旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

夫婦の会話がないから寂しいという人にオススメ!この4つを意識したら必然と会話は弾みだします!

f:id:nburin0529:20170328194952j:plain

夫婦の会話がまったくないから寂しいという方は、世の中にはいっぱいいます。

「旦那がまったく話をしない」

「話をしても事務連絡だけ」

「でも今さら旦那と話すこともないしなぁ」

こんな思いで毎日を過ごす奥様方。でもやっぱり夫婦関係を少しでもよくしたいのなら、夫婦の会話というものは必要不可欠です。

 今回はそんな「夫婦の会話がないから寂しい」という方に、夫婦関係を良くする4つのことをご紹介します!

ぜひ参考にしてくださいね。

会話をする時間はいくらでもあるはず

f:id:nburin0529:20170328195013j:plain

夫婦の会話というものは、「さあ、これから話し合いをしましょう」と、30分なら30分の時間を捻出し、改まって議論するような形式のものではありません。

当たり前ですが、いつでもどこでも夫婦二人で一緒にいるときが会話の機会であり、わずか一分でも、それをどう有効に使って会話を積み重ねていくかが重要になります。

時間が取れないからといっても、休日ともなれば、買い物でも散歩でも二人で一緒に過ごせる時間は、ごろごろと転がっているはずです。

ただ相手の対する働きかけが不十分であったり、相手が非協力的であったりするために、うまくいっていないケースは多々あると思います。

夫婦の会話がないと悩んでいるのなら、まずは相手への働きかけから始めてみましょう。

夫婦の会話をはずませる4つのこと

f:id:nburin0529:20170328195032j:plain

見たものを報告するだけの会話はやめよう

夫婦の会話がないという人が知っておきたい一つ目のことはこれです。

報告するだけの会話はしないこと。

一見、仲がよさそうな夫婦でも、その会話内容から夫婦関係があまりうまくいっていないのではないかと思われる夫婦がいっぱいいます。

道を歩いていると、よく楽しそうに話しながら散歩をしている夫婦に出会いますが、そばでその夫婦の会話を聞いてみると「バラが咲いているわね」「この石、危ないな」など、お互いに見たものを報告しあうだけに終始しています。

これって本当に良い夫婦関係だと言えるんでしょうか?

他の場面でも、スポーツや芸能人、お隣の奥さんの話だったりと、ほとんど、主語である「私は」が入っていない感情抜きの会話が本当に多いものです。

これでは、いくら1時間会話しても夫婦関係がよくなるわけがありません。

ましてや、ふだん会話のない夫婦が一生懸命時間を捻出してこのような会話をするのでは、ほとんど意味がないといってもいいでしょう。

「私は」という主語を使い感情を込める

夫婦の会話がないから寂しいという方が知っておきたい2つ目のことはこれです。

「私は」という主語を使い感情を込めて会話をすること

例えば、子供のことにしても、ただ「あったこと」を話すのではなく、「あの子、今日の算数のテストで50点しか取れなかったのよ。ゲームばかりして、私ちょっと心配だわ」と、自分の気持ちや感想などを入れた会話をすることが大切です。

日本語はあまり主語をつけませんが、夫婦の会話においては「私はこう思う」というように主語をつけて会話をすると、そこに感情の交流が生まれます。

どこかの国の政治家のように「それは~だと思われます」「~というようなことじゃないですか」といった言い方は、まったく相手への愛情を感じることができません。

それは自分自身の意見や感想ではないので、そんな会話をしたところで、夫婦の会話がはずむわけもありませんよね。

夫婦の会話に限らず、会話というものは「私は〇〇だと思う」という自分の思いを語ることが何よりも大切なのです。

昔の自分を語ろう

f:id:nburin0529:20170328195137j:plain

三つ目の知っておきたいことはこれです。

昔の自分を語れば会話は弾むということ。

そうは言っては「今さら夫婦で話すこともないしなぁ」とい思われる方も多いはず!

しかし、その気になれば、バラの花一つからでも、自分のエピソードや思い出など、いくらでも話の世界を広げることができるはずなんです。

夫婦の会話を弾ませる一番のオススメはこれです!

自分自身の昔を語ること!

子供の算数が50点だったなら、「あの子、算数のテストが50点でね」で終わるではなく、「そういえば私も算数のテストってできなかったなぁ」と、自分自身を打ち明けてみる。

そうすればきっと旦那さんも「え?そうだったの?」と会話に乗ってくるでしょう。

そうすればすかさずこう返すのです。

「あなたはどうだったの?」

そうすれば自然と旦那さんも自分自身を語りだすでしょう。自分の思い出話をすることは感情がある会話になりやすく、夫婦の会話をはずませるコツなのです。

夫婦の会話には、事務的な会話が多いもの。

仕事ではないんですから、事務連絡はそこそこに、お互いを語り合い、質のいい夫婦の会話をすることを心掛けましょう。

夫婦で一緒に考える

夫婦の会話がない方が知っておきたい最後のことはこれです。

夫婦で一緒に考えれば会話は弾むということ

自分一人で解決できることでも、相手にちょっと相談して同じテーマを共有するようにしましょう。

そうすると、お互いの気持ちや考え方が見えてきて、共感にしろ、反感にしろ、感情の交流が進んでいきます。

その意味で、何でも自分でやってしまう「よくできた妻」ほど、質の高い会話をする機会を奪ってしまっているのかもしれません。

たとえば、ふだん商品のビンの蓋が開かないときなど、どうしていますか?

こんなときは無理して自分で開けようとはせず、素直に旦那さんにお願いするのがベストなんです!

そしてこのときの頼み方で、夫婦の会話を良質なものにすることができるんです。

ただ単に「これ開けて」

このような頼み方をすると、旦那さんも「はい。開いたよ」という事務的な返答をしてくることになるでしょう。

なので、このような事務連絡的な会話にならないように旦那さんに頼むときは、次のような会話で頼んでみましょう。

「これ、とっても固いのよ。私にはちょっと開けられそうにないんだけど」

このように、ここでも「私は」という主語を入れ、少しでも自分自身の感情を表現するようにしましょう。

すると、旦那さんも「どれどれ」と身を乗り出し、「おおっ!こりゃ本当に固いな!」と歯をくいしばりつつ、開いたとたん「ひぇ~何とか開いたけど、俺も体力が落ちたなぁ」と、自分を表現するかもしれません。

このように、やっていることは単純でちょっとしたことですが、それがきっかけで感情交流型の夫婦の会話が少しずつ広がっていくのです。

夫婦の会話は量より質が大切です

f:id:nburin0529:20170328195049j:plain

夫婦の会話がないから寂しいという人向けに、夫婦の会話を弾ませる4つのことをご紹介しましたがいかがでしたか。

最後にもう一度まとめておきますね。

夫婦の会話をはずませるためには、

  • 見たものを報告するだけの会話はやめる
  • 「私は」という主語を使い感情を込める
  • 昔の自分を語る
  • 夫婦で一緒に考える

会話をはずませるをいうのは夫婦関係だけに限らず、生きていく上で身につけておきたいテクニックです。

今回ご紹介したことは、夫婦関係だけではなく、仕事場や友人関係、いろいろなところで使えると思います。

「私って昔は〇〇だったんだよね~。あなたはどうだった?」

このように話かければ、きっと会話は膨らんでいきますよ!

ぜひ使ってみてくださいね!

 

※旦那がなぜ妻に「ありがとう」を言わないのか?その理由をご存知ですか?この記事からも夫婦の会話を良質なものにするコツを学べますよ!

ありがとうは魔法の言葉っていうけど、そんなの最低限のことじゃないの? - 旦那という生き物。 

 

👍旦那が嫌い!むかつく!イライラするという人の多くが利用するオススメの方法!あなたも今すぐに初めてみましょう!

 

こちらから当ブログのTOPに戻れます。

旦那が嫌い。旦那にイライラする。旦那がむかつく。という世の妻のために。 - 旦那という生き物。