ダサい旦那を改造する方法6選!これを実践すればあなたの旦那はかっこよくなる!

突然ですが、あなたの旦那さんはおしゃれでかっこいいですか?
平日、会社はスーツなので、スーツ姿はパリッとしているのに、週末はダラダラでヨレヨレ・・・そんな人結構いるんじゃないでしょうか??

服装がダサい、という方もいるかと思いますが、服はそれなりに気を遣っているのになぜかダサい方は、きっと髪型やヘアスタイリングがダサいと感じさせるのかもしれません。また、お肌がボロボロだったり、眉毛がボサボサだったりするとせっかく服だけ整えても、おしゃれに見えないかもしれません。

同じ服を着ていても、この人が着るとオシャレに見えるけど、うちの旦那さんだと・・・どうもダサい感じがする・・・そういう時は、服装でだけでは可能性が高いと言えるでしょう。

実は、僕もあまりファッションには興味なく、妻から言わせれば、ちょいダサな恰好をしていましたが、結婚してから妻の服装チェックが入るようになりました。新しい服を買うときも大体妻の好みが入っていて、僕もその好みに寄ってきています。

個人的にあまりこだわりはないので、普段着は毎週末、同じでいいんですが、「またその服~?」「他にもいろいろあるのに・・・」と色々と言われるので、最近では毎回同じ服ばかり着ないようにそれなりに気を付けています。

服もそうですが、髪型や清潔感についても妻チェックが入ります。カットをしてから1ヵ月ぐらい経ってきたら、「髪伸びたんじゃない?予約したら?」「美容院、予約しとこっか?」と毎度声をかけられます。

男性って少し伸びたな、と思ってはいてもめんどくさがりなので、美容院や理容院にギリギリまで行けなかったりするのです。うちの妻は、まるで秘書のように美容院の予約をどうしようか?と詰めてきます。

大企業の社長や役員などは、ヘアカットも身だしなみの一部で、秘書さんが管理してたりするものです。奥様が秘書になったつもりで、ヘアカットを予約してあげると、めんどくさがりの旦那さんでもしぶしぶカットに行くことでしょう。(ちょっと、いやかなりめんどくさいですがね・・・!)

ダサい旦那さんをおしゃれにかっこよく改造したいなら、まずは清潔感を意識してみてください。服装も大事ですが、清潔感もとても大事な見た目の要素になります。それでは、具体的にどのように改造していったらよいかを項目ごとにまとめてみましたので、ご参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.髪が伸びてきたらカットを勧める!

まず、ダサい旦那さんをかっこよくしたいなら、月1程度ぐらいのカットを定期的にするように気を付けてみてあげて下さい。

あ、ちょっと紙が伸びてきたな・・・と旦那さん自身思っていても、週末は疲れていてカットに行けなかった、めんどくさいので後回し、となるかもしれません。そして気が付いたら髪の毛がボサボサになったまま1ヵ月以上経っていたなんてこともあり得ますね。

平日の仕事終わりなど、早く終わりそうな日を聞いて、美容院(理容院)を予約してあげるのもいいでしょう!いつも予約して行かない人であれば、「今日、髪切りに行ったら?」と何回か声をかけて思い出させてあげましょう。

2.ワックスなどを購入してセットを教えてあげる!

ダサい旦那さんをかっこよくしたいなら、切りたてのふわふわの髪の毛のままでは小中学生みたいですよね。せめて、軽くワックスで毛先を整える術を教えてあげて下さい。

「毛先に少しつけるだけで、かっこよくなるよ~」など嫌な気持ちにならない程度にお勧めしてあげましょう!不器用な旦那さんでもワックスぐらい自分でつけれるでしょう。

髪の毛の質に合わせて、合ったワックスを選んであげましょう!個人的にお勧めは、DEUXERです。僕は固い髪の毛なので、5番を愛用していますが、柔らかい髪の毛には、1~3番あたりがよいかと思います。

3.奥さんの化粧水&乳液でスキンケアを勧める!

ダサい旦那さんをかっこよくしたいなら、スキンケアも必須です。お風呂上りに奥さんの化粧水を少し使ってスキンケアをするようにお勧めしてあげて下さい。

僕も実は40代になってから肌が衰え始め、妻に勧められて妻の化粧水と乳液を使い始めたら、肌がきれいになったような気がします。お高くて旦那さんには勿体ない!という奥様でしたら、「無印」や「ギャッツビー」など男性用化粧水を購入してきて置いておくのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

4.服装はシンプルカジュアルで一緒に買いに行く!

ダサい旦那さんをかっこよくするためには、服装はシンプルカジュアルを意識しましょう。普段着は、流行に左右されないコーディネートが男性にはいいですね。

デニムやチノパンはユニクロやGUなどでもOKなので、体形にあったものを一緒に選んであげるとよいでしょう!トップスやジャケットは大体サイズは分かるので、奥さんが選んで買ってきてあげるのもOKだと思いますよ。

僕の場合、ボーダーTシャツはちょっといいオーチバルを一枚持っていて、春先はデニムのシャツなんかと毎回合わせて着ています。ボーダーTシャツもいいものを1枚持っているとよれないので、長持ちするし、コスパはいいのかもしれません。

5.服装の上下コーディネートなどまとめて置いておく!

ダサい旦那さんをかっこよくオシャレにしたいなら、コーディネートを決めて置いておくとよいでしょう。コーディネートを任せると、思いもよらないダサい組み合わせで登場するかもしれませよね。そして1度着たものにダメ出しすると、着替えるめんどくささも相まって、機嫌が悪くなる可能性も。。

「このトップスにはGパンが合うから一緒に置いておくね~!」などと言って前もって用意して置いておけば素直に着てくれるものです。一度そのコーディネートを覚えると、旦那さんも何も言わなくてもそのコーディネートで着てくれるようになるでしょう。

6.ダサい服、ヨレヨレの服は捨てる!

ダサい旦那さんをかっこよくオシャレにしたいなら、ダサい服やヨレヨレの服、破れた服は捨ててください。旦那さんによっては「これ捨ててもいい?」と確認すると「捨てたくない」「まだ着れる」と言われて捨て損ねてしまうかもしれません。その場合は、こっそりと捨ててしまって、後々言葉でフォローしましょう。

「破れていたから、あなたには似合わないと思って捨ててしまっちゃったよ」「でも新しい〇〇買って来たから代わりに着てね」など後々フォローしておけば、「しょうがないなぁ・・・」と大体の旦那さんは許してくれるでしょう!

旦那さん改造計画はまず第一歩から

いかがでしたか?

できそうなものから初めて見てください。旦那さんも自分がカッコよくなれるなら、嫌な気はしないでしょう。そしてちょっとでも素敵になった旦那さまを思いっきり褒めてあげてくださいね。

「髪の毛にワックスをつけるようになった」のであれば、「ワックスつけ始めてからすごくかっこいい~!」「おしゃれだし、いい匂いもする~」などなど褒めて褒めて褒めれば、次のミッションも軽々とクリアできるでしょう。

男性は意外と単純な生き物なので、気づいて褒めることがとても大事です。誰だって褒められて嫌な気分になる人はいませんよね。

服装だったら、「その組み合わせやっぱりあなたに似合ってる~」などと褒めれば、「そうか!俺はこの格好が似合うんだ!」と納得してくれて、次回からもその組み合わせで着てくれることでしょう。

旦那さんをかっこよくオシャレに改造するにはちょっとの努力が必要ですが、かっこよくオシャレになった旦那さんと歩くのはとてもうれしいことですよね。是非、上記のような方法で始めれることから試してみてくださいね~^^

関連記事>>旦那がかっこいいと思う理由10選!イケメン旦那をここに大集合させたよ~!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です