義母が嫌い!うざい!その理由と対処法10選!あんなとこも!こんなとこもむかついてしょうがないのだ!

あんなところも嫌い!こんなところもうざい!今回は義母が嫌いな理由とその対処法をご紹介!

いつの時代でも、嫁と義母の中は難しいものです。

旦那の親戚との付き合いも「面倒くさい」というのが本音の方もきっと多いはず。

今回は、義母が嫌い!うざい!という方向けに、その理由と対処法をご紹介していきます。

義母との関係に悩んでいる方は一つの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

義母が嫌い・うざい理由とその対処法10選!

それでは、早速ですが、義母が嫌いな理由とその対処法10選をご紹介していきましょう。

どれもこれも、「義母を嫌いになる」理由ばかり!

あなたは義母のどんなところが嫌いですか?

連絡なしにやってくる

義母は連絡なしに、いきなり家にやってきます。上手な断り方はありますか?(パート/32歳)

これは義母嫌いあるあるの代表ですね。連絡もなく突然やってくる義母。いろいろと用事があるのに突然の訪問、嫁にとってはたまったものではありません。

いきなりやってきてはズカズカと家に入り込んで、中身のない世間話を永遠と繰り返す。

それも週に2回も!

はい。無理。こんな義母はうざくて当然です( ゚Д゚)

対処法

こんなときは、玄関で「今日は仕事があって、もう出かけないといけないんです」「今、子供の用事で出かけるところで、どうしましょう?」などと、仕事や子どもを理由にしてやんわりと断りましょう。

そのうえで「次はこんな失礼がないように、いらっしゃる前にお電話いただけますか?」と、事前の連絡をお願いすればちょっとは効果があるかも?しれません。

義母の性格が嫌味っぽい

義母は嫌味っぽい性格。そんな性格が嫌いでしょうがないです。嫌味を言われたときのかしこい対処法を教えてください(専業主婦/35歳)

次の義母が嫌いな理由は、性格的なもの。

義母の性格で嫁が嫌うものはいろいろとありますが、「嫌味っぽい」というのは一番よく耳にします。

ハッキリ言ってくるのもむかつきますが、旦那を通じて、ぐちぐちと嫌味を言ってきたり。そのやり方に腹が立つこともしばしば。

対処法

人生の中で人の性格は作られるもの。嫌味っぽい性格になってしまったということは、義母はあまり幸福な人生ではないのかもしれません。

嫌味を言うのが好きな人はとめどなく嫌味が溢れて出てきますから、そんな人と付き合うのは本当に大変です。

嫌味っぽい人だと思うといつも嫌な気持ちで関わることになるので、そんな義母とは「この人は辛口な人だな」ぐらいの気持ちで接しましょう。

大嫌いな義母も、「辛い人生を歩んできたからこんな歪んだ性格になったんだ!」と思えば、そのむかつく気持ちも少しはマシになるかもしれません。

頻繁に連絡してくる

義母からの電話やメールが頻繁にあります。しかも長電話になるので相手にするのがつらいです(パート/32歳)

これはもしかしたら義母に気にいられている方によくあるケースかもしれません。

ただ自分の予定もいろいろと忙しいのに、頻繁に連絡されても、メール一つ返信するにもいろいろと気を遣いますよね。

対処法

たとえ電話の内容に小言が混ざっていても、義母は「嫁と話したい」と思っているので、ぞんざいには断ることができません。

この場合は断るのではなく、「無理をしないでできる範囲で相手をする」のがポイント。

うまく話して義母のやり方を変えてもらいましょう。たとえば、「主人と話し合って、平日の2~5時は私が子供の勉強を見る時間にしました。ですから申し訳ないですが、お電話は午前中にお願いできますか?」

こんな感じでお願いしてみるのも一つの手です。

文句ばかり言われる

同居している義母に何かにつけて文句を言われるので、ノイローゼになりそうです!何とかしてください!(専業主婦/29歳)

これは義母と同居している場合によくあるケースです。

家事のやり方や子どもの教育方針などで、いちいち「あーだこーだ」と文句を言われる。

同居するだけでも我慢しているのに、それに加えて文句ばかり言われるなんて。

「あー!なんてうざい義母なんだ!」

対処法

ノイローゼになりそう、というのは義母の言葉を深刻に受け止めすぎなのかもしれません。文句には教えが含まれていることも多いので、「そうですか」とさらりと受けて、自分が直せるところは直しましょう。

例えば、「クーラーをかけすぎよ」と言われたら、「カーディガンを脱いで、見苦しい腕を出してもいいですか?」などと明るく返し、クーラーは少し控えるといいですね。

働くことをとやかく言われる

義母に「家がちゃんと守れないから仕事をやめなさい」と言われます。経済的にも続けないといけないのに、義母は何もわかっていない!(契約社員/35歳)

単に「嫁なんだから家庭にいなさい」というのは時代に合わない話。また、夫婦の休日がすれ違っていて、旦那に子供を預けていると「孫がかわいそうだから家にいてあげなさい」と言われたり。

夫婦のやり方にいちいち口をだす義母は多いものです。

対処法

こんなときは「住宅ローンをできるだけ早く返したいんで」「子供の教育費がかかるので」と、納得しやすい目的でやんわりと働くことを肯定しましょう。

間違っても、「あなたの息子の稼ぎは少ないから」というニュアンスで言ってはいけませんよ。

勝手に部屋に入る

同居している義母が勝手に夫婦や子どもの部屋に入るのが我慢できません!(派遣社員/36歳)

これも義母と同居しているときにあるケースですね。

同居しているとは言え、夫婦の部屋や子どもの部屋にずかずかと入り込むなんて、「ちょっとはプライバシーってものを考えてほしい!」

嫁からすればこれが本音というもの。

こんな義母は嫌われても当然かもしれません。

対処法

無神経なところがあるとは言え、嫌だと思われていることを知れば、義母もショックでしょうから、旦那からソフトに伝えてもらうのがいいかもしれません。

妻や母として「ここは寝室なので、お休みの日に掃除しまうから、気にしないでください」「子供は今難しい時期なので、入るときはノックしてやってください」などと言ってもOKです。

わが子をほかの親戚の子と比較する

義母は、わが子をほかの親戚の子と比べるので不愉快です!(専業主婦/40歳)

対処法

義母は悪気がなくても「あっちの孫より言葉が遅いわね」など言ってしまうのかもしれません。

ここは「そうなんです。まだ育ちざかりですから長い目で見てください」などとさらっと聞き流しましょう。比較されて不愉快に思うのは、自分自身も「わが子が劣っている」と気にしているからかもしれませんよ。

スポンサーリンク

子供の育て方に口出ししてくる

義母が子供の育て方に口出しします。どう対応したらいいのでしょうか?(パート/34歳)

子供の育て方に口をだしてくる義母もなかなかうざいものです。

時代背景も違うのに、義母のやり方を押し付けられても、納得できるわけもありません。

対処法

教育方針についての意見が食い違うなら「私たちはこう育てたいんです」とはっきりと伝えましょう。

ただし、このときに気をつけることは「私は」とは言わないこと。

あくまでも独断ではなく、「夫婦で決めて実行している教育方針」であることを伝えてください。

嫁の両親や親戚のことを悪く言う

義母が私の両親・親戚のことを悪く言います。気分が悪いのでやめてほしいのですが(専業主婦/39歳)

これも義母が嫌いあるあるですよね。

自分の肉親を悪く言われて腹が立たない人はいません!

対処法

戸籍上もお互いの家を認め合って結婚したのですから、「私の前では言わないでください」と言ってもいいんです。

「実はそうじゃないんですけど、どこから聞かれましたか?」などと質問でやんわりと否定するのもOKです。

でもそんな勇気も出にくいですし、言っても義母は変わらないかもしれません。家柄や育ちについて悪口を言うのはその人の性格ですから、一番いいのはある程度「あきらめる」こと。

家柄など、努力しても変われないことを言われても気にする必要はありません。

お金にルーズ

義母に「ちょっとお金を貸して」と言われました。断るべきでしょうか?(一般事務/31歳)

お金にルーズな人は義母に限らず、誰でも嫌いになります、

理由はいろいろとあるのかもしれませんが、嫁にお金の無心をするなんて尊敬できたものではありませんよね。

対処法

お小遣いの無心などは断るべきです。「お力になれなくてすいません。うちも厳しくて」などと言っても構いません。

もし義母との関係で断れないなら、自分の裁量で渡せる金額の範囲内で渡してください。

ただし、とのときは「貸す」ではなく「差し上げる」つもりでいましょう。

最初から無理な金額を言われたときは「旦那に相談します」が一番です。

義母が嫌い・うざい理由まとめ

義母が嫌い・うざい理由をご紹介してきましたがいかがでしたか。もう一度まとめておきましょう。

義母が嫌いな理由10選!

    1. 連絡なしにやってくる
    2. 性格が嫌味っぽい
    3. 頻繁に連絡してくる
    4. 文句ばかり言われる
    5. 働くことをとやかく言われる
    6. 勝手に部屋に入る
    7. わが子をほかの親戚の子と比較する
    8. 子供の育て方に口出しする
    9. 嫁の親や親戚のことを悪く言う
    10. お金にルーズ

嫌いな義母とはこうやって付き合おう!

最後に、義母のタイプを大きく3つに分けてその付き合い方をお話しますが、いずれのタイプでも義母との付き合い方について、旦那とお互いの考えを確認しておくことが大事です。

それをしておかないと、嫁は「お義母さんがあれこれ口出しするのはやめてほしい」と思っているのに、旦那は「お袋は世話好きだから妻も助かるだろう」と思っていたというすれ違いも起こる可能性もありますし、ふたりの対応が違うと必ず義母とトラブルが起こってしまいます。

過干渉タイプの場合

義母が過干渉タイプの場合、逆らってもトラブルになるだけ。

義母の意見の押し付けには、許せる範囲なら「わかりました」と受け止め、その通りにするかどうかはその後に判断しましょう。

しかし、どうしても譲れないところは自分の意見を貫いても構いません。

そのときは「でも」などと否定の言葉を使ったり、不満な顔をしたりせずに、いったん「わかりました」と義母の言葉を受け止めてから、「こういう方法もありますが、いかがですか」と提案するようにしましょう。

過保護タイプの場合

このタイプの義母だと、旦那の方も妻をないがしろにして「母さん、これはどうしたらいいのかな」と義母に頻繁に電話をしたり、夫婦の内情を話したりするので、嫁としてはもっとも苦労します。

義母の目の中には息子しかいないので、直接訴えても感情を逆なでするだけ。

まずは旦那に「ある程度はやむを得ないけど、毎日の栄養管理まで口出しするのはやめてほしい」などと自分の考えを話し、夫婦間で対応をはっきりさせます。

そして旦那が、義母に依存していないか頻繁にチェックを入れ、依存していたら旦那に注意して、旦那の姿勢を改めさせましょう。

年齢を重ねると嫁と義母の力関係は必ず逆転します。そのときまで、旦那を教育しながら自分の立場をじっくりと確立していきましょう。

疎遠タイプの場合

まず、疎遠になっている理由を旦那に確認しておく必要がありますし、その原因となる問題がこちら側になるのなら、いずれは解決できるように努力していくことが大切です。

日々の付き合いは疎遠になっていても、冠婚葬祭だけは旦那と相談して義父母に連絡をとる、通知をするなどして、嫁としての義務と責任だけは果たすようにしておきましょう。

この義務を怠ると、後から思わぬ批判を受けることがあるので要注意です。

義実家(義母含む)が嫌いな方へ伝えたいこと

f:id:nburin0529:20170120000535j:plain

義実家が嫌い!行きたくない!という女性は世の中にたくさんいます。

うちの妻もそんな「義実家が嫌い」の一人です。結婚当初はこのことでいろいろと揉めたものですが、今は「変えられないものは諦めよう」の考えでうちの実家とは距離を置いた関係を保っています。

ここでは、僕たち夫婦が実際に実践している「義実家との付き合い方」について少しお話しをしたいと思います。

続きはこちらへ>>義実家が嫌いな人へ!変えられないものを諦めよう。諦めの境地が大切です。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です