旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

イライラしない方法9選!「なんだかイライラが止まらないっ!」という人は必見です!

f:id:nburin0529:20170716223151j:plain

イライラが止まらない人へ。イライラしない具体的な方法をまとめました!

「イライラしても何にもならない」ことは分かっているのに、ついイライラしてしまうことが多い今の世の中。

実際には、何にもならないどころか、実際はイライラして次のようなマイナスのことを引き起こしてしまいます。

職場での人間関係がうまくいかなくなったり、

大きな仕事で失敗したり、

あまりの腹立たしさに「キレて」しまったり、

家庭では子供がなつかなくなったり、

血圧上昇による健康不安になったり、

イライラ運転で交通事故を起こしてしまったり、

など、イライラは自分の活動にマイナスに作用することばかりです。

もし、イライラしていなかったら、このようなマイナス状態は生まれなかったと考えると、いまとはだいぶ違う人生になっていたかもしれません。

イライラが止まらない人へ

f:id:nburin0529:20170716223930j:plain

今回は、イライラが止まらない人向けに「イライラしない方法」をご紹介していきますが、まず、このような人は「イライラする=大切なものを失っている」という図式に気づくことが大切です。

とはいっても、「もう、イライラはやめよう」と思ったところで、簡単に止めることができないのがイライラというもの。

仕事場でも家庭でも世間でも「イライラする種」はどこにでもあります。

何年か前になりますが、暴行事件を起こした犯人が、このような発言をしていました。

「イライラしてやった、相手はだれでもよかった」

このような発言って本当によく耳にします。もう自分を抑えられないレベルまでイライラが募っていることが分かります。

何だか気持ちは少し分かるような気がしますよね。誰でも「イライラする!何だかめちゃめちゃにしてしまいたい!」という衝動にかられたことはあるはずです。

まぁ、そうは言っても、そのイライラした気持ちを自制できるか、できないかには、大きな違いがあるんですが。

それでは、そんなイライラが止まらないときに、衝動的な行動にでてしまわないように、次からは具体的なイライラしない方法をご紹介していきます。

イライラしない方法9選

f:id:nburin0529:20170716224112j:plain

「事実は変わらない」から気持ちを変える

一つ目のイライラしない方法はこれです。

「事実は変わらない」から気持ちを変える。

イライラしているときは失敗を繰り返して、さらにイライラを募らせてしまうことが多いですが、自分の感情をコントロールして、余計な失敗を防ぐようにしたいものです。

例えば、待ち合わせの相手がなかなか待ち合わせ場所に来ない、という設定で考えてみます。

  1. 自分はちゃんと約束の時間に来たが、待ち合わせの相手が遅れている。
  2. そのせいで楽しみにしていたコンサートに遅れそう。
  3. だから腹が立つ、イライラする。

待たされている人がイライラするのは、頭のなかでこのような図式ができあがっているからです。待たされている間に、この経路図を何回も繰り返すので、相手が現れたころにはイライラは最高潮に達し、不機嫌の固まりになってしまいます。

「相手が遅れている」という事実は変えることはできません。

しかし、「相手が遅れている」から始まった図式である「腹が立つ、イライラする」という感情は、自分自身が作りだしたものですから、変えることは不可能ではないんです。

すなわち、気持ちの持ちよう、考え方次第で「イライラする」という感情を和らげ、打ち消すことが不可能ではないということです。

マイナスの感情をプラスに変えることは確かに簡単なことではありませんが、プラスとまではいかなくても「まぁ、仕方がないな、あいつも悪気があって遅れているわけではないだろう」と思えるようになるくらいまでは、誰でもできると思うのです。

先にあげた「相手が遅れている」から「腹が立つ、イライラする」までの図式を頭から消し去りましょう。

その代わりに、最後に「まぁ、しょうがないか」という感情に落ち着く新しい図式を作る努力をしてみましょう。

そうすれば、少しは「イライラする」感情が収まってくるはずです。

イライラしない方法の一つ目は「イライラする」までの図式を頭から消す、ということなんです。

「イライラしないため」の図式作りをしてみよう

二つ目のイライラしない方法はこれです。

「イライラしないため」の図式作りをする。

例えば、遅れている相手が仕事上の部下だとすれば、このように考えてみます。

「遅れてしまって大変だという思いは本人が一番感じているはず、自分よりも部下の方が焦っているだろうから、部下が落ち着けるような態度を取ってやろう」

そうすると、クライアントに対してうまい言い訳をすることに気持ちが向かい、遅れた部下への怒りはどこかへいってしまいます。

遅れている相手が旦那や気心の知れた友人なら、このように考えてみましょう。

「私が遅れることもあるんだし、まぁ今回は許してやろう」

「前回は許してあげたけど、毎回じゃたまらない。今回は罰として食事でもおごってもらおう」

待っている間に、何をおこらせるかを考えていれば、相手が到着したときには、イライラはかなり収まっているはずです。

イライラしない方法の二つ目は、マイナスの現実をプラスの感情に変えてみよう、ということです。

イライラする前に心に余裕を持つ

三つ目のイライラしない方法はこれです。

イライラする前に心に余裕を持つ。

「イライラしないため」に、人と待ち合わせるときの工夫の一つ。

僕の友人が実際に行っている方法は、待ち合わせをするときは、ゆっくり座って待つことのできる場所を選ぶということです。

雨風や暑さ寒さがしのげない屋外よりも、人込みを気にすることのないカフェなどで待ち合わせを行う方が、同じ待つにしてもイライラ度は低いだろう、ということもありますが、これにはもうひとつの理由があります。

彼は、いつも待ち合わせの時間より最低20分は早く約束の場所に着くようにしています。

そこでゆっくりと腰を落ち着けて注文をすませると、読書を始めます。

彼は誰かと待ち合わせをするときは必ず本を持参するのです。

たしかに、静かな場所で好きな本を読んでいれば、多少相手が遅れようが気にならないし、人を待っているという感覚さえ忘れてしまうかもしれません。

つまりポイントは次の二つです。

約束の時間よりも早く着く。

自分の好きなことをしながら相手を待つ時間をつぶす。

同じ「人を待つ時間」でも「無駄な時間」ではなく、「自分の好きなことができる時間」として、気持ちに余裕が持てる使い方をしているので、イライラせずに済むのです。

イライラが一度始まると、イライラした気持ちは何倍にも膨れあがってしまいます。

そうならないためにも、イライラが始まる前に心に余裕ができる考え方を身につけておきましょう。

やるべきことに集中する

f:id:nburin0529:20170716223720j:plain

四つ目のイライラしない方法はこれです。

やるべきことに集中する。

イライラしてしまう一つの原因に、スケジュールや締め切りに間に合いそうにない、というシチュエーションがあります。

学校の勉強や個人的な用事、人からの頼まれごと、やらなければいけない用事が当初予定したように進まず、このままでは間に合いそうにない、という状況です。

このようなとき、「早くやらなければ、もう時間がない、あ~イライラする~!」となりがちですよね。

ついイライラして口のきき方もとげとげしい感じになってしまいます。

こういうときに、イライラしないために心掛けたいことは、締め切りが迫っているときほど、締め切りのことを考えない、ということです。

「あぁ、時間がない!」と焦っていては、その仕事に集中できるはずもありませんし、集中できないからアイデアは浮かばない、ミスも多くなります。

どんな仕事や用事でも効率よくこなすためのポイントは、自分がやるべき以外の余計なことをいかに頭から締め出すことができるか、ということ。

そのためには、まず一番気にかかる「締め切り」のことを、無理にでも考えないようにしましょう。

イライラしないためには、やるべきことに集中することが大切です。

結果を恐れずベストを尽くす

f:id:nburin0529:20170716223638j:plain

五つ目のイライラしない方法はこれです。

結果を恐れずにベストを尽くす。

例えば仕事なら、その「結果」を気にすることも、「時間」と同様に集中力を奪われ、イライラを誘発する「余計な思考」の一つです。

「この仕事で失敗したら、立場が苦しくなる」

「あいつより出来が悪かったらどうしよう」

このようなマイナスの気持ちでは、何事もうまくはいきません。

今やっていることの結果、仕事や勉強の成果、それは誰にもわかりません。

もちろん成功したいが、思いどおりにいくかどうかわからないから緊張感が生まれ、不安になるのです。

その緊張感や不安を頭の中で繰り返し増幅させるから、イライラがひどくなるというわけです。

「結果を恐れずやってみよう。ダメだったらやり直せばいい」

「とりあえず精一杯やるだけ」

このような気持ちでいた方が、イライラすることもなく、何事もよい結果がでます。

実際、常に結果を求められるプロのスポーツ選手がこのようなコメントを口にしますよね。

「結果を恐れず、現時点のベストを尽くすだけ」と。

ベストを尽くす人はイライラする暇がないということなんです。

しっかり準備する

f:id:nburin0529:20170716223506j:plain

六つ目のイライラしない方法はこれです。

しっかり準備すること。

ここまでご紹介した通り、「時間」「結果」を気にせず、「今やるべきこと」に集中することが、イライラしないためのコツですが、「そんなことは分かっているけど、でもそれが難しいんじゃないか」という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、「しっかりと準備すること」を意識してみましょう。

集中できないという人ほど、「時間がないから」と、すぐにとりかかろうとしがち、でもこれが逆にダメなんです。

急いで始めたけど、「あれがない」「あの書類はどこにいった」と、仕事に必要な道具や資料を探し始め、それが見つからずにイライラ。

何かしようとするたびにあちこち探し回っていたのでは、それこそイライラがつのるばかりです。

そうならないためにも、何かを始める前には、その事に必要なものが何かを考え、事前にしっかり準備することを習慣づけましょう。

何の準備もなしにいきなり始めるのと、すべて準備が整ってから「さあ、やろう」という気持ちで何を始めるのでは、どちらが集中して作業に入っていけるかは、言うまでもないことです。

イライラしない方法の一つ、それは「しっかり準備をする」ということです。

難しいことは後回しにする

f:id:nburin0529:20170716223425j:plain

七つ目のイライラしない方法はこれです。

難しいことは後回しにする。

何かしようとするとき、多くの人は、つい難しい部分から手をつけたくなります。そこさえクリアできれば後はスムーズにいくという思いが、難しい部分にばかり意識を向かわせてしまうのです。

しかしこれが上手くいかないときに、「全然できないじゃないか!」とイライラする原因になってしまいます。

イライラしないためには、「最初に難しいところから始めずに、すぐにできる簡単なことから」始めてみましょう。

簡単な問題でも一つ、二つと解決していけば「これとあれは終わった。残りはあれとこれだけ」と、精神的に余裕が出てきます。

少しずつ物事を進めていくうちに、思考方法にも弾みが付き始め、難しい問題を解決するヒントやアイデアが浮かんできます。

テレビゲームでも最初のステージの敵は弱いものばかりです。こちらがスキルを増して装備が強くなっていくにつれて、強い相手とも戦えます。

イライラしないために、「簡単こと」からたんたんと始める癖をつけましょう。

明るく口答えをしよう

八つ目のイライラしない方法はこれです。

明るく口答えをする。

妻や旦那、子供や親などの家族は、お互いの性格や考えをわかっている気軽な関係です。余計な気を使うこともないし、いちいち言葉にしなくても伝わっているだろうという安心があります。

とはいえ、この「安心水準」を当然と考えていると、何気ない一言や、ちょっとしたすれ違いのために、頭にカチンとくることがあります。

「私の性格をわかっているはずなのに、こんなことを言うなんて」

「俺の立場をわかっているくせに、そんな態度を取るのか」

自分のことをわかってくれているという思いが前提にあるだけに、思いやりに欠ける言動に思えて、ひとり傷ついてしまいます。

そして、相手の一言で傷ついたのに、当の本人はケロッとしていて、ますますイライラはつのる。

そんなことってありますよね。

そしてそんなイライラした気持ちのまま、とげとげしい言葉で相手をなじったりすれば、夫婦喧嘩、親子喧嘩などにまで発展してしまいます。

相手にしてみれば「何をこいつはこんなに怒っているんだ。急にイライラして文句をいってきて」という戸惑いもあり、「売り言葉に買い言葉」になりやすい状況です。

こんなときは、邪悪な空気を入れ替えるつもりで明るい口調で話しかけるのがオススメです。

「今の一言カチンときたわよ。ちょっと撤回しなさいよ」

「おっ、喧嘩売ってるのか、その態度は。その気があるならやっちゃうぞ」

冗談めかした口調なら、こちらのイライラにちゃんと気づいてくれるはずです。

イライラしない方法、それは、イライラしそうなときほど、努めて明るい口調で話すように心がけてみることです。

感情を一度リセットする

f:id:nburin0529:20170716223337j:plain

九つ目のイライラしない方法はこれです。

感情を一度リセットする。

「顔を見るだけでもうんざり。何か言われたりすると、本当にイライラする」と愚痴をこぼし合う夫婦は多いものです。

大好きになって一緒になったわけですから、そこまで気持ちが変化するにはそれなりの理由があるのでしょうが、一緒に暮らす人に「顔を見るだけでイライラする」では、生活していくのもしんどいものですよね。

顔を見るだけで、声を聞くだけでイライラする、これは、原因はもはや相手が何か気にいらないことをした、いったということではないと思います。

過去のさまざまなやりとり、二人の間で起きた一つ一つの行き違いが積もりに積もってそのような感情になっていて、自分にとっての嫌な思い出を、相手の顔や声を通じて、何度も思い返しているのでしょう。

  1. 「相手が気にいらないからイライラする」
  2. 「イライラする自分がイヤで、ますますイライラする」
  3. 「こんなに自分をイライラさせる相手がますます気にいらなくなる」

このようなスパイラルにハマっている人は、かなり重度の「イライラ循環」にはまっています。

このイライラを断ち切るためには、一度「感情のリセット」をしたほうがいいでしょう。

感情のリセットとは、過去のことはもう過ぎたこと、とすっぱり割り切ることです。

過去にどんなに腹が立つことがあったとしても「あれは昔話だ。もうどうでもいいこと」とつぶやいてみましょう。

「もはや、そんな信頼関係も愛情関係も必要ない」

もしあなたが、それほど諦めてしまっているのであれば、仕方がありません。

ただ、本当に諦めてしまった人には、それほどイライラさせられることもないと思うのですが、どうでしょうか。

イライラするというのは、まだやり直しができる段階です。

愛情の芽が残っているうちに「感情をリセットして」二人の関係をもう一度確かめ合ってみましょう。

イライラしないために自分のイライラタイプを知ろう

f:id:nburin0529:20170718222317j:plain

ここでは「イライラする仕組み」をわかりやすく説明します。

イライラしないためには、「イライラする仕組み」を知ることが大切、実際にイライラしたときに「自分の体には今、こんな変化が起きているんだな」と客観的な分析ができれば、イライラがスーッとおさまる効果が期待できるからです。

イライラは、心理学と脳科学という二つの観点から説明できます。

まずは、イライラを心理学から見てみましょう。

次の質問を読んで、自分の気持ちに近い方を選んでください。

・友人に電話をかけたら「今、手が離せないので後でかけ直す」と言われた。

a 何時何分くらいになりそうかたずねる

b 「今は自分と話したくないのかもしれない」と思って軽く落ち込む

 

・会社の自分の席で、ふと財布がないことに気がついた。

a 駅の紛失係や立ち寄った場所へすべて連絡する

b 誰かに盗まれたと、まずは周りを疑う

 

・携帯電話に知らない番号から着信があった。

a ただちにかけ直して相手と要件を確認する

b 個人情報がもれたことが不審なのでかけ直さない

 

・以前と比べて酒量は落ちた自分を見ると?

a 今日は寝不足で調子が悪いだけだと思う

b どこか悪いところがあるのでは、と体調を案じる

 

・自分で作成した簡単な文書に一か所、誤字があることに気がついた。

a 気付いたからには作成し直す。

b 凡ミスをした自分は情けないと思う

 

aとb、どちらが多かったでしょうか?

これは単なる心理テストではありません。選んだ数が多かったほうで、自分の「イライラのタイプ」がわかるのです。

イライラの2つのタイプ

イライラには2つのタイプがあることがわかっています。

・aの数が多かった人は「完全主義タイプ」のイライラ

・bの数が多かった人は「勘違いタイプ」のイライラ

ということになります。

「完全主義タイプ」のイライラとは、その名の通り、「こうあるべき」という理想や目標を設定してしまい、それにこだわるタイプ。

自分の中でつくりあげた理想や目標に対して、それを完璧にクリアできないとイライラするのです。

たとえば、昼食にファーストフードのお店で注文をしたとき、「大変申し訳ございません。機械調整のため3分ほどお時間がかかります」と店員から言われた場合。

完全主義タイプのイライラの特徴

f:id:nburin0529:20170718222410j:plain

「完全主義のイライラタイプ」は、「ファーストフードなら、注文してすぐに食べられるのが当たり前だと」という自分なりの理想があるので、ほんの3分待たされるだけでもイライラしてしまうのです。

「完全主義のイライラタイプ」の人は、自分にも厳しいですが、自分はそれなりにがんばっていることが多いので、イライラの矛先は多くの場合、そうでない他人に向かうことが多くなります。

自分が思った通りに物事が進まないと、必要以上に不快になるタイプともいえるでしょう。

勘違いタイプのイライラの特徴

f:id:nburin0529:20170718222514j:plain

もう一つの「勘違いタイプ」のイライラとは、自分が一方的に勘違いをして、それに妄想を膨らませるようなタイプ。

現実にありもしないことに思い悩み、イライラしてしまうのです。

たとえば、行きつけの喫茶店で頼んだ飲み物に虫が入っていた場合。

状況から考えてもけっして故意があるはずがないにもかかわらず、「虫が入っていたのには悪意がある」「この店はずっと前から私をバカにしていた」といったように、勘違いの思考が暴走。

そして一人でイライラをつのらせていくのです。

「完全主義タイプ」のイライラと比べると、イライラの矛先はさらに強く相手に向かうことになります。

ネガティブな考え方やひねくれた思想があるうえに、相手からみれば不快に思われている理由がわからないため、この「勘違いタイプ」のイライラによって、結果的に人間関係につまずくケースも少なくありません。

イライラしない方法として客観的に自分を知ろう

イライラしない方法として、完全主義タイプ、勘違いタイプ、まずは「イライラのタイプ」がわかるさきほどのチェックシートで、自分がどちらのタイプかを客観的に知ることです。

そうすれば少なくとも、「自分のイライラの原因は、自分が求めすぎているせいなのか、そもそも自分のイライラは根拠のある妥当なものなのか」と、多少、冷静になってひと息置くくらいはできるようになるでしょう。

仕事や職場でイライラするときにイライラしない方法とは?

f:id:nburin0529:20170719213146j:plain

「他人と比べない」ことは、仕事や職場でイライラしないための鉄則です。

「なぜ自分はこんな部署に配属されてしまったんだろう」

「どうしてこんなヤツが自分の上司なんだろう」

このようなイライラは、仕事をしていく上で多くの人が抱えている悩みでしょう。

ここでは、仕事でや職場でイライラするときに、イライラしないための方法や考え方をご紹介しています。

「上司にイライラする!」ときに

仕事や職場でイライラしないためには、まずは「けっしてしてはならないこと」というタブーを押さえておく必要があります。

バカな上司はいつの時代も存在するものなのです。

職場である以上、やはりガマンも必要、ふて腐れた態度を取っていても状況が変わるわけではありません。よけい状況は悪くなるだけでしょう。

バカな上司にイライラする人は「もっとバカ」

バカな上司と同じレベルになりたくなかったら、やけになってケンカをするとかサボるというようなバカなことをするのではなく、このように考えることが大事。

与えられた仕事を仕事と割り切って、一つひとつをまじめにこなしていく。

コツコツと実績を積み上げてはじめて、やっと上司にも意見が言える立場になるわけです。

仕事や職場で上司にイライラするときは、バカな上司にイライラする自分は「もっとバカ」だと考え、自分の感情をコントロールしてみましょう。

 

仕事や職場でイライラするときほど低姿勢で

部下を叱るときは、どれほどイライラしていようと、「気づかなかった自分も悪いんだけど」という低姿勢の一言から始めた方が効果的です。

結果的にそのほうが自分の評価も上がり、イライラの緩和にもつながります。

とっさの一言は、その人の人格が表れることが多いので注意が必要です。

とくにイライラしているときであればなおさら、感情のコントロールが甘くなるので不用意な発言に気をつけなければいけません。

仕事や職場におけるイライラしない方法や考え方は、詳しくはこちらの記事で紹介していますので参考にしてみてください。

 

☞ 仕事や職場でイライラするときにイライラしない方法とは?バカな上司にイライラする人は「もっとバカ」なんです! - 旦那という生き物。

 

イライラしない考え方を身につけよう

f:id:nburin0529:20170716223209j:plain

イライラしない方法を9つご紹介しましたがいかがでしたか。

最後にもう一度まとめておきますね。

イライラしない9つの方法

  • 「事実は変わらない」から気持ちを変える。
  • イライラしないための「図式作り」をする。
  • イライラする前に心に余裕を持つ。
  • やるべきことに集中する。
  • 結果を恐れずベストを尽くす。
  • しっかり準備する。
  • 難しいことを後回しにする。
  • 明るく口答えをする。
  • 感情を一度リセットする。

イライラするということは、それがどんな理由であれ、「自分を見失っている」ということ、大人として当然もっているべき「冷静さ」や「寛容さ」に欠け、「自立した大人」からほど遠い姿です。

また、イライラしてる状態って精神的にも健康的にも良くない姿ですよね。

イライラすることって、周りの人から受ける影響もありますので、すべて抑制することは難しいかもしれませんが、でも、自分の考え方一つでイライラを減らすことも可能です。

自分自身の人生のため、イライラしない考え方を身につけてくださいね。

 

※こちらから☟当ブログのTOPに戻れます。

旦那が嫌い。旦那にイライラする。旦那がむかつく。という世の妻のために。 - 旦那という生き物。