旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

旦那が暴言を吐くのは劣等感からです。辛い、許せないときは上から目線で対処しよう。

f:id:nburin0529:20170404000815j:plain

世の中には、ちょっとしたことですぐ不機嫌になり、妻に暴言を吐く旦那さんが存在します。

こんな旦那は自分の気分一つで妻へ暴言を吐くので、妻からすればたまったものではありません。

 今回は「旦那が暴言を吐く」ときの対処法をご紹介しますね。旦那の暴言に悩まれてる方はぜひ参考にしてください!

旦那が暴言を吐く理由

f:id:nburin0529:20170404000918j:plain

同じことをしても大丈夫なこともあれば、自分が機嫌が悪いのを理由に暴言を吐く場合もあったり。こんな旦那を持つ妻は、旦那のご機嫌を伺い、ビクビクと怯えながら日々を過ごしていると思います。

このように自分の気分一つで妻に暴言を吐く精神的に未熟な男性は、自分の思い通りにならないストレスや自分の劣等感をごまかすために、妻を無視したり、暴言を吐いたり、見下したり、ひどいときには暴力を振るったりするわけです。

注目すべきは、そうしたストレスのはけ口は、自分より立場が弱い(と旦那が勝手に思い込んでいる)者に対してのみ向けられることです。

これは、こうした旦那が表面上いくら自信満々に見えていたとしても、本当は気が小さく、コミュニケーション能力が未熟で、自己主張がうまくできない人であることを示しています。

もしくは、普段の生活の中で、会社の上司から抑えつけられたりしたり、社会から無視されていると感じていたりするのかもしれません。

そうした無力感が「いつか見返してやる」という復讐心を生み、それがもっとも身近な妻に向けられてしまのです。

旦那のこうした振る舞いに対して「もしかしたら、私が気にしすぎなのかもしれない」などと思う必要はありません。

矛先が妻にしか向かわないために、周囲に相談しても「たまたま機嫌が悪かっただけじゃないの?」と共感を得られないことが多いかもしれませんが、ここは自分自身の感覚を信じてください。

暴言を吐かれたりして辛いのは誰しも同じです。あなただけが過剰にそう思い込んでいるわけではありません。

ケンカ言葉と暴言の違い

夫婦喧嘩の際に、多少、売り言葉に買い言葉が飛び交うのは仕方がない面があります。

暴言かどうかは、常習的に口にしているかどうかにあります。

また、人を傷つけることを目的にした発言や、自分の責任を放棄するための発言も、暴言と考えてよいのです。

たとえば「誰のおかげで生活ができていると思ってるんだ!」「暑苦しいから寄るな!」「お前はもう中古品だな」などの発言は、妻や子供を傷つけることで自分のストレスを解消したり、劣等感をごまかしているにすぎません。

旦那の暴言がひどいときの対処法

f:id:nburin0529:20170404000835j:plain

妻への暴言がひどい旦那に対する対処法は二つあります。

旦那自身に判断させる

あなたが旦那に「ひどい言葉を投げつけないで」と言えば、幼稚な旦那は反抗するだけで「うるせえ!」など余計に暴言を重ねるでしょう。

このとき、妻であるあなたは、このような言葉を旦那に投げ返しましょう。

「そういう言葉を吐くのは、あなたの自由です。でも今度からそれを口にしたら、部屋からでていきます」

このように判断を旦那に委ねれば、旦那自身が選択を迫られます。

その結果、再び暴言を吐かれたあなたが部屋に引っ込んでも、「すぐに逃げる汚いヤツだ」と罵倒される心配はありません。

旦那自身が、あなたが部屋に引っ込むことを承認したことになるのですから。

また、今まで「暴言をやめてほしい」と言うだけでは、それを文句としか感じていなかった旦那も、あなたが本気で決断を迫っているとわかれば、見捨てられる不安からグッと緊張感を持ってあなたと接するようになり、ひどい言動も減るはずです。

こうしたやりとりを繰り返すうちに、旦那の横暴さは陰をひそめ、被害妄想的な感じ方も変わっていくことが期待できるのです。

そして、あなた自身も、自己主張をすることで、旦那のせいで失われた自信を少しづつ取り戻すことができるようになります。

上から目線で受け止める

旦那がなぜ暴言を吐くのかでご説明した通り、旦那が妻に暴言を吐くのは「自分の劣等感をごまかすため」です。

妻を無視したり、暴言を吐いたり、見下したりすることで、そのストレスを解消しているのです。

このことを忘れないでおきましょう。

言葉自体は、妻を傷つけるとてもひどい言葉でしょう。でも、そんな旦那も内心は、自分自身への劣等感でいっぱいなのです。

表面上いくら自信満々に見えていたとしても、本当は気が小さく、コミュニケーション能力が未熟で、自己主張がうまくできない人なんです。

そんな旦那に何もビビることはありません。上から目線で心の中でこう思っておけばいいのです。

(本当ちいちゃいな。この男)

そう思っているうちに、旦那の暴言が本当にくだらないことに聞こえてきます。そうなってきたら旦那が何を言っても「はいはい。そうですか」とすべて聞き流せばいいんです。

最後は完全無視でもOKです。

旦那の暴言にビビる必要はない。強気で行こう

f:id:nburin0529:20170404000848p:plain

旦那の暴言が辛い!許せない!という方向けに、その対処法をご紹介しましたがいかがでしたか。

暴言は、聞いているうちに、自分への自信をなくしていってしまいます。そうするうちに旦那のいうことが正しく、「本当に私が悪いのかも」なんて思い出してしまうものです。

何よりこの負の連鎖を断ち切ることが大事です。

何度も言いますが、旦那の暴言に対処するためには、このことを頭に叩き込んでおきましょう。

旦那が妻に暴言を吐く理由は、自分の劣等感を隠すため。本当は小心者でコミュニケーション能力が低いだけ。

「弱い犬ほどよく吠える」

これと一緒なんですよ。旦那の暴言なんかに負けずに、勇気を持って立ち向かって下さいね!