旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

旦那がすぐに怒るのはなぜ?売り言葉に買い言葉の不毛な夫婦喧嘩はすぐにやめるべきです!

f:id:nburin0529:20170626220924p:plain

旦那がすぐに怒るのはなぜ?

売り言葉に買い言葉の夫婦の不毛な争いをやめるには?

今回は「旦那がすぐに怒る理由」と「売り言葉に買い言葉の夫婦喧嘩をやめるために意識したい5つのこと」をご紹介します。

すぐに怒る旦那に妻はストレスがいっぱい

f:id:nburin0529:20170626220939j:plain

怒るか、決めつけでコミュニケーション終了、ちょっと気にいらないことがあると、すぐに「俺に命令するな」だの「うるさい」だの怒りだすからイヤ。

旦那に対して、そんな気持ちを持つ妻も多くいます。

怒られたり、決めつけられたりした場合、それ以上、話し合いを進めても喧嘩になるだけ。

そんな、すぐに怒る旦那を持つ妻は、そこで仕方なく引き下がります。

そして夫婦のコミュニケーションはそこで途絶えてしまうわけです。

怒らせないように気をつかい、それでも怒られて、言いたいことを言えずにいる妻の心はストレスでいっぱいです。

そして、旦那に対するたまりにたまったストレスが、ある日、突然、爆発するのです。

旦那がすぐに怒るのはなぜ?

それにしても旦那がすぐに怒るのはなぜなのでしょうか?

多くの夫婦の場合、だいたい次のような流れで会話が始まり、旦那がすぐに怒るという構図が出来上がります。

妻が攻撃 ⇒ 妻は自分が攻撃したとは思っていない

⇒旦那には「いきなり」と感じられる ⇒ 旦那からの反撃(妻から見てすぐに怒る)

※このとき、旦那は闘争本能が働き、妻より上に立とうと、強力に反撃します。

⇒「うるさい!」「お前は黙ってろ!」(喧嘩打ち切り)

⇒妻が少しでも言い返そうなものなら「だれに食わせてもらってると思ってるんだ!」

⇒妻は不完全燃焼、ストレスとなって心にたまる。

 

このように、旦那がすぐに怒るのは、「あれやってよね」「この前お願いしたじゃん」と、妻からすれば普通のつもりでした会話が、旦那にとっては、妻から攻撃された、と認識するからなんです。

売り言葉に買い言葉の否定スパイラルに陥らないためには

f:id:nburin0529:20170626221003j:plain

夫婦喧嘩は犬も食わないなどと言いますが、喧嘩ばかりの夫婦関係はやはり円滑とはいえません。

旦那がすぐに怒るとはいえ、それに妻が対抗しだすと、お互いへの否定はエスカレートし、一発即発の状態が続きます。

その喧嘩はまったく中身のない、売り言葉に買い言葉の不毛な争いに。

売り言葉に買い言葉の夫婦喧嘩をやめるには、どういったところを意識すればいいのでしょうか。

ここでは、売り言葉に買い言葉の夫婦喧嘩をしないために、意識した方がいいことを5つご紹介します。

言動から悪意を読み取らない

売り言葉に買い言葉の夫婦喧嘩にならたいために、意識したい1つ目のことはこれです。

相手の言動から必要以上に悪意を読み取らないこと。

対立する相手の言動は、たとえ相手が無意識におこなったものであっても、裏に悪意があるように思いがちです。

必要以上に相手の言動から悪意を読み取ることはやめましょう。

よりショックを与えようとしない

売り言葉に買い言葉の夫婦喧嘩にならたいために、意識したい2つ目のことはこれです。

よりショックを与えようとしないこと。

夫婦喧嘩が激しくなると、当たり障りのないやりとりは消え、互いに傷つけ合うような、ショック度の大きい言葉の応酬が始まります。

しかしこれでは、夫婦関係を良好にするような前向きな話し合いにはなりません。

相手によりショックを与えようとして、汚い言葉を使うのはやめましょう。

必要以上に非難しない

売り言葉に買い言葉の夫婦喧嘩にならたいために、意識したい3つ目のことはこれです。

必要以上に非難しないこと。

 「あなたはいつだってそうなんだから!」「おまえこそ!」と、互いを非難しあっていては、相手の言い分に耳を傾けることができません。

必要以上に相手を非難することはやめましょう。

勝つか負けるかの喧嘩にしない

売り言葉に買い言葉の夫婦喧嘩にならたいために、意識したい4つ目のことはこれです。

勝つか負けるかの喧嘩にしないこと。

夫婦喧嘩が激しくなると、最初の「喧嘩した原因」はどこかに行き、どっちが勝つか、どっちが負けるかを、決めようとする喧嘩になります。

夫婦喧嘩は今後の夫婦関係を良好なものにするために行うこと。

勝ち負けを決めるために行うものではありません。

「会話についての会話」に陥らない

売り言葉に買い言葉の夫婦喧嘩にならたいために、意識したい5つ目のことはこれです。

「会話についての会話」に陥らないこと。

売り言葉に買い言葉の喧嘩が激しくなると、「そういう言い方は変」「なにが言いたいわけ?」など、会話についてのダメ出しが始まります。

これに陥ると、まったく前を向いた健全な会話にはなりません。

喧嘩したときに「何が言いたいわけ?」と、よく口にする人は注意が必要です。

言ってはいけない一言は絶対に言ってはダメ

f:id:nburin0529:20170626221044j:plain

旦那がすぐに怒る原因と、夫婦喧嘩が始まったときに、売り言葉に買い言葉の喧嘩にしないために意識しておきたい5つのことをご紹介しましたが、いかがでしたか。

夫婦喧嘩のやり方も夫婦それぞれですが、いくら腹が立つとはいえ、関係性の悪化にとどめを刺す言葉は使ってはいけません。

とどめを刺す言葉とは、相手の人格を否定する言葉です。

「おまえ(あなた)は役に立たない」

「なにをやってもダメ」

「おまえ(あなた)はバカだから」

このような言葉は、相手の心に深い傷をつくるだけです。

ムカつきが止まらないときは、一時休戦、時間を置いてから再び話し合いをするようにしましょう。

 

※こちらから☟当ブログのTOPに戻れます。

旦那が嫌い。旦那にイライラする。旦那がむかつく。という世の妻のために。 - 旦那という生き物。