旦那という生き物。

旦那が嫌い!イライラする!むかつく!という妻たちに。夫婦喧嘩や育児・子育てのイライラした気持ちが解消されるよう旦那目線で語ります。

「うちの旦那は頼りない~!決断力がない!イライラする!」って方はぜひ読んでくださいね。

f:id:nburin0529:20170510205528j:plain

 なかなか決断できずに問題を先送りにしがちな頼りない旦那、そんな旦那にいらだつ妻。

この構図は夫婦関係においてよくある構図ですよね。自慢じゃないですが、我が家の夫婦関係もこんな感じです(笑)

それにしても、頼りがない、決断力がない旦那さんって、なんでそんなに頼りない性格なんでしょうか?

今回はそんな「決断力がない、頼りない旦那さん」が持つ本質の問題に迫ります!

 「うちの旦那はなんでこんなに頼りないの~!」って方は、ぜひ読んでくださいね。

決断しない、頼りない旦那にイライラする妻

f:id:nburin0529:20170510205549j:plain

夫婦生活をしているのと、決断しなければいけないことがたくさんあります。マイホームを購入するとき、どんな生命保険に入るか、姑との同居はどうするのかなど。

そして、そんな決断しなければいけないことに対し、いつまでも話しを先延ばしにし、決断をできない旦那さんは、世の中にはきっとたくさんいるはず。

そんな決断できない、頼りない旦那さんは、だいたいそのような話になったとき、次のどちらかの対応を見せます。あなたの旦那はどっちのタイプですか?

A 煮え切らない返事をする

妻が解決すべき問題を話題にすると、頼りない旦那は「うーん。どうしようか」と全く答えになっていない、生煮えの野菜炒めのような回答を毎回する旦那。

B 不機嫌になる

または「そんな過ぎた話は持ち出すな」とか「またその話か」と、不機嫌か顔をしてやり過ごそうとする旦那。

 

どっちもどっちの対応ですが、どちらにしろ、その話題を避けようとする、そんな旦那さんの態度や表情が、かえって妻は不機嫌にさせるわけです。

「あのときもそうやってごまかそうとした。このときもそうだった。いつだってあなたは大事な問題を先送りにしようする」

「頼りない!イライラする!」

いやいや。旦那という生き物は何故「決断」というものができないのでしょうか。

例えば同居の話なら

たとえば、多くの妻にとって常にストレスになっているのは、旦那の親との同居の話です。

親が歳を取れば取るほど、老後の生活が心配になるのは、どこの家族も一緒です。親夫婦のどちらかが先に亡くなれば、独居生活になってしまいます。

老いが進めば進むほど、日々の生活が心細く思ったり「倒れたり病気になったらどうしよう」と不安になったりしますよね。

旦那の立場から見れば、もちろんそんな両親のことが心配です。

親がそんな心細さや不安から「同居したい」と言えば、旦那は、親と妻との板挟みになって悩みます。

妻が旦那の両親と同居すると決めている場合、あるいは、夫婦が両親とは一緒に住まないと決めている場合であったらいいですが、そうでないときに問題が起こります。

最近では、妻の実家に同居したり、妻の実家の近くに住まいを構えるという夫婦も増えていますが、旦那さんのタイプによっては、それに難色を示す人も結構いるはずです。

板挟みの旦那

f:id:nburin0529:20170510205611j:plain

妻は、旦那の親とじゃ同居したくない。

姑は、いつから息子たちと同居できるのか、をはっきりさせたい。

旦那は、妻と母親との板挟みにあって、悶々とする。

そんな状態を何年も続けていると妻はこんなふうに思いだすのかもしれません。

「私が絶対に一緒に住むのはイヤだ、と言っても旦那はそれに対して、ウンともスンとも言わない」

「結論を先延ばしにして、具体的に決めようとしない姿勢が頼りないし、イライラする」

「こんな状態で同居の話が出てはうやむやになって、ということを繰り返しながら、徐々に私が、一緒に住むことを承知するように持っていっているようにしか思えない」

こんなふうに、妻が結論を求めても旦那が頼りなくて、決断力がない場合は、それが妻のストレスになっている可能性は大なんです。

旦那に決断力がない理由とは

f:id:nburin0529:20170510205706j:plain

もしあなたが今、旦那に決断力がないことや頼りないことに悩んでいるのなら、こう解釈した方がいいでしょう。

「もともと旦那は決断をすることができない人なのだ」

決断力があるというのは「自分はどうしたいのか」という自分の感情を判断基準に、物事を判断して行動することができることをいいます。

逆にいうと、自分の感情を判断基準にできない人に、決断するという行為は難易度が高いということなのです。

「感情」を基準にできないので「どうしたほうがいいんだろうか。どれが一番、自分たちに最適なんだろうか」といった思考を繰り返すだけで、いつまでたっても決断ができないのです。

自分の感情より「妻の感情」や「母親の感情」を優先して考えてしまうのです。

それは見る人によっては「優しい人」に見えるかもしれません。

しかし何かを決断しないければいけないときは、こんな旦那は、ただの「頼りない旦那」になってしまいます。

結局、そんな旦那の本質は、決めることの責任を自分で取りたくないんですよね。その気持ちが見え隠れするから、そんな旦那に対して妻もイライラするのでしょう。

問題の本質は自分の気持ちを優先できないこと

f:id:nburin0529:20170510205846j:plain

でも本当は「どうしたらいいかわからない」や「どちらかに決められない」ことが重要なのではありません。

問題が起こっていることの本質は、そこにあるわけではないと思うのです。本当に問題なのは旦那がこういった状態になっていること。それは旦那さんが、

「自分の気持ちがわからない」

または

「自分の気持ちを言うことができない」

このような状態になっていることが、大きな問題なんです。

もし旦那が自分の気持ちを感じられて、それを大事にすることができれば、こんなふうに妻に話せるんじゃないでしょうか。

「母親の不安も息子としてわかる。でも君が一緒に住みたくないという気持ちもわかる」

「僕自身も、じゃあ母親と一緒に住みたいかと聞かれれば、即断できない自分もいる」

「一緒に住むとしたら、心の中で君の協力を期待している部分もあるからね」

「みんなが納得がいくような方法をみつけてみるから、少し考えさせてくれないかな」

どうするのかをすぐに決めることはできなくても、こんな風に旦那が自分の気持ちを言ってくれたなら、妻であるあなたもこう思えるはずです。

「旦那は私の気持ちを無視して決めたりはしない。決めるときは私に相談してくれる」

「そして私の納得できる方法を一緒になって考えてくれる」

 

このように、たとえ決断できないとしても、自分が思っている気持ちを妻に正直に話し、コミュニケーションを取ろうとする姿勢が、妻の信頼を勝ち取ることになるのです。

人の気持ちは時間の経過とともに変化する

たとえ妻が100%同居したくない、と思っているとしても、それは「今の気持ち」がそうだという事に過ぎません。

人の心は日々、動いています。

今この瞬間に思いが一転することもあります。

もし旦那がその問題と真摯に向き合って、妻の心を汲みながら自分の気持ちを率直に伝えることができたなら、もしかしたら妻に、5%ぐらい一緒に住んでもいいかなという気持ちが芽生えてきてくるかもしれません。

嫁姑問題や、互いの親族、身内の問題は、大きな問題となる話ですので、ここで具合的なお話はする気はありませんが、これらの問題は、突き詰めていけば、嫁と姑の問題というわけではなく、「夫婦の問題」なんです。

ですから、妻自身も、もろもろの理由から「旦那の親とは同居したくない」と思っているのなら、その自分の気持ちを心から認めた方がいいです。

はっきりと「私は同居しません」と決めてもかまいません。

そこに罪悪感はいりません。

それは「今の私は、こんな気持ち」ということだけなんです。

自分の気持ちを大切にしよう

f:id:nburin0529:20170510205931j:plain

自分のとって大きな問題は、まずは自分に「今の気持ち」として、自分が安心できて納得できる決断をすることです。

後は、日々、あくまでも「自分中心」の視点で、自分の気持ちや感情、欲求を満たすことをやっていけばいいのです。

自分を大事にする方法が上達するにつれて、自分の心も変化していくはずです。

どんな場面においても「自分の視点」で、自分の気持ちや感情や欲求を満たすことを、できることからやっていけば、もし仮に同居することになったとしても、そんな環境の中にあって、「自立」や「自由」を目指すことはできると思うんですけどね。

 ※こちらから☟当ブログのTOPに戻れます。

旦那が嫌い。旦那にイライラする。旦那がむかつく。という世の妻のために。 - 旦那という生き物。