プチ別居で夫源病離婚を回避!心地よい距離感が症状を改善します。

「夫源病」の画像検索結果

夫源病で離婚を考える方へ。離婚の前にまずはプチ別居で夫婦関係を改善してみませんか。

「夫源病」とは、読んで字のごとく、夫が源(みなもと)の病気です。

夫のなにげない言動に対する不平や不満、あるいは夫の存在そのものが強いストレスとなり、妻の心身にめまい、動悸、頭痛、不眠などの症状が現れます。

夫が黙り込んでプチ喧嘩が成立しなかったり、「そばにいるのも不快」というほど妻の嫌悪感が増大すると、夫源病の症状はかなり悪化します。

こうなると、夫から距離を置く以外にありません。しかし、夫が定年後で四六時中家にいるような場合は、妻が一人で外出しようとしてもなかなか困難です。

そんなときにおすすめしたいのが、「プチ別居」です。しばらく妻が家を出て、お互いが頭を冷やすのです。ただし、これは一種の「ショック療法」でもあるため、うまくやるためにはコツがあります。

スポンサーリンク

夫源病離婚を回避するプチ別居のやり方

「プチ別居」の画像検索結果

ポイント①まずは夜の外出から始める

「妻が夫の世話をするのは当然」と思っている夫の場合、いきなりプチ別居を決行するのは困難です。妻が夕方にいないだけで大騒ぎするので、説得するのも困難です。

まずは飲み会など夜に家を空けることから始めましょう。

次に一泊、そして次第に長期の旅行と少しずつ慣らしていきます。

ポイント②「医師の命令」で押し切る

「医師」の画像検索結果

夫から文句を言われたり理由を聞かれたら「医師の命令だから」と言いましょう。「今の症状を治すには、旦那さんと離れる時間を持つことが必要と言われました」と説明すれば、ある程度、夫の文句を封じ込めることができます。

医師に事情を話して口添えしてもらえば、より効果的です。

スポンサーリンク

ポイント③夫の身の回りの世話をせずに出ていく

「食事準備」の画像検索結果

留守にする間、夫の身の回りのことが心配かもしれません。最初のうちは食事を用意して出てもかまいませんが、慣れたら「後はよろしくお願いします」と、ほったらかしにして出るのがベストです。

これは、夫が自分で身の回りのことをする機会を与え、妻への依存を減らすきっかけになるので、夫のためになる行為にもなります。

ポイント④外出中は電話やメールで連絡を取らない

「連絡不通」の画像検索結果

プチ別居の目的は、妻が夫から離れる機会をつくることなので、留守の間は、電話やメールで連絡を取らないことです。プチ別居中は夫のいない時間を満喫し、帰ったら夫をねぎらってあげましょう。

笑顔で「留守番ありがとう」の一言も忘れずに。離れていた間どうしていたか、お互い報告し合うのもいいでしょう。

ポイント⑤「最終手段(離婚)」をちらつかせる

「離婚」の画像検索結果

プチ別居を成功させるには、夫がいくら嫌がっても強硬に押し通すことが大切です。夫がしつこく抵抗し、無理難題を言い続けるようであれば、最終手段(本格的な別居や離婚)をちらつかせるしかありません。

ただし、これが本当に夫婦関係を壊しかねない、諸刃の剣です。それなりの覚悟をもって挑みましょう。

プチ別居で夫源病の症状が改善される

「夫源病 改善」の画像検索結果

さて、プチ別居を決行すると、夫婦それぞれの心境やその後の夫婦関係にどのような変化が生じるのでしょうか。

ここでは夫源病に悩む方が、夫を残して小旅行を決行したときの声をご紹介します。

気持にゆとりができ、夫を許せることが増えた(50代)

里帰り中は、頭痛薬も安定剤も必要なかった(50代)

小旅行とともに、離婚を切り出した。私が本気だと気づくと、夫は「わかった。おれが変わる」と言って、子供たちも驚くくらい変わった(40代)

夫が「ありがとう」と言えるようになった(50代)

子供の面倒もお願いしたので、そのことで会話が増えたし、主婦の大変さをわかってもらえた(40代)

このように「夫のことが許せるようになった」「夫婦の会話が復活した」など、夫源病が改善したという方が多数いらっしゃるのです。

プチ別居で夫から距離を置くと、お互いに冷静になれて、夫の気持ちにも変化が生じます。妻のありがたさがわかって、態度が変わっていきます。

プチ別居の目的は、夫源病離婚を回避することもそうですが、その先には「夫婦関係の再構築」にあります。いわば、相手とうまく距離を取るための練習です。

練習ですから、一度だけではなく時間を置いて何度も繰り返して、夫を「妻の不在」に慣れさせながら、お互いに心地よい距離感の夫婦関係を再構築していってください。

関連記事>>夫源病とは?離婚を考える前にこの3つの対策を!症状は劇的に改善します! 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です