しですが、やはり外見の劣化は「嫁が嫌い」となってしまう理由の一つになるようです。

対処法

この対処法として、現状を回復させるべき「5kg痩せたら10万円好きに使っていいよ!」などのニンジンぶらさげ作戦を決行する旦那もいるようで。

しかし一度衰えた外見を元に戻すのはなかなか大変なのか、大半の嫁はなかなか容姿改善に取り組んでくれないのが現状のようですね。

そりゃそうですよね。時の流れに逆らうことはとても難しいことなのです・・。

SEXに淡泊

続いての「嫁が嫌い!結婚を後悔している」理由はこれです。

SEXを拒否

夫婦間のトラブルとして挙げられることといえば、やはり夜の営み。

「結婚当初は毎日のようにしていたのに、最近は月に一回ぐらいしか受け付けてくれない」

こんなのはまだマシな方。さらに上を行くと「もう8年もやらせてもらっていない」なんていう旦那さんもいるようで。

もっともっと上を行くと肩に少し触るだけで「触らないで!」と拒否する嫁も。

いやぁ。辛い辛すぎます。

なんてこんな嫁と結婚してしまったのだ!

肩に触れただけで「触らないで!」なんて。僕だったらそんなこと言われた泣いちゃうかもしれません。

対処法

これに対する旦那の対処法は大きく分けて二つのようです。

しつこくヤラせて!と頼む積極派と諦めるという消極的な意見。

どうやら大半の男性は諦めるという選択をするようで積極的に何度も嫁に迫る旦那は少数派のようです。

そりゃそうですよね。何度断られてもそこに果敢に攻め込んでいく旦那。頭が下がります。

少数派の諦めるという旦那には「仕方がないので浮気相手を作ってそっちで欲求を解消する」という方も。

こういう話しを聞くと、これはある意味、浮気も仕方がないのかもしれないぞ。

ご飯がマズイ

f:id:nburin0529:20170922170930j:plain

3つ目の「嫁が嫌い!結婚を後悔する」理由はこれです。

ご飯がマズイ。

「今日のご飯は塩鮭のムニエルシナモン風味甘酢ソースだよー」と訳のわからない味付けのご飯を作る嫁。

それに対しはっきり口にしないまでも、心の中で旦那はこう思っているのです。

(頼むから普通に作ってくれ)

そのほかにも「健康を管理してくれるのはいいが味がとにかく薄い」

「妙に味付けが甘かったり、野菜が生煮えなど単純に料理が下手」という声も。

美味しいご飯を食べることは、日常生活において大きな楽しみの一つ。それが叶わないなんて・・。

対処法

これに対する対処法がこれだそうです。

「自分で料理する」

「化学調味料や塩味だけなど、調味料を限定した料理を作らせればだいたいは失敗しない」

大半の旦那がどうやら「自分で料理をする」という対処法を施しているようだ。

自分で作るだけ偉いのかもしれませんね。

※こちらで料理できない女性の具体的な対処法をご紹介しています。参考にどうぞ!

料理できない女の特徴と理由4選!マズイときの対応7選もご紹介です! - 旦那という生き物。

働かない

次の理由はこれです。

共働きと約束したのに働かない。

平均年収が下がりつつある今の時代、結婚するときの約束として共働きでやっていこうと決めたはずなので、いざ結婚してみるとまったく働く気がない嫁。

そのくせ家事も積極的にやる様子もなく、一応やることはやっているが、なんだか手抜きの様子。

毎日毎日ダラダラと一日を過ごすらしい。

こんな嫁は嫌いになられて当然かもしれません。

※こちらの記事で、働かない妻を働かせるための具体的な方法をご紹介しています。働かない妻をお持ちで悩まれている方にはとてもオススメです。

☞ 妻が働かない理由は6つ。だからって離婚はないんじゃない? - 旦那という生き物。

束縛が激しい

f:id:nburin0529:20170204115851j:plain

こんな嫁との結婚も後悔しますよね!

「束縛が激しい嫁」

束縛が激しすぎると、自由な時間が全く持てず結婚生活は窮屈なものに。

「毎日のように携帯をチェックされる」

「飲みに行ったら不満タラタラ。1時間ごとにいつ帰ってくるのと催促の電話が入る」

「本当に残業で帰りが遅いのに浮気してるんじゃないか!と疑われる」

「週末は週末で毎週末家族で過ごすことを強要され、とにかく一人の時間が持てない。」

女性もそうかもしれないが、旦那もたまには一人になりたいものなのです。

対処法

一応「少しぐらい自由にさせてくれ」と文句を言う人が多いようだが、こういう束縛が激しい嫁は言っても喧嘩になることが多いので、結局は黙っていることが多くなるようだ。

なのでまったく対処法にはなっていませんw

上から目線

f:id:nburin0529:20170922171027j:plain

次の「結婚を後悔する」理由はこれです。

上から目線

「家事をするたびに私って偉い?と聞いてくる。とにかくウザいから無視する」

ある男性はこう語っています。

「結婚したときは容姿端麗、高学歴、英語ペラペラの嫁が自慢だったんですけどね。高慢気味の態度もツンデレぽくて萌えましたが、結婚したらただのツンツンの嫌な人でした」

この男性は嫁の会社の下請け要員として出会い、言わば逆玉に乗ったのだが、浮かれていられたのはほんの一か月らしい。

家でも「コンサル」としてのプライドを見せつける嫁にウンザリ。

「コンサルはクライアントに高いタイムチャージを請求するのが自慢。嫁のそれは1時間3万円らしいのですが」

「ちょっと家事をしようなものなら、あー私、今日は家事を2時間もしちゃった。それってタイムチャージで換算すると6万円だよね。私それだけ働かされたんだよね、なんて嫌味をいってくる」

「可愛げもくそもありません」

コンサル臭プンプンのこの嫁は、この旦那を「下請け」扱いしているようですね。

そりゃこんな嫁は嫌いになって当然ですよね・・。

浮気・男癖が悪い

f:id:nburin0529:20170204120055j:plain

次の「嫁が嫌い!結婚を後悔する」理由はこれです。

浮気癖がある

単なるほかの男性との食事レベルだけならまだしも、結婚1年目に職場の男性と浮気するという嫁も。

というか、浮気されるなんて嫌いとか好きとかのレベルではないです。

対処法

これに対する対処法は「こちらも浮気する」

どうやらこれが多いようです。しかしお互い浮気をしてまで結婚生活を続ける意味があるのか・・。

※こちら浮気の復讐方法をまとめています。こんな復讐どう思いますか?ぜひ見てみてください!

浮気の復讐方法を10選にまとめてみた。命があるだけマシと思った方がいいだろう。 - 旦那という生き物。

姑と仲が悪い

f:id:nburin0529:20170204115603j:plain

次の理由はいつの世にもあるこれです。

姑と不仲

「母と顔を合わせれば喧嘩ばかり。もうここ数年会ってすらいない」

「常に母の悪口を言われているのですぐに喧嘩になる」など。

その内容が姑に非がある内容だとしても、毎日にように身内の悪口を言われれば気分が悪くなるのは当然かもしれません。

対処法

これには、会う回数を必要最低限にするなど、とりあえず両者を会わせないようにするのがやはり一番のよう。

できれば仲良くしてほしいがストレスを溜めるよりはマシなのかもしれない。

 

結婚を後悔しないためのアドバイス

これから結婚をする未婚男性へ

ここまで既婚男性の声をご紹介してきましたが、未婚男性にとっても明日は我が身。

そんな未婚男性が将来「結婚を後悔」することがないように、こんな嫁になってしまう可能性がある女性を見極めるすべをいくつかお教えしましょう。

あなたの彼女は大丈夫?

  • 外見の劣化については、結婚するときは痩せていても、お酒ばかり飲んでご飯を食べないとか不摂生をしている女性は要注意です。歳を取って代謝が落ちると必ず劣化します。
  • SEX問題については、結婚前の段階で平日のSEXに応じてくれるかがポイント。そうでなければ結婚後は完全に断られるケースが増えます。
  • 料理がヘタかどうかを見極めるポイントは調味料。勝負料理が美味しいからといって騙されてはダメ。
  • 家に一通りの調味料が揃っているかどうかをチェックするべき。調整の難しいみりんを使いこなせる女性に味オンチはいません。

ただ結婚とは相手ばかりに求めるのではなく、自分自身もいろいろと向上心をもって結婚生活を送ることが何よりも重要。

結婚生活は相手に過度に期待しなければ、絶望することもない。最終的には諦めにも似た覚悟が必要になってくることもあるかもしれませんね。

結婚を後悔させないために嫁ができること

旦那に一方的に結婚を後悔していると告げられた女性の方へ。そんな旦那の声を封じ込めるには何よりも「かわいい嫁」になることが一番です!

嫁のことが嫌いという旦那がいる一方、嫁のことが「大好きでしょうがない!この嫁と結婚してよかった!」と思っている旦那が多数いるのも事実。

ここでは、旦那が大好きになる嫁のタイプを見てみましょう。

こんな嫁は旦那から好かれるのです!

  • 自分だけに甘えてくれる
  • 子供みたいに無邪気にはしゃぐことができる
  • たまにはしっかりメイクをする。すっぴんとのギャップにやられます。
  • ちょっと天然で抜けているところがある
  • かわいいオリジナルソングを唄う

結婚を後悔されないために詳しくはこちらをどうぞ!かわいい嫁を参考にしましょう!

www.dannadesu.com

結婚を後悔しているのはお互い様だ!

旦那が語る「嫁が嫌い!結婚を後悔する」理由を8つご紹介しましたがいかがでしたか。

まぁ旦那目線として、根拠のない調査会社のアンケート結果をもとに勝手なことをいろいろ書きました。

ですので女性目線で見れば「いやいや。それは違うだろ!結婚を後悔しているのはこっちだ」と納得いかないことも多数あったとは思います。

ただ、旦那も人間である以上、嫁に対していろいろな感情をもつのは事実。

嫁側が旦那に対しいろいろな感情をもつのと同じです。

今回のこの8つの理由を元に、旦那が「嫁が嫌い!結婚を後悔する」となってしまう可能性は大いににあります。

特に「旦那が大好き。上手くやってきたい」と思う人は、今回紹介した嫁にならないよう注意して夫婦生活を送ってくださいね。

まぁ「旦那が大好き」って方は注意しなくても大丈夫だとは思いますが(笑)

 

「結婚を後悔してるのはこっちだ!」嫁たちから反論の声をまとめてみました

f:id:nburin0529:20170301214044j:plain

今回のこの記事「嫁が嫌いが理由が8つもある!離婚を後悔する旦那が増殖中です!」いう記事を書いたところ、この記事に対し嫁たちの怒りの声が殺到!

お風呂から出ればパジャマとタオルがキレイに並べて置いてある。

食卓には豪華な手作り料理が並ぶ。

家の中はいつも小綺麗に整理されている。

ベッドに入れば、脱がせるものもったいないほどかわいい下着姿で迎えてくれた。

嗚呼、あんなにかわいかった彼女は妻となり、母となり、もういない。

そんな旦那の声を声高々に紹介したのがこの「嫁が嫌いな理由が8つもある!結婚を後悔する旦那が増殖中です!」でした。

この記事には多くの旦那たちが溜飲を下げた?と思いますが、一方当ブログには嫁たちから「あまりも一方的!結婚を後悔しているのはこっちだ!」と多数の抗議が寄せられたのも事実なのです!

そこでここでは、そんな嫁たちの声を代弁すべく、嫁たちが反論の声を紹介しようと思います!

男ならら耳が痛すぎる言葉の数々、心して読んでいただきたい。

嫁は旦那以上に腹にイチモツを抱えているのだ!

旦那が語る「結婚を後悔する理由」に嫁が反論!

前回は、旦那が嫁を嫌いになる、結婚を後悔する理由として、外見の劣化、ご飯がマズイなどにまとめてご紹介しました。

まず、最も嫁たちの反論が集中したのが、容貌の劣化、すなわち嫁のオバサン化です。

これに対し彼女たちは、旦那にこそ原因があるとみな、口を揃えます。

「化粧を変えても、服装を変えても気づいてくれない」

「付き合ってところは最低でも週1回はデートしていたのに今は外食すらしない」

「めっきり夜の営みが減った。ムダ毛の処理をする気なんて起きない」

旦那の無関心こそが、嫁の容姿の劣化を招くと指摘しているのです。

それを分からずに「嫁が嫌い!」とは何事か!

また、出産と育児も、劣化の大きなきっかけになるという声も。

「毎日子供をお風呂に入れていればそりゃ腕はごつくなる」

「子供が残したご飯がもったいなくて自分で食べて、結果太ってしまった」

そして、子供への愛情と反比例するように旦那への関心は薄れ、それは容姿の変化に現れるというのです。

かくして愛する嫁は「オバサン化」するわけですが、旦那の稼ぎも「嫁の変化」と密接に関連しているといいます。

「スーパーのタイムセールに並ぶのがおばさんっぽいのは分かっている。でも、旦那の稼ぎを考えたら仕方がない」

少ない稼ぎを懸命にやりくりしている努力を「オバサン化」といわれるのは、とても納得できない!ということなのです!

うーん。まぁ。ごもっともかも。。嫁が嫌いって言ってる場合じゃないかもね。。結婚を後悔しているのは嫁の方かもね。。

嫁が結婚を後悔する理由は「旦那が無関心」だから!

続いて、嫁たちがお怒りのテーマは家事や食事における手抜き、すなわちズボラ化に対するものです。

「ご飯を作っても、何もコメントしない」

「一番ひどいのは、折角作って待っていたのに、食ってきた寝る。ってパターン。そりゃ作る気なんてなくなる」

容姿の劣化同様、嫁の気持ちへの無関心がズボラ嫁を生む典型パターンです。

つまり、嫁側が旦那との結婚を後悔する理由は「旦那の無関心」がすべてだというのです。

また、そもそも食事や家事を嫁の専売特許と考える封建思想に対する反論も。

「新婚当時は家事分担を約束したのに、旦那の仕事だったはずの風呂掃除とトイレ掃除、もはやまったくしない。嫁が嫌い?なに生意気なこと言ってんの?」

こりゃ正論ど真ん中です。。

嫁が嫌い、結婚なんかしなきゃよかった、と嫁の劣化を嘆く旦那たちは、どうやらまずは自らの襟を正す必要があるようです(笑)

こちらで旦那との結婚を後悔する嫁の反逆の声を詳しく書いています。ぜひ合わせて読んでおいた方がいいでしょう!

【旦那が嫌いすぎる理由が12つもある!結婚して後悔する嫁が増殖中です!】

家族付き合いが嫌なのも「結婚を後悔」する理由だ!

嫁が結婚を後悔する大きいな理由は「旦那の無関心」であることは間違いないところですが、やはり義実家・義母・小姑などとの関係が上手くいっていない場合も、結婚を後悔する大きな理由になるようです。

旦那側から見れば、自分の親や兄弟・親戚とか上手くやってほしいと思うものですが、こればかりはなかなか難しいようで。。。

特にうざい小姑の存在は結婚を後悔する大きな要因になるようです。

⇒ 小姑がむかつく8つの理由はこれだ!同居してようが独身だろうがうざいものはうざいのだ。 - 旦那という生き物。

結婚を後悔したときは妥協することも必要です

f:id:nburin0529:20170225003635j:plain

ここまでお互いの結婚を後悔するという主張を見てきましたが、「嫁が嫌いだ!」「いやいや、こっちの方がもっと嫌いだ!」という内容を書きっぱなしというのも芸がありませんので、ここで「結婚を後悔したときの対処法」を2つご紹介したいと思います。

結婚生活にはやはり妥協というものも必要、相手のマイナス面をプラスに見るような努力をするように心がけましょう。

相手を良いところを見つけよう

結婚を後悔したときの一つ目の対処法はこれです。

「相手の良いところを見つけること」

嫁や旦那を嫌いになり結婚を後悔する大きな理由は、今回ご紹介した具体的な内容もありますが、大半の人がパートナーである相手のことを減点法式で見ているというのが大きな理由です。

減点法とは、相手のマイナス面を「こんなところがイヤ、あんなところがイヤ」というように、次々と見つけては引き算をしてしまうことをいいます。

これが結婚を後悔し仲の悪い夫婦関係を作ってしまう大きな原因なのです。

愛情のピークである結婚当初が満点だったとしたら、相手の欠点を見つけるごとに持ち点は失われていきます。

結婚すると、相手の長所よりも短所の方が目につくのは、ある程度は仕方がないとはいえ、結婚を後悔したものにしたくないのならば、今すぐこの減点法をやめる必要があります。

しかし急に加点法で考えるのは現実としては難しいことだと思います。

そこでこのような方法で嫁を見るようにしてみませんか!?

その方法とは、YES-BUT法と呼ばれる方法です。

具体的にはこのような感じです。

「たしかに嫁はわがままだ。でも美味しい料理は作ってくれる」

「たしかに見た目は劣化した。でも性格はとてもいい」

「旦那は家事はしてくれない。でも子供の面倒はよく見てくれる」

「旦那は確かに私に無関心だ。でも稼ぎはすごく多い」

減点採点だけをするのをやめて「マイナスな面があるものの、いいところだってある」というようにプラスになるようなことを見つけてみるということです。

すると人間とは不思議なもので「悪いところばかりでもないかも」と思い始め、結婚を後悔する気持ちもいつの間にか薄れていきます。

この方法で当たり前になっていることでもしっかり評価してあげて、結婚を後悔する前に埋もれてしまっている相手のいいところをぜひ探してみてあげましょう。

お互いに「結婚を後悔してる!」から「結婚してよかった」になるのが一番です。

夫婦は仲がいいのがやっぱり一番ですよ! 

結婚を後悔しないための10のアドバイス

f:id:nburin0529:20170922171140j:plain

次の対処法は、結婚を後悔しないために次の10のアドバイスを実践していくことです。

そもそも結婚を後悔しないためにできることって何もないんでしょうか?

決してそんなことはありません。

夫婦というのは合わせ鏡といわれるように、旦那が「嫁のことを嫌い」と言えば嫁も「旦那のことなんて嫌い!」となるものです。

これは逆もしかりです。

「嫌い嫌い。後悔する。後悔する」と言い合っているだけでは一向に夫婦関係はいいものになりません。

そんな「結婚を後悔」している方は次のように行動してみませんか。

結婚を後悔しないための10のアドバイスです。

愛することやデートすることをやめない

妻や旦那がいてくれることを当たり前に思わないことです。結婚のときに一生共に歩んでいくと誓い合った仲なはずです。

そして結婚相手を選んだのも自分自身です。そのことを忘れてはいけません。

愛し続けるということは努力をし続けるということでもあるのです。

相手の性格を変えようとしない

結婚を後悔するからといって、相手の性格や考え方を変えようとはしないことです。

あなたがよくないと思ったところは、あくまで「あなたがよくない」と思っただけのことで、それがすべてではありません。

ただありのままの相手を愛しましょう。

相手を非難しない

どんなに相手の腹が立ったとしても非難はしないようにしましょう。

その怒りの感情はあなた自身の中に起こっていることであり、決して相手のせいではありません。

「結婚を後悔」する気持ちは自分自身の感情です。

自分の感情は自分自身の責任なのです。

感情の波を受け入れる

相手が機嫌が悪いときがあってもそれも認めてあげることです。

誰だって意味も分からずなんだかイライラしてしまうこともあります。

結婚したことを後悔するということも一つの感情です。

それはそれで感情の一つとして認めてもいいのかもしれません。

たまには黙って相手の話を聞いてあげるましょう。

そうすれば相手の感情は自然と収まっていきます。

バカになる

いつも真面目すぎるものよくありません。自分も笑い、相手も笑わせてあげましょう。

笑いがあれば何でもうまくいくようになります。

笑うことが幸せを引き寄せるのです。

相手をいつまでも異性として扱う

結婚生活が長くなってくると、相手のことを異性として見ないようになってきます。

「見えない」ではなく、あなたがそのように「見ない」だけなんです。

これに男女の差はありません。

あなたが相手を異性として見ないからことが、相手の魅力を消していっているのです。

リラックスできる環境を与える

旦那だって妻だって、自分だけの時間が必要なときもあります。子供がいる夫婦なら尚更でしょう。

お互いでリラックスできる環境を与えあいましょう。

二人でお互いの生活を窮屈にしないことです。

許すことを覚える

過去を引きずるより未来を見るようにしましょう。

人間は過ちを犯す動物です。そこに反省は必要ですが、必要以上に相手を追い詰めてはいけません。

お互いが許し合って前に進むべきです。

一緒に成長し続ける

共通の目標や夢を持つことはとても大切なことです。

結構を後悔するということは共有の目標がない場合が多いものです。

二人で一緒にできることを見つけましょう。

迷ったら常に愛を選ぶ

結局のところ、これが一番大切なことです。愛があれば何にでも耐え抜くことができます。

相手のことを嫌いと思えばもっと嫌いになります。

結婚を後悔しても過去には戻れません。

意識して愛しましょう。

相手の良いところを見ましょう。必ず誰にでもいいところはあります。

あなたが愛すれば相手も愛で返してくれるはずです。

※あなたのことが大好きな嫁もいるんですよ!そんな嫁たちの声、一度聞いてみません?

☞ 旦那が大好きすぎる理由10選はこれだ! - 旦那という生き物。

 

結婚を後悔するからって離婚して大丈夫?

f:id:nburin0529:20170220221710j:plain

それでも「結婚を後悔している。やっぱり離婚したい」と思っている方向けに「離婚後の生活に必要なこと」を男女別に3つずつご紹介しておきます。

嫌いだからって、結婚を後悔しているからって、あなたは本当に離婚後に「ひとり」で生きていけます?

下手すれば結婚を後悔する、ではなく、離婚を後悔することになりますよ。

男性が離婚後に必要なこと

まずは結婚を後悔し離婚まで検討している男性向けへのアドバイスです。

生活力が必要です

離婚しても将来のことがわからないのは、誰でも同じです。

次に該当する男性は結婚を後悔するからと言って、簡単には離婚しない方がいいでしょう。

  • 炊事や洗濯、掃除などの家事ができない。
  • 親の介護が将来的に必要になる可能性が高い。
  • 家事や介護などのサービスを頼める経済的な余裕がない。

もちろん例外もありますが、「家のことはなんでも協力的にやってきた」という男性は多くはないはずです。

離婚後の生活が現実になり、はじめて一人で生活してみると、出来ないことだらけなんてことは大いにあり得ることです。

あなたは本当に一人で生きていける生活力がありますか?

いくら稼ぎがあっても、やがて暮らしは荒れたものになり、それと比例して、心まで荒れていきます。

それでは、結婚を後悔するからといって離婚しても意味がありませんよ。

話ができる女性が身近にいるか

離婚して、最初のころはきっと独り身を満喫するでしょう。

一人って自由で最高!って。

しかしそんな気持ちは最初だけです。

そのうち異性と関わりが全くない人生が寂しくなってきます。

そんなときに一人ででもいいので身近にいて欲しい人がこの人!

なんでも話せる「女友達」

長い人生、この先ずっとひとりで生きていくのは寂しいことです。

そんなときになんでも話せるオンナ友達が身近にいることはとても大切なことです。

男性目線だけだと生活が窮屈になりがちですが、そんなときに「もっと上を見て生きようよ!」

このように声を掛けてくれると、離婚後の生活も豊かなものになります。

世間体やメンツは気にしない

結婚を後悔して離婚という選択肢を選んだからには、過去のことは過去のことと割り切り、人生修業だと思って次の幸せに向かって生きていかなければいけません。

逆にいえば、次のような人は安易に離婚してはいけません。

  • 離婚が原因で社会的に問題が起きたり信用がなくなることが心配。
  • ひとりだと身繕いを気にしない。
  • 趣味や生きがいと呼べるものが何もない。

世間体やメンツを気にする男性にとって、離婚後の生活は体裁がよくなくなることはたしか。

事実は異なっていても「妻に逃げられた男」という不名誉なレッテルが貼られたとしても気にせず笑っていられますか?

女性が離婚後に必要なこと

f:id:nburin0529:20170922171254j:plain

次は女性へのアドバイスです。

収入面の不安は解消しておく

旦那との結婚を後悔して離婚したいのならば、収入面の不安を解消しておくことは何よりも大切です。

勤め先がある、預金、不動産収入、慰謝料で生活していくことができるなど、とくに女性の場合は、離婚後の生活で幸せになれるかどうかは、経済的な問題をクリアできるかどうかによるところが大きいものです。

生活費や仕事、住まいの確保など、冷静に考えてみましょう。

収入面の不安を解消する具体的な方法は次の2つがおすすめですよ。

『副業を始める』

具体的に就職先を見つけるのが、離婚に向けて一番の近道ですが、それと合わせて副業を始めてみるのも一つです。

副業で月に数十万円も稼ぐ主婦の方も、世の中には多数います。

⇒ 【主婦の副業】おすすめ人気ランキング!自宅で安全にプチ稼ぎできる副業をまとめました! - 旦那という生き物。

『資格と取る』

仕事を見つけるにあたり何か資格を持っておくことは、今後の生活に大きなアドバンテージになります。

結婚したことを後悔する気持ちをプラスに変えて、自分のために新しいことにチャレンジしてみましょう!

⇒ 【主婦の資格】おすすめランキング人気TOP10!仕事の再就職に有利な資格をまとめました!資格取得は旦那へのイライラ解消にも効果的!? - 旦那という生き物。

メンタルは強くもつ

収入面の問題を解消できたとしても、それだけではやってはいけません。

女性が離婚して一人で生きていくためには、メンタルの強さも必要です。

世間からの中傷には負けない!絶対に離婚したことを後悔しない自信がありますか?

女性がひとりで仕事をしながら暮らしていくのは、ときには寂しく厳しいものです。

結婚したことを後悔して離婚したのに、次は離婚したことを後悔するようになるようでは、目も当てられたものではありません。

豊かな人間関係があるか

最後にもうひとつ、結婚を後悔して離婚するために女性が必要なこと、それはあなたの周りに豊かな人間関係があるかどうかです。

離婚後のひとり暮らしの生活では、以前にも増して人間関係の大切さが身にしみて理解できるようになります。

そんなときに大事な存在になるのが、自分の子どもをはじめてとする家族や友人、離婚経験があって、親身になってアドバイスをしてくれたりする人たちです。

そんな人たちがいるのなら、まずは先に、結婚したことを後悔している気持ちを相談に乗ってもらうのも一つかもしれませんね。 

「本気で離婚したい!」そんな方にはこの団体がおすすめです

「結婚を後悔するどころの話じゃない、こんな結婚生活は本気で嫌だ!」

そんな方には日本シングルマザー支援協会がおすすめです。

この団体は、シングルマザーまたはシングルマザー予備軍の方が多数集まる、日本で有名な団体です。

無料でいろいろと相談にも乗ってくれますよ!結婚を後悔している気持ちを気軽に相談してみましょう!

⇒ 日本シングルマザー支援協会をシングルマザーとその予備軍の女性の方に強くおすすめしたい! - 旦那という生き物。

結婚を後悔しているからって簡単に離婚はしない方がいいよ

f:id:nburin0529:20170220221457j:plain

嫁が嫌い!旦那が嫌い!結婚を後悔している!

だからといって、離婚をしたといっても、自分らしく楽しい人生を歩んでいけるかどうかは分かりません。

ひとつだけ言えることは、特に男性の場合は女性より生活力が乏しく、意外と女性より寂しがり屋だということ。

女性の場合は離婚すれば一人で生き生きと生きていける可能性はありますが、おそらく男性は独り身だと寂しい老後を送ることになると思います。

嫁が嫌いで結婚を後悔している?

いやいや、そう思えてるうちがまだ花なのかもしれませんよ!

誤って離婚なんていう結論は簡単にださないようにしましょうね!

 

結婚ストレスを解消する方法をご紹介!

最後に一つ、結婚を後悔されている方に、結婚生活のストレスを解消するオススメの方法をご紹介しておきます。

 

全国の多くの人が利用していますよ。あなたもぜひ利用してみてください。

詳しくはこちらでご紹介しています!

⇒ 旦那のストレスを解消する方法はやっぱりこれ!多くの方が利用しています!もちろんあなたも使ってますよね? - 旦那という生き物。

 

※こちらは嫁の反論の声です。

ぬぬぬ!生意気な嫁が何か言ってますよ!

www.dannadesu.com

こんなのまで~!

旦那と別れたい理由トップ5!家事しない!暴言!甲斐性がない!浮気!酒癖が悪い旦那は捨てられます! - 旦那という生き物。

こちらから当ブログのTOPに戻れます。

旦那が嫌い。旦那にイライラする。旦那がむかつく。という世の妻のために。 - 旦那という生き物。