愛される妻でいるための8つの条件とは?「感謝・信頼・女性らしさ」は必須です。

このブログを読んでくださった女性のなかには、深刻な夫婦の危機に直面している方が多くいらっしゃいます。

日本は今や3組に1組が離婚するほどの離婚大国。結婚生活を続けることは実はとても難しいことなのです。

今回は、そんな夫婦の危機を回避し、「愛される妻でいるための8つの条件」をご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

愛される妻の条件

 

感謝すること

愛される妻の条件として、「感謝すること」は何よりも大切なことです。このブログを通じて相談を受けていると、「妻から感謝されない」という男性に対して、妻から「いや、感謝している!」と反論がでることがあります。

これは妻が旦那に対して、感謝の言葉を上手に伝えていないことによるものです。

感謝の気持ちは、相手に伝わらなければ意味がありません。「ありがとう」の言葉は、旦那にきちんと伝わるように、わかりやすく表現するようにしましょう。

また、自分が求めていたことに対しては感謝するものの、そのこと以外は「当たり前」化して感謝しない妻も多いです。愛される妻になるためにも、旦那が当たり前のようにやってくれていることにも、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

関連記事>>ありがとうは魔法の言葉っていうけど、そんなの最低限のことじゃないの? 

思考や言動がポジティブ

愛される妻になるために「思考や言動がポジティブなこと」も重要な条件です。

毎日、ため息からはじまり「ああ、今日も家事しんどいなぁ」「あ~料理するの面倒だな」「やることがいっぱいすぎる。大変すぎる」と、ネガティブな溜息や口癖を何気なく発していませんか。

そのちょっとした言葉遣いや考え方が、旦那にマイナスの印象を与えてしまいます。

関連記事>>夫婦喧嘩になる禁句言葉まとめ。まさかこんな言葉を口にしてませんよね!? 

自分の意見がある

人は自分の意見を持つ人に面白みを感じます。それなのに「あなたに任せるよ」「なんでもいいよ」と、人任せにばかりしていると、旦那に飽きられてしまいます。

ときには旦那の意見を尊重した上で自分の意見を主張することも、愛される妻になるためには大切なことです。

自分の考えを押し付けない

さきほどの愛される妻の条件と矛盾しているようですが、誰でにもこだわりや成功体験はあるものです。

「こうした方がうまくいく」と、これまでの経験から確信をもって言いたいこともあるでしょう。でもあまりに強いこだわりや「自分が正しい」という主張は、男性をうんざりさせてしまいます。

とくに共働き夫婦で、旦那よりも稼ぎが多くなった妻は要注意です。

スポンサーリンク

情緒が安定している

愛される妻になるために、できるだけ「ヒステリックな言動」は控えましょう。

いつもニコニコしていると思ったら、ある日いきなり怒り出す女性がいます。とくに普段から自分を犠牲にして不平不満を溜めている人は、何かのきっかけで糸が切れたように怒りや不満を爆発させることがあります。

旦那が嫌う妻のトップリストに入るのは「ヒステリック」。

怒りの勢いで、日頃言えないことを口にしてしまうと、「何を考えているのかわからない」と、男性を不快にさせ、難しい人の枠組みに入ってしまいます。

関連記事>>妻に無視される!妻の不機嫌アピールにはこう対処しろ!わざと地雷を踏むのも得策です! 

束縛しない

愛される妻は、男性を束縛しません。

「今日は何時に帰ってくるの?」「誰と一緒に飲んできたの?」と行動をチェックしたり、束縛したりすると、男性は信頼されていないと思うもの。

自分を信頼しない人に、愛情はわきません。

とくに旦那の携帯電話やメールをチェックするのはもってのほか、関係を終わらせたいとき以外は控えるべきです。「親しき仲にも礼儀あり」ですよ。

関連記事>>旦那に愛されたい方へ。その気持ちは「自己中」な愛情になっていませんか? 

女性らしい

愛される妻はいつまでの女性でいることを忘れません。

しかし残念なことに夫婦関係が長くなると、「妻を女性として見れない。家族になってしまう」という旦那がたくさん存在します。

そこで大事なのは、ぶりっことは少し違う「女性らしさ」を出すことです。愛される妻でいるために、旦那の前では甘えて見せたり、頼りにしたりと、女性らしく、かわいく振る舞いましょう。

関連記事>>嫁がかわいい理由5選!妻のことが大好きでしょうがない旦那の声をご紹介します! 

信頼する

愛される妻でいるために、何があっても旦那を信頼することも大切なことです。

旦那を信頼できなくなると、言動を素直に受け取れなくなったり、コントロールしたくなったりします。行動を縛り、人間関係まで制限することで、どんどん窮屈にさせてしまうのです。

それでは男性の世界が狭くなってしまいます。旦那を信頼し自由を与えることが、愛されるためには必要なことなのです。

愛される妻でいるためには「言動」が何よりも大切

愛される妻でいるための条件をご紹介しましたがいかがでしたか。

夫婦関係をこじらせてしまう一つの原因に、妻の言動というものがあります。

とくに重要なのは、「感謝すること」「信頼すること」「女性としていつまでも見てもらえるように、かわいらしさを持つこと」です。

これらを覚えておいて、できるところから改善してみてくださいね。そうすることで、妻に対する旦那の言動にも変化が現れ、きっと夫婦関係がよくなるはずです。

関連記事>>愛されたい!旦那に愛される女性に学ぶ5つのこと。「どうせ私なんか」そんな陰気なこと考えてませんか? 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です