旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

お金が貯まらない方必見!お金を貯めたいなら「幸せなこと」に使うことから始めてみましょう!

f:id:nburin0529:20170523224433j:plain

お金が貯まらない!貯金ができない!お金が~お金が~!と考えながら、毎日を過ごしている方は、この世の中には多いと思います。

今回はそんな「お金が貯まらない!お金を貯めたい」という方向けに、お金が貯まる考え方をご紹介していきます。

 ポイントは、お金に対する意識を変え、お金に対する意識が変わることで現実のお金の流れも変わっていくということを知ることです。

お金が貯まらないとなげいている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

お金ってそもそも何なの?

f:id:nburin0529:20170523224517p:plain

海外旅行に行った際、日本円を現地の通貨に両替して、なんだか違和感を覚えたことはありませんか?

「これって、本当に使えるの?」とか、「なんだか、オモチャのお金みたい」とか。そんな風に思ったことは、なかったでしょうか?

そう、お金は、あなたがそれをお金と見なさない限り、価値を持つことはありません。その違和感は馴染みのない外国のお金を見て、その紙切れをあなたがお金を認識できないために起こる、正常な反応に他なりません。

実際のところ、現在流通しているお金自体には、ほとんど価値はありません。貨幣とは、単に「数字が書かれた紙切れ」に過ぎません。

日本円のい万円札をつくるコストは、だいたい20円くらいだと言われていますから、原価一枚20円の紙切れを求め、私たちは日々、一喜一憂しているのが事実に近い状況です。

その紙切れを欲しがって、それを奪い合い、それが原因で殺し合ったりする人間の姿は、他の星の住人から見れば、きっと理解不能なはずです。 

お金が貯まらない2つの理由とは

f:id:nburin0529:20170523224551j:plain

お金が貯まらない理由は、なんだと思いますか?

その理由は、突き詰めると次の2つに集約されるんです。

お金を貯めようとするから

一つ目のお金が貯まらない理由はこれです。

お金を貯めようとするから(貯め込みタイプ)

お金が貯まらない理由に「お金を貯めようとするから」は、「ん?どういう意味?」と思われた方も多いかもしれません。

これは次のように考えてください。

「お金を貯める」=「お金を集める」ということは「人気がでる」ということと同じことだと思ってください。

たええば、歌手として人気がでるためには「「自分の歌声を聞いてもらうためにはどうすればいいか?」を考え、目の前のお客さんを前に精一杯歌い、その結果として人々に愛されるというステップが存在します。

まず周りの人々に対して「自分のエネルギーを出す」というアクションを起こした結果として、「人気」という人々からのエネルギーを得ることができるのです。

お金が貯まらないと嘆く人は、まずはこのことを理解することがとても大切です。

つまり、お金を貯めたいのなら、お金も同じように、「まず出るのが先」ということです(こことても重要です)

なぜなら「出したエネルギーと、受け取るエネルギーは同じ。先に投げたエネルギーだけ、後から自分が受け取ることになる」というのが、すべてに通じるエネルギーの法則だからです。

お金の流れも、この法則と一緒なんです。

このタイプがお金を貯めたいなら

では、この「貯め込みタイプ」は、お金を貯めたいなら、具体的に何から始めればいいのでしょうか。

まずは「先行きが不安」「老後が心配」「学費としてこれだけは絶対必要」「これがなければ家が買えない」このような、不安な気持ちでお金を貯めようとするのを、ちょっとやめてみましょう。

その上で、気持ちよく「お金を出す」ことを考えてみてください。

例えば手元に千円あったとします。そんなときはこんな風に考えてみてください。

「このお金で家族が喜ぶ美味しい料理を作ってあげよう」

「そのためにどんな食材を選んでどんな味付けにすればいいかあれこれ楽しく考える」

「家族が喜ぶ笑顔を見たいな」

このように自分の周りの人が幸せになるようなお金の使い方をするわけです。

これは先ほどの話に当てはめますと、「自分のエネルギーを出す=まずお金を出す」ということになります。

今あるお金を貯めようとするのではなく、「このお金を、誰のために、どう使ったら、喜んでもらえるだろうか?自分の気持ちがいいだろうか?」を考えて実行することが、「まずはお金を出す」ということ。

そうすれば、たとえば自分の健康について考えるときも「万が一行基になったときのためにお金を貯めよう」ではなく、「健康に楽しく過ごせるように、運動のためにお金を使おう」というふうに、自然と前向きなプラス思考の考え方になっていきます。

お金が貯まらないと嘆く人ほど、このことを意識する必要があるのです。

お金が貯まらない理由はどんどん使ってしまうから

f:id:nburin0529:20170523224609j:plain

では二つ目のお金が貯まらない理由にいってみましょう。

二つ目はこれです。

「どんどん使ってしまうから」(浪費タイプ)

いやいや。当たり前の理由だろ!というところでしょうが、これは単純明快な理由です。お金をどんどん使うのだから、貯まらなくて当然です。

このタイプがお金を貯めたいなら

では、この「浪費タイプ」がお金を貯めたいならどうすればいいのでしょうか?

この答えは「クレジットカード」を持つのをやめ、すべてを現金決済にする」だけです。

クレジットカードによって、本当はないのに、あるように見えるお金が存在するから、「無駄使いしても、なんとかなるか」という気持ちになるのです。

冷静に考えてみてください「現金が底をつく=何も買えない」という状況ならば、浪費のしようはないのです。

今の時代、クレジットカードの方が安くものを購入できる、割引ポイントが貯まるなどの理由で、クレジットカードの存在に肯定的な意見が多いですが、僕はこの意見には反対です。

クレジットカードは結局は、心が大きくなり、現金以上の浪費をする人がほとんどです。

実際、僕はクレジットカードは一枚も持っていません。昔からそのような考えで、手持ちの現金と相談しながら、モノの購入をします。

確かに、ネットでどうしても購入したいものなど、クレジットカードでしか購入できない場合もあったりしますが、どうしてもじゃない場合でなければ、その時点で購入を諦めます。

どうしても必要な場合は、その都度、妻のクレジットカードを借りて購入するようにしています。その時点で妻に現金を渡すの、僕からすれば現金購入と同じでなのです。

浪費タイプの方でお金が貯まらない方は、ためしに、給料、小遣いをすべて財布に入れて、一か月間ずっと現金決済の生活をしてみましょう。

あなたが使えるお金は、財布の中にある分だけです。

月の始めに洋服代や飲み代で、かなりの金額の浪費をしてしまったとしたら、残りの何日かはコーヒーすら飲めないかもしれません。

しかし、そういう現実に直面することによって、浪費癖はたいていの場合治っていくのです。

また、「むしゃくしゃするから、何か買っちゃおう」という気持ちがある人は、「お金を使える自分に価値がある」と感じ、高揚している部分があります。

ただ、これは「今の仕事に不満がある」など、ストレスを抱えており、現実から目をそらしたい意識の表れです。

そして浪費した後に落ち込んでしまう人、とくに「落ち込むとわかっているのに買ってしまう」人は、「こんな自分はなんてダメなんだろう」と思うわけですから、自分に罰を与えているといっても過言ではありません。

まずはそういうスパイラルに陥っていることに気づきましょう。

お金が貯まらないこのような浪費タイプは「周囲が助けない」ことも大切です。

このタイプの周りには、必ず手を差し伸べるタイプの人間が存在します。本人は人助けをしているつもりですが、本当は共依存関係に過ぎず、浪費タイプの浪費グセを助長することになってしまっています。

お金が貯まらない人ほど上手く使うべし!

f:id:nburin0529:20170523224626j:plain

「お金がほしいと思う気持ちは卑しい」

「お金が多すぎても少なすぎてもロクなことがない」

など、お金が貯まらない人ほど、お金に対しマイナスの感情を持つ人はとても多いものです。

しかし、お金の本質とは本来は次のようなものです。

「人の思いや気持ち=人のエネルギーを増幅するもの」

たとえば、「お金なんて大嫌いだ、だから自分は他人より金持ちになって世間を見下してやる」と考える人が、その思いをバネにして、お金持ちになったとします。

すると、その人の思いは本人が思っている以上に周りの人に伝っているので、「アイツは金持ちだが、世間を見下している」と思われて、周囲の人々のネガティブな思いが込められたお金が、その人の元に集まってくることになるのです。

逆に、周囲の人々に感謝しながら「ありがとう」という気持ちでお金を払ったり、受け取ったりしている人は、その感謝の気持ちがお金を通じてより大きく増幅されて、巡っていくのです。

つまり、お金というものは、あなたと周囲の人々の思いや気持ちを結ぶ重要なコミュニケーションツールということです。そして、その思いや気持ちは、お金を通じてより大きくクローズアップされて相手に伝えられるのです。

あなたがお金を払うとき、もらうときに「本当にありがとう」と感謝した思いは、相手により大きな感謝として伝わります。

逆に、「こんな程度でこんな高い金をよく取れるなと」と思って払ったり、「この程度しかもらえないのか」と思いながら受け取ったりすれば、そのマイナスエネルギーは、より強力なマイナス力で伝わります。

しかも、その相手は、あなたのことをよく知っている人たちばかりではありません。時には、あなたのまったく知らない人に対しても、お金を通じてあなたの思いが届けられることもあるのです。

あなたが、周囲の人にどんな思いや気持ちを届けたいですか?そして、相手からどんな思いや気持ちを受け取りたいですか?

そこを意識すれば、お金に対してポジティブとネガティブ、どちらのイメージを抱きながら毎日を過ごすと良いかはわかるはずです。

お金を貯めたいのなら、まずはお金に対する意識を変え、周りの人、そして自分自身も幸せになることに「使う」ことから始めてみましょう。

お金は天下の回りもの!これって本当なんです。

血液の循環と同じです。貯めたいのなら使う!このことを忘れないでくださいね。

ただし、周りの人、自分自身も幸せになることに「使う」ですよ!ただの浪費じゃ意味ないですからね。

※こちらから☟当ブログのTOPに戻れます。

旦那が嫌い。旦那にイライラする。旦那がむかつく。という世の妻のために。 - 旦那という生き物。