旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

結婚生活に疲れた!辛い!そんなときは相手の短所を長所に変えてみよう。

f:id:nburin0529:20170208230946j:plain

【2017年4月22日更新】

いきなりですけど。結婚生活に疲れていません?結婚生活も長くなってくるといろいろな事がありますよね。

「結婚生活に疲れた!辛い」「独り身になりたい!」という方へ。今回はそんな気持を解消する方法をご紹介します。

 結婚生活が疲れる、辛い理由

f:id:nburin0529:20170208231029j:plain

結婚生活に疲れる、辛い理由はいろいろとあります。

妻からすると、共働きなのに旦那がまったく家事や育児に協力しない、そもそも旦那が子どもで役に立たない、嫁姑問題に代表される親戚づきあいなどなど。

旦那側から見れば、一生懸命家族にために頑張って働いても妻が認めてくれない、必要以上に束縛される、自由がないなど。

昔から「恋は盲目」「あばたもえくぼ」といわれるように、恋愛はマイナス面をプラス面へと転換させる力を持っていると言われています。

人を見る視点を変え、困難さえもいとわない力を発揮するという意味で、恋愛は力強い力を持っています。

ただ、その勢いで結婚すると、結婚「後」に思わぬ後悔をすることになり「結婚生活に疲れた」となってしまうのです。

例えば、ある女性は大学一年生のときから、今の旦那さんと付き合って、20代のうちに結婚しました。

結婚前の旦那さんはマメで優しく、旦那さんと一緒にいるときは自分でクルマのドアを開けたことがないほど、レディーファーストを徹底されていたのです。

旦那さんのその優しさ、マメさが気にいって結婚、二人の子宝にも恵まれましたが、なんと旦那の浮気が発覚。しかもその相手は複数人ということで、最終的にこの夫婦は離婚をすることになります。

この旦那は「どんな女性に対しても」マメで優しかったのです。

よく言われる「女たらし」と呼ばれる種族だったのです。

その女性は結婚するまでにそのことに気づかなかったことを心底後悔しました。

長所と短所は表裏一体だとよく言われています。

「しっかり者」が「いちいち細かい」

「やさしい」が「優柔不断」

「芯が強い」が「頑固者」

その人の見方によって、それは長所になったり短所になったりするのです。

結婚生活に疲れた、辛いという理由は家事、育児、仕事との両立など肉体的な辛さももちろんあります。

しかし、そこは夫婦関係が上手くいっているなら、お互いをフォローしながらやっているのなら「結婚生活が疲れた、辛い」という風にならないと思うのです。

「結婚生活に疲れた、辛い」と感じる本当の理由はこれなんです。

相手の長所を短所に感じだし、夫婦仲がうまくいっていない。

これに尽きます。

長所が短所になってしまう

f:id:nburin0529:20170208231108j:plain

妻が「疲れた、辛い」と感じるケース

結婚前は旦那の「やさしい」ところが長所だと思っていたのに、結婚したら頼りがいを求めだし、そんな「やさしさ」が「頼りない」という短所に感じていまう。

こういうことってよくあることですよね。

他にも「仕事ができる」ということは長所には違いありませんし、妻から見てもそんな旦那は頼もしい存在のはずです。

ところが、平日は毎日、残業や接待、付き合い、部下のフォローで午前様、一緒に夕食を取るどころではなく、休日は休日で接待ゴルフや残務整理で休日出勤。

ほとんど夫婦のコミュニケーションがないどころか、顔も合わせないような生活が続き「なんか違う」という疑問を持つようになります。

夕食も一人、休みの日も一人、身体の調子が悪くても、病気で寝込んでも旦那はいつも仕事ばかり、いったい何のために結婚したのか分からない。

そうしてこう感じるのです。

「結婚生活に何だか疲れた」と。

旦那が「疲れた、辛い」と感じるケース

旦那が「結婚生活に疲れる」ケースは次のようなときです。

恋愛時代の妻は気が利き、世話好きな女性、そんなところを長所と感じ結婚。

デートのときは手作りのお弁当を作ってきてくれたり、自分の部屋を掃除してくれたりする家庭的なところが大好きだった。

しかし結婚して、半年、一年と経ちだすと、全部のことに口を出され手を出されることがとてもストレスに。

世話好きという長所が束縛されているという短所に変わるのです。

でも、このもともと旦那にあれこれ世話を焼いてくれるのは、愛情がなければできないことです。

それを行動だけをとらえて「あーもう放っておいてくれ!」と感情を爆発させるのは夫婦喧嘩の元になり、夫婦仲を悪化させる要因になります。

結婚生活に疲れた、辛いときの2つの対処法

f:id:nburin0529:20170208231456j:plain

もう一度言いますが、結婚生活に疲れた、辛いと感じる理由は肉体的な疲れは横に置いておいて、夫婦の仲が上手くいっていないことが大きな要因です。

ですのでこの「疲れた」「辛い」という気持ちを解消するためには夫婦仲を良くする必要があります。 

ここでは、そんな辛い気持ちを解消する対処法を2つご紹介していきます。

相手の短所を長所に変える

結婚生活に疲れた、辛いと感じるときの解消法の一つ目はこれです。

相手の短所を長所に変えて「見る」ということ。

この「見る」というところがポイントです。

ここまでお話した通り、人の長所と短所というのは表裏一体であり、人の見方によって変わるものです。

相手の「短所」として見ているところを「長所」として見るようにすれば、夫婦のいざこざが減っていき、自然と夫婦仲はよくなっていきます。

それと合わせ「結婚生活に疲れた、辛い」という気持ちもなくなっていくはずです。

短所だと感じることを長所と思うことは最初は難しいかもしれません。

しかし結婚前は少なくともその短所の部分を長所だと感じていたはずなんです。

相手の短所を長所に変えて「見る」

これを習慣づければ、相手の短所は長所に変わっていきますよ。

そうすれば「結婚生活の疲れた、辛い」気持も少しは解消されるはずです。

疲れの原因を見つめ直す

f:id:nburin0529:20170409163419j:plain

結婚生活に疲れた、辛いと感じるときの解消法の二つ目はこれです。

結婚生活のストレスを解消するために、独身時代のような冷静な目に戻って、客観的に夫婦関係を再チェックしてみること。

長年、違う価値観を持つ、別の家庭で育ってきたもの同士、ささいなことでもこんなに違うところがあるんだな、という事実をただ単に認め合う機会を作りましょう。

認め合うことが、結婚生活のストレスを減らすことに繋がります。

夫婦の「生活相性」再チェック

f:id:nburin0529:20170409163500j:plain

チェックする内容は、たとえば、次のようなところを確認してみましょう。そこが結婚生活の疲れになっているかもしれません。

ちなみに、チェック内容は妻が専業主婦の場合と、共働きの場合とでは「相性」チェックも若干異なります。

詳しくはこちらをご覧くださいね。

結婚生活がストレス!解消法は夫婦の生活相性を再チェックしてみることです。 - 旦那という生き物。

結婚生活は相手の個性を尊重することが大切

f:id:nburin0529:20170409163530j:plain

夫婦間の「生活相性」が悪いと、ただ普通に結婚生活を送っているだけでも、その生活は疲れ、ストレスが溜まりやすいものです。

そうした状態では、心に余裕も生まれませんし、疲れた妻や旦那に対しても、思いやりの気持ちを持つことができません。

自分は、相手のどこにイライラし、ストレスを感じているのか。言えないでいる不満は何なのか。

それをはっきりと認識することが、結婚生活の疲れた、辛い気持ちを解消する、何よりの方法となるのです。

こちらの記事も、結婚生活のストレスを解消するために参考になります。よかったら合わせて読んでくださいね。

夫婦の価値観が違う!新婚でも離婚したい!そんな人が知っておきたい5つのこと! - 旦那という生き物。

 

👍旦那が嫌い!むかつく!イライラするという人の多くが利用するオススメの方法!あなたも今すぐに初めてみましょう!

 

※こちらから☟当ブログのTOPに戻れます。

旦那が嫌い。旦那にイライラする。旦那がむかつく。という世の妻のために。 - 旦那という生き物。