結婚生活がストレス!解消法は夫婦の生活相性を再チェックしてみることです。

f:id:nburin0529:20170409163419j:plain

日常生活上のささいな違いも、結婚生活のストレスの原因に。

しかし逆に言えば、その違いを知れば、気付かぬうちに溜まっているイライラや、ストレスを解消できるのかもしれません。

 今回は「結婚生活がストレス」という方に、その気持ちを解消する考え方をご紹介します。

スポンサーリンク

結婚生活のストレスを解消するために

f:id:nburin0529:20170328195049j:plain

ストレスの原因を見つめ直そう

独身時代には、誰にとっても、好きな人や憧れの人との「相性」は一大関心事だったはずです。雑誌の相性占いや血液型診断に一喜一憂した方は多いんじゃないでしょうか。

でも、念願かなって結婚した途端、意外に気にならなくなるのも「相性」というものです。

お互いの一部分しか知らなかった恋愛時代はあれほど関心があったのに、生活のすべてを共にする夫婦の間で気にしないというのは、よく考えると不思議な話です。

朝の起床、身支度から就寝まで。それまで見えなかったお互いのことが、いろいろと見えてくるのが結婚生活です。

そういう中で、かすかに感じた違和感、注意するほどではないけれど、ちょっと気になる、相手の癖、あれこれなど。

結婚生活のストレスを解消するためには、独身時代のような冷静な目に戻って、客観的に夫婦関係を再チェックしてみることをお勧めします。

この夫婦の「生活相性」の再確認は、ちっぽけな「違い」を暴き出し、目くじらを立てて問いただしたり、相手への「改善」を迫ったりするものではありません。

あくまで、お互いの結婚生活のストレスを解消し、夫婦関係を良くするために行うもの。

長年、違う価値観を持つ、別の家庭で育ってきたもの同士、ささいなことでもこんなに違うところがあるんだな、という事実をただ単に認め合いましょう。

認め合うことが、結婚生活のストレスを減らすことに繋がります。

スポンサーリンク

夫婦の「生活相性」再チェック

f:id:nburin0529:20170409163500j:plain

チェックする内容は、たとえば、次のようなところを確認してみましょう。そこが結婚生活のストレスになっているかもしれません。

ちなみに、チェック内容は妻が専業主婦の場合と、共働きの場合とでは「相性」チェックも若干異なります。

あなたの家庭はどうですか?

共働き夫婦の場合

【出社時間、退社時間の違いをチェック】

遅く出る方が布団の中、というのは良くあるパターンです。出社は別々でも朝食は一緒に、を貫く夫婦もいることはいますが、先に出る方が「一緒に起きてほしいけど、起こすのも悪くて」と、本音を言いそびれてそのままに。

これが結婚生活のストレスになっている場合も。

【昼食の違いをチェック】

お弁当も交代制、という夫婦はきっと少数派だと思います。

「妻だけがもっていく」手作り堅実派、「二人とも適当に外食」の合理派に二分されるのでは。

ただ、手作り派が外食派を理解できず、そのことが結婚生活のストレスになっている場合もあるのではないでしょうか。

専業主婦家庭の場合

【家事のこなし方、いろいろ】

ざっくばらんな合理主義と、自分に厳しい完璧主義。

ため息つきながら部屋をピカピカにされても、見ている方はくつろげない。

専業主婦家庭でも、二人の城に変わりはないもの。この辺りにも結婚生活のストレスが発生する原因があるのかもしれません。

【くつろぎタイムの過ごし方】

ちょっとした暇を惜しんで、リビングでテレビゲームという人も増えてきています。

見ている方も楽しんでいればいいけれど、そうでなければ、そんなに一人でゲームをするのなら、どうして二人で暮らすのか?

このように相手にストレスを感じる人は多いはず。こんな人たちは「夫婦二人での過ごし方」を考えてみた方がいいかもしれません。

両家庭共通

【子育ての理想と現実】

「子供は母親が」の神話。夫婦二人で信じている分には平和でも、共働きならそうはいきません。

夫婦間では、子育てに対する考えの相性も大切。

結婚生活のストレスを減らすためには、理想にこだわりすぎず、現実を精一杯良くしようとする、そんな割り切りが必要なのかもしれません。

【お金の使い方、あれこれ】

浮いたお金をちょっとでも貯めて、喜びを感じるタイプ、派手に遊んでストレスを解消するタイプと、金銭感覚も十人十色です。

共働きでもそうでなくても「お金」のことって、神経にピリリときやすいものです。

ストレスを貯めないためには、二人で決めた範囲の中で、それぞれに運用するのが、結局は賢いやり方なのかも。

相手の個性を尊重しよう

f:id:nburin0529:20170409163530j:plain

夫婦間の「生活相性」が悪いと、ただ普通に結婚生活を送っているだけでも、ストレスが溜まりやすいものです。

そうした状態では、心に余裕も生まれませんし、疲れた妻や旦那に対しても、思いやりの気持ちを持つことができません。

もちろん、家庭で職場のストレスを癒すこともできないわけですから、どんなに頑丈な人でも精神的に参ってしまいます。

でも「生活相性」が100%良い夫婦なんて、本当はどこにも存在しないのです。

「相性の悪さ」を「相手との価値観の違い、性格の違い」と考えて、それを相手の「個性」として楽しむ。

そんな夫婦なら、ストレスとは無縁のリラックスした結婚生活を送れるのではないでしょうか。

自分は、相手のどこにイライラし、ストレスを感じているのか。言えないでいる不満は何なのか。

それをはっきりと認識することが、結婚生活のストレスを解消する、何よりの方法となるのです。

こちらの記事も、結婚生活のストレスを解消するために参考になります。よかったら合わせて読んでくださいね。

夫婦の価値観が違う!新婚でも離婚したい!そんな人が知っておきたい5つのこと! – 旦那という生き物。

※こちらから☟当ブログのTOPに戻れます。

旦那が嫌い。旦那にイライラする。旦那がむかつく。という世の妻のために。 – 旦那という生き物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です