旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

旦那を立てることが幸せな結婚生活を送るための極意!あなたが導火線に火をつければいいのです!

f:id:nburin0529:20170924165158j:plain

幸せな結婚をするために、幸せな妻になるために、ぜひとも日々の努力として、毎日手を抜かないで心掛けてほしいことがあります。

それは「旦那を立てる」ということです。

幸せな結婚生活を送りたいのなら、ぜひ「旦那を立てる」ということを実践してみてください。

 旦那を立てれば幸せな結婚生活を送ることができる

f:id:nburin0529:20170924165225j:plain

結婚生活における「旦那を立てる」ことの重要性を以前にもブログで書いたことがあるのですが、そのときの世の妻の反応は賛否両論でした。

反対意見として一番印象的だったのは、「じゃあ、立てられるだけのことをしてからいってよね」というものです。

ですよね。その気持ちも、とてもよく分かります。

旦那から見ても世の中に「本当にだらしない旦那」が多数いることも事実です。

でもそれでもここは声を大にして言わせてください。

あなたの結婚生活を幸せなものにしたいのなら、「旦那を立てる」ことは必須。

一に立てて、二に立てて、三、四がなくて五に立てる!

これぐらいの勢いで旦那を立ててください。

男という生き物はとりあえず「プライド」が高い

f:id:nburin0529:20170924165405j:plain

男性は、おおざっぱで野性的な面を持っていますが、反面、超デリケートな部分があります。

それが、「男のプライド」という一面です。

結婚した男性は「一家の主人としての責任を果たしたい」、そして家族から「尊敬されたい、感謝されたい」という本能にも似た欲望があり、その「主人」という位置を脅かす行為に対しては、瞬間的に反発します。

妻からバカにされたような言い方をされたり、無礼にきつい言い方をされたりすると、グサッと傷ついてしまいます。

他の面でどんなに優れた主婦であり母親であっても、男性は、自分の自尊心を傷つける女性を愛することはできません。

何かにつけ冷淡で、自分に愛情を注いでくれないと感じている妻は、たいてい毎日のようにハイヒールで旦那のプライドという目に見えない「シッポ」を踏んづけているのです。

そのような方は、このことに気づいて「旦那のプライドを踏みつける」のではなく「旦那を立てる」ことを覚えれば、旦那の冷淡な態度はウソのように改善されていくはずです。

立てることが旦那の男性性を開花させる

妻も含め世の女性は、男性から愛されるために生まれてきた生命体です。愛される生命体である女性は、男性から大切にされればされるほど、本来の女性性を開花させて、魅力と才能をいっそう輝かせます。

愛すれば愛するほど、女性はますます愛おしい存在になってくれます。

幸せな結婚生活を送るために、世の妻の必須が「旦那を立てる」ことなら、旦那の必須は「妻をお姫様のように大切にする」ということですよね。

これと一緒で、男性は女性から、立てられれば立てられるほど、本来の男性性を開花させていきます。

そして、ここが一番肝心なところですが、旦那の男性性を開花させることができるのは、妻となった、あなただけなのです。

導火線に火をつけるのは先に気づいたあなた!

f:id:nburin0529:20170924165546j:plain

「立てて欲しいなら、先に偉いことひとつでもやってからいってよね」なんて悠長なことをいっている場合ではありません。

もしも、旦那との夫婦関係がうまくいっていないのなら、騙されたと思って、一度、旦那を立ててあげてください。

「旦那を立てる」という行為が男性に及ぼすプラス作用の効能がどれほど大きいものなのか、すぐに実感できるはずです。

旦那は妻をお姫様のように大切にし、妻は旦那を王様のように敬愛する。

この意義を価値を知る夫婦が、ふたり一緒にヨーイドンでは結婚生活をはじめられるのが理想です。

しかし現実は、多くのカップルが、意義と価値を知らないまま、すでに結婚生活をスタートする羽目になっています。

今からでも遅くはありません。

どっちが先ではなく、気がついたからはじめればいいだけです。それが好循環の導火線に火をつけてくれるのです。

その導火線にあなたが火をつければいいじゃないですか。

私も含めだらしない世の旦那に代わってお願いします。

あなたから始めてください。

立てる方法はあなた流でかまいません。

大切なのは、立ててあげよう、という優しい気持ちです。

 

※こちらから☟当ブログのTOPに戻れます。

旦那が嫌い。旦那にイライラする。旦那がむかつく。という世の妻のために。 - 旦那という生き物。