旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

離婚後の生活に必要なこと3選!女性・男性別に紹介します!

f:id:nburin0529:20170220221348j:plain

【2017年4月8日更新】

あなたは本当に「ひとり」で生きていけますか?

離婚したいと思うのなら、離婚という結論を最終的に下す前に、必ずやっておきたいのが離婚後の生活のシュミレーションです。

離婚には結婚の何倍ものエネルギーが必要である。そんなことを聞いたことはありますよね?

 実際にそれは事実なんです。

そして大変な思いをして離婚が決まった後も、今度はそこから先にずっと続いていく離婚後の生活についても考えなくてはならなくなります。

果たして、離婚という選択肢が自分の幸せにつながる道なのかどうか。それは離婚という結論を出す前に考えておきたいこと。

今回は「離婚したい」と思っている方に、離婚後の生活がどういったものになるのかを考えるヒントを女性、男性別に3つずつご紹介します。

※最後に「離婚後に子供に会えないときの対処法」も追記しました。

女性が離婚後の生活に必要なこと3選

f:id:nburin0529:20170220221426j:plain

収入面の不安は解消しておく

まず妻であるあなたは、次の項目にあてはまりますか?

  • 生活していけるだけの収入がある。
  • 無職だが、預金や不動産などの資金で生活していくことができる。
  • 慰謝料や財産分与などで生活していくことができる。

とくに女性の場合は、離婚後の生活で幸せになれるかどうかは、経済的な問題をクリアできるかどうかによるところが大きいものです。

勢いで離婚をしても、その後の生活費に困ってしまうようでは行き詰ってしまうのは明らかだからです。

生活費や仕事、住まいの確保など、冷静に考えてみてください。

さきほどの3つの項目のどれにもあてはまるものがないようでは、すぐに離婚に踏み切るのは難しいと考えた方がよさそうです。

メンタルは強くもつ

また、お金の問題が解決しそうだからといって、たとえば、次のような項目はあてはまりますか?

  • この先ずっとひとりで暮らしても、精神的に苦痛ではないと思う。
  • 世間に離婚したことが分かっても痛手ではないし、中傷に負けない覚悟もある。
  • 絶対に離婚したことを後悔しない自信がある。

メンタルの強さを表すこのような項目にあてはまる人であれば、新しい生活で幸せをみつけることができる人だと言えます。

離婚を一つの区切りとして自覚しつつ、自由と自分らしい生き方を自分の手で掴み取った喜びを感じながら、離婚後の生活を新しい道として歩んでいくことができるからです。

反対に、いつまでも離婚を苦にしたり、配偶者を恨んだりして笑顔ひとつない暮らしを続けていくようであれば、離婚をしても気持ちは後ろ向きのまま、離婚後の生活は幸せなものにはならないでしょう。

とはいえ、楽観的になればいいというものでもありません。

「離婚なんてどうってことない。また、次に新しい彼を見つければいいだけのことじゃん」

こう考え再婚に対して過剰に期待を膨らませている人に限って、なかなか次の恋人候補が現れないケースも少なくないのです。

将来のことは誰にもわからない分、離婚を決断するときは誰でも不安に思うものです。

ですが、そこで大切なのは「絶対に幸せになる!」という気持ちの強さです。

「なんとななるさ」よりももっと強い、「幸せになってみせる!」という覚悟こそ、離婚後の生活を幸せなものにするのです。

女性がひとりで仕事をしながら暮らしていくのは、ときには寂しく厳しいものです。

ですが「幸せになろう!」という覚悟を持って生きていくことが、離婚後の生活を豊かなものにするためにはとても大切なことなのです。

豊かな人間関係を築く

最後にもうひとつ、離婚後の生活を幸せなものにできるかどうか、次の項目もチェックしてみてください。

  • 親身になって相談できる友人や知人がいる。
  • あなたを応援してくれる子どもがいる。
  • 相談できる離婚経験者が身近にいる。

離婚後のひとり暮らしの生活では、以前にも増して人間関係の大切さが身にしみて理解できるようになります。

そんなときに大事な存在になるのが、自分の子どもをはじめてとする家族や友人、離婚経験があって、親身になってアドバイスをしてくれたりする人たちです。

誰を大切にして生きていきたいか、誰と向き合って人生を歩んでいきたいかを改めてじっくり考えてみる必要があると思います。

離婚後の生活に一歩踏み出す前に

f:id:nburin0529:20170326001718j:plain

離婚後の生活に一歩踏み出す前に、次のことはぜひ内容に合わせて一度確認しておきましょう。

可能ならば相手とやり直したいと考えてる方へ

離婚後の生活にやはり不安がある方、可能ならば離婚を回避したい方向けに、そんな気持ちを解消する方法をご紹介しています。

【旦那が嫌いだから離婚したい。そんな気持ちを解消する方法があるんですけど試してみます?】

結婚生活に疲れた!辛い!そんなときは相手の短所を長所に変えてみよう。 - 旦那という生き物。

離婚の準備を具体的に始めたい方へ

離婚後の生活に向けて、前向きな気持ちになれた方は、次の段階に進みましょう。まずは離婚問題の相談窓口はどういったところがあるのかは知っておいた方がいいでしょう。

こちらで詳しく説明しています。

【旦那と離婚したい】離婚問題を相談する窓口を探すために知っておきたい4つのこと! - 旦那という生き物。

離婚後の生活を有意義なものにするためには、何よりも有利な条件で離婚を成立させることが一番大切です。

こちらは必ず確認しましょう。

【離婚の準備】旦那と別れたい。後悔しないための極意3カ条!離婚の種類もお教えします。 - 旦那という生き物。

男性が離婚後の生活に必要なこと3選

f:id:nburin0529:20170220221710j:plain

次は離婚を考えている男性に、離婚後の生活に必要なことを3つご紹介します。

あなたは本当に離婚後に「男ひとり」で生きていけますか?

離婚後の生活がどのようなものになるかイメージできていますか?

昔は「旦那の浮気や不倫が原因で妻が離婚を考える」というパターンが多かったようですが、今どきは夫婦問題もさまざまなバリエーションがあるため、離婚を考える男性も少なくはないようです。

生活力を身につける

離婚後の生活に不安をもつのは、男女の性別に関係はありません。

将来のことがわからないのは、誰でも同じだからです。

それでは早速ですが、まずは離婚を考えている男性の方は、次のチェック項目を見てください。

  • 炊事や洗濯、掃除など、一通りの家事はできる。
  • 親の介護は責任をもって自分でできる。
  • 家事や介護などのサービスを頼める経済的な余裕がある。

もちろん例外もありますが、離婚を考えてはいるものの「家のことは今まですべて妻にまかせてあってので」という男性は少なくないはずです。

離婚後の生活が現実になり、はじめて家事などの細々とした日常生活のことに直面して困惑するケースもあります。

そんな男性には、まず朝起きしてから夜寝るまで、家の内と外でどんなことが起きて、何をしなければいけないか、細かく想像してみることです。

銀行通帳や生命保険の管理、クリーニングの出し方など「何も知らない」男性は多いはず。

家事ができないことは生活力が乏しいということ。

それではいくら収入があっても、やがて暮らしは荒れたものになり、それと比例して、心まで荒れてしまっては離婚した意味がありません。

親の介護のことも大きな問題の一つ。

ひとりで抱え込むのは経済力が必要になることはもとより、体力面や精神面でも負担になってくるでしょう。

それがあなた一人にできますか?

話ができる女性が身近にいるか

離婚するには、自分が離婚前より幸せになるためでなければならないと思います。

もしも、次の項目がクリアできた場合はどうでしょうか?

  • セックスの相手には困らない。
  • この先、セックスがなくても平気だ。
  • なんでも話せる「女友達」がいる。

3つの項目のうち、ひとつもあてはまるものがない人は、今のうちから対策を考えておいた方がいいでしょう。

長い人生、この先ずっとひとりで生きていくのは寂しいことだからです。

女性の方は生活力が基本的に身についていますので強く生きているケースが多いですが、男性はそうではありません。

生活が荒むにつれ、老後ひとりで生きていることがとても辛くなってきます。

離婚直後は、結婚や同棲に懲りた気分でいるかもしれませんが、しばらく経つうちに愛しい人のぬくもりや心から理解し合える相手が欲しくなるものです。

もちろん、離婚後、新しいパートナーを求めて婚活を始めることはとてもいいことです。

前向きに婚活した結果、ひとりで生きていく道を選んだとしても後悔はないでしょう。

おすすめできないのは、離婚をしても幸せになろうとせず、いつまでも前の妻に未練を残したり、離婚したことに対して後ろめたさを感じ続けることです。

世間体やメンツは気にしない

離婚という選択肢を選んだからには、過去のことは経験であり、人生修業だと思って次の幸せに向かって生きる覚悟が必要です。

次に多くの男性にとって、女性よりも問題になることがあります。

  • 離婚が原因で社会的に問題が起きたり信用がなくなっても耐えられる。
  • ひとりでも身繕いには気を使えるし、食生活も乱れる心配はない。
  • ひとりでも退屈しない趣味や生きがいと呼べるものがある。

世間体やメンツを気にする男性にとって、離婚後の生活は体裁がよくなくなることはたしか。

事実は異なっていても「妻に逃げられた男」という不名誉なレッテルが貼られたとしても気にせず、笑って受け流せたり堂々としている覚悟はありますか?

仮に、離婚を理由に出世や昇進の道がなくなったとしても、やけくそにならずに仕事を続けていくことができますか?

さらに、慣れないひとり暮らしで、身なりがボロボロになったり、食生活が乱れて健康面にも影響が出たりする心配や、孤独に耐えきれないという不安もあるということです。

離婚は幸せになるための目的

f:id:nburin0529:20170220221457j:plain

離婚は、自分が自分らしく生きていくための「手段」の一つであって、「目的」にすることがあっては幸せにはなれないと思います。

そのくらい厳しく考えて、はじめて離婚という選択で自立した生活を送ることができるのではないでしょうか。

今回いろいろ書かせてもらったチェック項目は、どれもチェック数を気にするものではありません。

あくまで、離婚後の生活をシミュレーションするためのものです。

離婚をしたところで、自分らしく楽しい人生を歩んでいけるかどうか、結論を出す前にもう一度、「離婚後の生活」のことを考えてみてはいかがでしょうか。

離婚後の生活が幸せなものになるよう、今回ご紹介した内容は、離婚を決断する前にぜひ一度チェックしてみてくださいね。

離婚後の生活で子供に会えないとき

 

f:id:nburin0529:20170122205515j:plain

離婚後の生活に必要なこととして、男女別にそれぞれ3つのことをご紹介しましたが、今回は追記として「離婚後に子供に会えないとき」の対処法をご紹介します。

離婚を検討している人は離婚後の生活で子供に会えず泣き寝入りすることがないよう、親権や面会交流の基本的なことについては、事前に身につけておきましょう。

特に、離婚後子供に会えないという事態を避けるためには「間接強制」という言葉を覚えておいて損はないでしょう。

面会で合意しても会えない

f:id:nburin0529:20170122205636j:plain

離婚調停において、面会に日数などにお互いが合意したとしても、現実的には次のような人が多いんです。

僕の男性知人も離婚を5年前ぐらいに経験し、長男ともう3年以上会っていない。毎年長男の誕生日にはプレゼントを贈っているが、元妻の側からは何の連絡もないといいます。

離婚の条件で折り合わず、調停までもつれたものの月1回2時間、長男と面会することで合意をしたはずなのに。

三か月たっても状況は変わらず、しびれを切らしたその知人は、調停内容に基づいて裁判所に面会交流の履行勧告を申請。

家裁の調査官による子供へのヒアリングを実施してもらったが「お子様が強く拒否しています」とのことだったようで。

「どうやら近く再婚するんだって」

その知人は僕にそう教えてくれました。元妻の友人からそう話しを聞き、面会交流を避ける理由が分かった気がしたそうです。

このように離婚調停において、離婚後の子供との面会計画を合意したとしても、相手の意向によって子供に会うことができないリスクが存在するのです。

間接強制が効果的

f:id:nburin0529:20170122205730j:plain

こんな知人のケースを避けるために、大きな効力をもつのが「間接強制」という制度です。

離婚後に面会を実施しなかった場合に、相手方に金銭を支払わせる仕組みで、2013年に最高裁が一回につき5万円の間接強制を認める判断を示したことで、近年これで争うケースが増えています。

※間接強制の詳しい説明はこちら 

裁判所|間接強制

簡単にいうと、離婚後の生活で子供と会わせると約束をしたのに、それを守らないならばお金を払えということ。

離婚後は親権を持とうが持たまいが、どちらの親も金銭面で苦労することが多いものです。

この間接強制というのはそう考えると「子供と会えない」事態を避けるためにかなりの効果があるように思います。

ただ、ここで注意したいのは間接強制が有効なのは、面会日時や頻度だけではなく、時間の長さや引き渡しの方法などを具体的かつ詳細に決めてある場合。

離婚調停において、より詳細な面会交流の内容を決めておく必要があるということです。

これまでの判例から、少しでも曖昧な項目があると、間接強制が認められない傾向があるため、手続きに向けては弁護士など専門家に判断をぜひ仰いでもらった方がいいでしょう。

離婚を考えている人は離婚後の生活で「子供に会えない」という事態にならぬよう、この間接強制はぜひ覚えておいてくださいね。

こちら関連記事です。ぜひ内容に合わせて確認しておきましょう。

※可能ならば相手とやり直したいと考えてる方へ

離婚後の生活にやはり不安がある方、可能ならば離婚を回避したい方向けに、そんな気持ちを解消する方法をご紹介しています。

【旦那が嫌いだから離婚したい。そんな気持ちを解消する方法があるんですけど試してみます?】

結婚生活に疲れた!辛い!そんなときは相手の短所を長所に変えてみよう。 - 旦那という生き物。

※離婚の準備を具体的に始めたい方へ

離婚後の生活に前向きな気持ちになれた方は、次の段階に進みましょう。まずは離婚問題の相談窓口はどういったところがあるのかは知っておいた方がいいでしょう。

こちらで詳しく説明しています。

【旦那と離婚したい】離婚問題を相談する窓口を探すために知っておきたい4つのこと! - 旦那という生き物。

離婚後の生活を有意義なものにするためには、何よりも有利な条件で離婚を成立させることが一番大切です。

こちらは必ず確認しておいた方がいいでしょう。

【離婚の準備】旦那と別れたい。後悔しないための極意3カ条!離婚の種類もお教えします。 - 旦那という生き物。