【良報】セックス(挿入)の痛みを何とかしたい女性の方はこちらへ。

旦那とのセックスが苦しい。とくに挿入時の痛いが辛い。

それが原因で、旦那とセックスレスになってしまう女性の方もきっと多いと思います。

そんな状態が続くと、旦那とセックスしたくないと思って当然ですよね。

今回はそんな女性のために、セックス=挿入時の痛みをテーマにお話しを進めていきますね。

スポンサーリンク

セックス(挿入)の痛みを何とかしたい女性の方へ

セックス(挿入)の痛みが生じるのは、主に分泌液が減ったり、皮膚粘膜が薄くなって、敏感になることが主な原因といわれていますが、対処法はあるのでしょうか。

セックス(挿入)の痛みについて、Q&A方式で回答していきます。

Q.セックスの痛みは我慢した方がいいの?

A. もちろん痛みが強いときはセックスは控えた方がいいですが、しかし、セックスしない状態が長く続いてしまうと、より痛みが強くなる可能性があります。

女性ホルモンが減少してくると、濡れにくくなったり、あるいは濡れてもすぐに乾いてしまい、挿入時に痛みが出たりします。

また女性ホルモンは肌の張りや潤いを保つ役割もあるので、減少するうと膣の粘膜も薄く弱くなり、せっかく濡れていてもちょっとした刺激に敏感になって痛みを感じやすくなり、それが引き金となって濡れる前の状態に戻ってしまうことも起きます。

だからといってセックスができなくなることはありません。でも痛いのを我慢してセックスを続けていては、行為そのものが辛くなります。

痛みを解消する方法の一つに、ホルモン補充療法があります。のみ薬や貼り薬などで、不足した女性ホルモンを補う治療法です。

まずは産婦人科で相談するようにしましょう。

Q.濡れなくなって挿入が痛いです。どうすればいいの?

A. 的興奮が足りなくて分泌液が出ていない可能性も

分泌液の減少は、それだけで挿入時の痛みになりますが、前戯に十分時間をかけ、性的な興奮が起これば膣口の左右にあるバルトリン腺という部分から分泌液が出るので、全く濡れなくなるということはないのです。

また膣は、性的興奮が加わればそれなりに弾力が増し、柔らかくなります。

つまり、挿入で痛みを感じることで性的興奮が冷めてしまい、それによって分泌液も出なくなり、膣の弾力も得られないために痛みが起こると考えられるのです。

高齢でもコンスタントにセックスがある人の中には、全くセックスの痛みを感じない人もいらっしゃいます。定期的にセックスがある人は、膣の伸びもいいので、きっと痛みも少ないのでしょう。

スポンサーリンク

Q.セックスが痛いことを旦那にどのように伝えたらいいの?

A. 男性も、必ずしも挿入しなければ、と考える人だけではありません。ただ言い方には工夫が必要です。

女性ホルモンが減少すると性欲もだんだんと落ちていき、「旦那ともうセックスなんてしたくない」と感じる人が多くなります。

セックスの行為自体よりも、精神的な結びつきや、スキンシップだけで満足する人もいます。

まずはその気持ちを正直に旦那に打ち明けてみてはいかがですか。それに理解を示してくれる男性もいるはずです。

ただ、中には「妻にセックスを拒否された」とひどく傷つく人もいるので、言い方には十分に気をつけてください。

セックスそのものが嫌なのではなく、セックスの痛みがつらいと言えば、「じゃあどうしようか」と解決法を一緒に考える良いきっかけにもなります。

くれぐれも「痛いからイヤ!」と頭ごなしに言うのはやめておきましょう。

Q. 痛いのに旦那が毎週求めてきて苦痛です

A. ホルモン補充療法やゼリーを使うことで痛みを緩和できます。

コンスタントにセックスがあり、痛みがあるといってもやめてくれない場合には、ホルモン補充療法がおすすめです。セックスをする3日前から当日まで、1日1錠服用することで粘膜が丈夫になり、挿入の痛みは緩和されます。

産婦人科で「性交痛がある」と相談すれば、症状に合ったものを処方してくれます。

ホルモン剤に抵抗がある方は、次で紹介する潤滑ゼリーを使う方法もあります。

Q. 挿入時の痛みが取れる快適な製品はない?

A. 痛みのせいでセックスを楽しめない。そんな方には、使用感や目的別のローションやゼリーを選べる時代に。

挿入時の痛みを緩和してくれる気軽の使えるアイテムとして、ローションやゼリーはおすすめです。

最近は女性専門のアダルトグッズショップやネットでも簡単に購入できます。

「肌に優しいタイプ」「潤いが持続するタイプ」など、用途に合ったジェルやローションで、成分が良質なものも出ています。

セックスを始めるときに、旦那に「マッサージしてあげる」と言って、ローションジェルを塗ってあげて、お互いを潤わせておくというのが一番良い方法です。

一回使い切りタイプ

シルクィッドオーガニックピロー 

肌に直接つけるものだから、安心・安全なものをチョイスしてみて。お試しで使ってみたい人には、一回使い切りタイプもおすすめです。

潤いが持続するタイプ

潤いが持続するウォーターベースにシリコンを少量ブレンドした混合タイプは、水と違って蒸発しないので、滑りが長続きするのが特徴、濡れにくくて痛い、途中で乾くという人におすすめです。

この持続タイプでおすすめなのは、ラブコスメのリューイルホット。

実際に使用してみた人の口コミは多くの人がその効果を認めています。例に一つあげておきますね。

2017.12.05

「いつもよりもよく濡れて、ぬるぬるですごくいいよ!」と言われ、旦那も気持ち良さそうでした。

るるさん(45歳 / 主婦)

40歳を過ぎた頃から若い頃のような潤いが少なくなり、セックス中に痛みを感じるようになりました。そのため旦那とのセックスに積極的になれず、旦那もそんな私の体の反応を気にして行為の頻度が減ってしまいました。

その当時、性交痛等の検索でLCさんやリュイールホット等を知りましたが購入までにはいたらず、セックスをする時は他のジェル等を使ってました。ジェルを使えば痛みなくできるのですが、ベトベトして使用感のよくないものもありました。

最近、夫と一緒にLCさんのHPをよく見て、以前のように二人のラブタイムを積極的に楽しみたい、口コミの皆さまと同じような体験を感じてみたいと二人で思うようになり、「リュイールホット」を思い切って購入してみました。

商品到着後初めてのラブタイムに使ってみました。一通りアソコ以外の愛撫の後、夫がリュイールホットを手に取り、私にぬってくれました。

中もすぐに熱くなり、指で色々いじられた後挿入されました。その時も特に痛みも感じず、つるんと入ってきました。

挿入後もまったく痛みを感じることもなく、旦那にも「いつもよりもよく濡れて、ぬるぬるですごくいいよ!」と言われ、旦那も満足そうでした。

その後、旦那に「これすごいね、よかったよ」「そんなに間隔を空けずにまたしようね」と言われました。リュイールホットのおかげで若い頃のような感覚に戻る事ができました。

セックスの痛みに苦しまれている方は、口コミ評価の高いこのリューイルホットを利用してみてはいかがですか。

案外、簡単にその悩みを解決できるかもしれませんよ。

ラブコスメ公式サイトへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です