旦那が喜ぶこと10選!日頃の感謝の気持ちを大好きな旦那に伝えてみよう!

結婚して何年も経過すると、「旦那が喜ぶこと」をするという努力も減ってきて、言わなくても分かってくれる・・・と思って愛情表現や感謝の気持ちを伝えることを怠ってしまったりしていませんか。

旦那さんのことが大好きなでも、恥ずかしがり屋さんの人なら、「愛情表現なんて恥ずかしくてできないっ!」なんて人もいらっしゃるかもしれません。

日本人って特に「愛しているよ」とかハグとかキスとかそういった愛情表現を苦手とする文化で育っていますよね。言わなくても察してという文化です。ただ、夫婦間においては、言わなくても伝わるだろう、では上手くいかないことが多いもの。何年経っても仲良しの夫婦はこういった努力や積み重ねを大事にしているのです。

友人夫婦などにヒアリングを行い、夫婦円満の秘訣、特に旦那が喜ぶことを実践している奥さんの実話をまとめてみました。こういった少しの努力が夫婦円満の秘訣と言えるのでしょうね。

まずは自分から少し旦那が喜ぶこと始めてみませんか?それでは10の方法を紹介したいと思います!

夫婦関係がイマイチな人に限らず、もちろん旦那が大好きな人にもおすすめですよ!

スポンサーリンク

1.旦那の好物を食卓に並べる

まず、第一に旦那が喜ぶこととして簡単に思いつくのが、「旦那の好物を作ること」です。非常に簡単にできて、旦那さんも大喜びです。できれば、2品以上好きなものを並べて、明らかに好物を揃えていますよ!とアピールするのが効果的です!

事前に明日の夕食はあなたの好きな〇〇を作るからね!と一言伝えておくと、喜びが倍増しておすすめです。

2.「いつもお疲れ様」と心を込めて感謝の気持ちを伝える

続いて、旦那が喜ぶことは、会話の流れで「いつもお疲れさま」「あなたが働いてくれるお陰でこんな快適な生活ができているのよ」など旦那さんを持ち上げる、旦那さんを立てる一言も重要になってきます。

男性という生き物は、家族を養う・家族を守るという強い気持ちを持っている生き物です。毎日お仕事など頑張っている旦那さんに心から感謝の気持ちを伝えると、旦那さんもとても喜ぶでしょう。

3.残業続きや風邪などの時、体調を気遣う

旦那が喜ぶこととして、次に挙げられるのが、「体調を気遣うこと」です。仕事が残業続きで疲れている時、風邪気味の時などがチャンスです。名女優になったつもりで、心から体調を大げさなくらい心配してあげてください。

「残業続きで疲れていない?大丈夫?」「明日のお休みはゆっくり寝てね」「風邪気味だから暖かいスープにしようか」などなど大げさなくらい体調を気遣ってあげましょう。クールな旦那さまでも体調を気遣われて嫌な思いをする人はいないでしょう。

4.イベント事は欠かさない

続いて、旦那が喜ぶことは、「イベント事を大事にする」ということです。

誕生日、クリスマス、バレンタイン、父の日、昇給昇格のお祝いなど何かにつけて1年中イベントが目白押しです。イベントをいつまでも大事にしている夫婦は仲がよい傾向にあるようです。1年間で毎月のようにイベントがいろいろありますが、夫婦仲のよい友人夫婦も大体イベント事は欠かさず家族でやっているという夫婦が多いです。

前もって準備や手配をするのが大変ですが、夫婦がマンネリしないためにもこういったイベントを大事にするのはとても重要です。

5.「行ってらっしゃい」「おかえりなさい」のお出迎え

皆さんは旦那さんの出勤と帰宅時にお出迎えをしていますか?旦那が喜ぶこと、続いては、毎日のお出迎えです。

ちょっと昭和のイメージですし、共働き夫婦などそんな時間を持てない夫婦もいらっしゃるかもしれませんが、できる時だけでもいいので、お出迎えをしてあげましょう。

「あなた今日も大好きだよ。今日も頑張ってね!」って感じで言われれば、旦那さんのやる気もみなぎるというものです。

スポンサーリンク

6.ちょっとセクシーなランジェリーを買ってみる

続いて、旦那が喜ぶこと6番目は、「ちょっとセクシーランジェリーを買ってみる」というのが挙げられます。

奥さんもマンネリ化予防のために、いつもと違う下着で勝負してみるのもいいかもしれません。女子力アップにもつながりますね。

大好きな旦那はきっと大喜びです!

7.映画デートなど二人での外出に誘う

旦那が喜ぶこと、その7は、デートに誘うです。夫婦二人でお出かけをしていますか。

長年夫婦をしていると、1人行動が増えたり、効率を重視したりと一緒にデートをする回数もぐっと減ってくるのが実際の現状です。たまには、観たい映画などのチケットを手配して、「一緒に観に行こう」とデートに誘ってみると旦那さんも喜ぶと思いますよ。

何歳になっても一緒に同じものを楽しめる夫婦でいたいものですね。

8.ピクニックや登山、海水浴、スキーやスノーボードなどに誘う

旦那が喜ぶこと、続いては、大自然を満喫するお出かけをすることです。

春はピクニックや花見、夏は海水浴、秋は登山や紅葉、冬はスキーやスノーボードなど四季を感じながら大自然の中でお出かけするのはとてもよいストレス解消になりますし、新鮮な気持ちになれるでしょう。カレンダーで日程を調整しながら、「この日、久しぶりにスキーに行かない?」などと誘ってみてはいかがでしょうか。

マンネリにならないために四季や大自然を感じる外出をするのはとってもお勧めです!

9.電話やメール・LINEで「早く帰ってきてね」などメッセージを送る

長年夫婦をやっていると、電話やメールは業務連絡でいっぱいになっていませんか。業務連絡以外でメールや電話をすることがない、という夫婦だっていらっしゃると思います。

旦那が喜ぶこと、続いては、電話やメールで「早く帰ってきてね」「待ってるよ」などあなたを必要としているというメッセージを送ることです。友人夫婦の話ですが、旦那さんは仕事が忙しく中々家でゆっくり話ができないという夫婦がいて、お昼の時間に電話やLINEをするのが恒例で、メールも1日何回もやりとりしているという仲良し夫婦がいます

。そこまではできないとしても、1日に1回ぐらいは業務連絡以外の連絡をしてみるのもよいでしょう!

10.ちょっとしたプレゼントを贈ってみる

最後に旦那が喜ぶことで思いつくのが、ちょっとしたプレゼントを贈ってみることです。「買い物していたら、あなたに似合いそうな靴下があったから買ってきちゃった」、とか「この本好きそうだから買ったよ」とか1000円ほどのものでいいのです。

ちょっと出かけたついでにもあなたのことを考えていたよ、という思いが嬉しいものなのです。なんでもない日に、ちょこっとプレゼント、結構嬉しいので是非お試しください。

旦那が喜ぶこと10選、いかがでしたでしょうか。

何歳になっても仲良しの夫婦でいるためには、お互いの思いやりとちょっとした努力が不可欠です。自分がやってもらっていないのに、相手にするのには最初は抵抗があるかもしれませんが、自分から旦那が喜ぶこと始めてみることで、相手も少しずつ変わることもあるでしょう。

相手に求めるだけでなく、自分から与えれる人になってみると今までの関係が激変するかもしれません。

旦那が喜ぶこと、他にもあるかと思いますが、皆さんも自分なりに工夫されてみて、今まで以上に夫婦関係が良好になることを願っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です