「旦那の束縛がひどい!」と悩む方に伝えたい。自分で考えることをやめてはいけない!

まるで独裁者?妻を徹底的に支配しようとする束縛旦那にはこう対処しよう!

髪型、服装、体型まで自分の好みを押し付け、頻繁にメールや電話でどこで何をしているのかを聞いてくる。それだけで自分のことを気にしてくれている。愛されていると思うかもしれませんが、それは行動を監視しないと気が済まないタイプの旦那。

その目的は、妻を支配することです。

そんな束縛がひどい旦那を持つ妻は、自由を奪われ次第に息苦しさを覚えるようになります。

今回は、「旦那の束縛がひどくて辛い!」という方向けに、旦那の束縛に対処する方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

妻を思い通りにしたい旦那

まずは最初に、旦那の束縛に悩む女性の実話を一つご紹介しましょう。

10歳年上の旦那は家庭第一の人で、仕事が終わるとまっすぐ帰宅。家事にも育児にも協力的で、頼りになる旦那です。でも最近、一緒にいると息がつまり、自分が自分でないように感じています。

それというのも、私の身なりから行動まで、全部に細かい指示があるんです。もともと上司と部下の関係だったこともあって、結婚してからもなんとなく逆らえないというか。。。強く言われると従ってしまいます。

髪はロングヘヤー、自宅にいるときもきちんとした服装をしていないととたんに不機嫌になります。また、少しでも体重が増えるとすぐに「気を抜いているからだ」って言われ、慌ててダイエットする、といった調子です。

出勤中も1日に最低でも5回はメールがきて、私がどこで何をしているのかを確認します。ちょっとした外出中にも頻繁に「何してる」とメールしてくるので、面倒くさくて買い物や子供の用事以外、外に出かけなくなりました。

当然、飲み会とか夜のお出かけは禁止なので、学生時代の友達や昔の同僚とはすっかり疎遠になってしまいました。

なぜ旦那は妻を束縛するのか?

いかがですか?妻を束縛する旦那にありがちなケースですよね。この旦那は、自分の好みや価値観を押し付け、自由を奪って妻を思い通りにしようとしています。

なぜ旦那は妻を束縛しようとするのでしょうか。

それは一言でいうなら、束縛がひどい男性は自分に自信がなく、妻を信用していないからです。

一方、妻は旦那に頼り、従ってきたので、自分で考えたり、責任をとるような意思決定をしないことになれてしまっています。自分で考え、選択し、失敗しても自分で責任をとる生き方をしたいと思うならば、小さいことでも自分の意思を伝えることから始める必要があります。

髪型や服装について、旦那にお伺いをいちいち立てる必要はありません。あなたの好きにしていいのです。体型だって健康であればそれでいいのです。

人は年々老いていきますから、同じ髪型や服装がいつまでも似合うとは限りません。旦那が家庭を大切にし、子供たちにとっても良い父親でありたいと努力しているのであれば、問題は二人の関係性だと思います。

いつまでも元上司と部下の上下関係を続けるのは不自然だということに気がつく必要があります。

スポンサーリンク

旦那の束縛にはこうやって対処しよう

旦那の束縛には、まずは、普段の生活の中で、小さいことでいいので自分の考えや意見を言う練習をしてみてください。

自分に自信がない方におすすめ>>自分の強みや長所を知ろう!自分に自信がない人とオススメの無料診断テストをご紹介!夫婦関係がうまくいかない人にもオススメです! 

たとえば、同窓会に行きたいのであれば、参加するかどうかはあなたが状況を見て判断すればいいのですから、「同窓会に行ってもいい?」と旦那に許可を求める必要はありません。

「同窓会で久しぶりに学生時代の友達に会えるのが楽しみ」とあなたの気持ちや学生時代の話をすれば、旦那もあなたが楽しみにしていることが理解できます。

もし、旦那があなたの外出を禁止したり、束縛がひどくなるようでしたら、精神的なDV、つまりモラハラの可能性があります。

無視で無言の抗議をする旦那には

束縛をする旦那は、納得がいかないことは無視し無言の抗議を行うことがあります。無視で相手を混乱させたり不安にさせることによって、支配しようとするわけです。

機嫌を損ねないように旦那の顔色をうかがっていると、エスカレートすることになりかねません。この場合は、普段と変わらない、平常心を保つことが必要です。

旦那の精神的なDV、モラハラに悩む方はこちらから続きを確認してください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です