財布の中にお守りや開運グッズをたくさん入れておいても問題ないの?

財布の中にお守りや開運・縁起物グッズ、「大吉」のおみくじなどを入れている人は多いですよね。それって問題ないのでしょうか?

今回は、財布とお守りや開運グッズについての注意点をお話していこうと思います( ゚Д゚)

スポンサーリンク

財布の中にお守りや開運グッズが山盛りの状態は良くない

先日、うちの妻が友人の財布の買い替えに付き合ったそうなのですが、その友人が「せっかくだから新しい財布に入れ替えてすぐに使うわ」と、それまで使ったいた財布の中身を次々に取り出し始めたのです。

すると、出てくる、出てくる、いくつもの神社でもらったお守りや小さなお札をはじめ、縁起物の小さな招き猫やカエル、蛇、「大吉」と書かれた古いおみくじ、天使を形取ったチャームなどなど山ほどに!

「パンパンにふくらんだ財布の中身は全部これだったのか!」と、妻はその場で無言で納得したそうです。

スポンサーリンク

お守りのご利益は1年限りだと考えよう

何が何でも金運に恵まれたいというその気持ちはよくわかります。財布に主も里や縁起物、開運グッズなどを入れたりつけたりするのも悪いことではありません。

でも、どんなことも「過ぎたるは及ばざるがごとし」。バランスが大切で、過剰なのはよくありません。財布のスペースを浸食してしまうほど多いのは、さすがに入れすぎ。

財布の中にたくさん詰め込んで全部のご利益を得ようとするより、ひとつに願いを込めて、大切に扱った方が願いも届きやすくなるのは言うまでもありません。

また、基本的にお守りや縁起物がご利益を発揮するのは1年限りだと思っておきましょう。この妻の友人の場合は、お守りや縁起物はどれも「いつ入れたのか覚えていない」と本人がいうほど古いものだったので、すでに役目を終えています。

縁起を意識して入れたいなら、毎年取り換えましょう。

「2、3個なんて少なすぎ!私はもっとたくさん入れて金運をつけたい」という人は、家で使う大きめの「金庫財布」のほうにどうぞ。とはいえ、それもずっと入れっぱなしにせず、定期的にチェックして古いものは神社のお焚き上げに出すなどして、処分するようにしましょう。

関連記事>>【財布風水】財布の使い分け方法をあなたに伝授!これで金運アップ間違いなし!

財布にお守りを入れるときはここに注意!

僕なんかもそうでしたが、神社でお守りを購入したら、そのまま財布に保管する人もきっと多いと思います。

お守りのご利益的にはそれでも問題ないようですが、ただ男性の方でお尻のポケットに財布を入れて持ち歩く人は要注意!

「金運を上げたいなら、お札をお尻に敷くな!」とよく言われるのと一緒。お守りのは神が宿っていますのでお守りをお尻で踏みつけるなんてもっての他の行為です。

折りたたみ財布より長財布を購入して、お札と一緒に財布の中にきちんと保管の上、胸ポケットかカバンに入れて持ち歩くことをおすすめします。

また、基本的なことですが、財布は定期的に布でふくなどして、キレイな状態を維持できるように心がけましょう。

関連記事>>財布の買い替え時期おすすめは?こんな「不幸財布」を持っている人は今すぐに買い替えを!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です